So-net無料ブログ作成
2019-パソコン・AV・カメラ ブログトップ
前の10件 | -

キャッスイ単眼鏡 [2019-パソコン・AV・カメラ]

この日も双眼鏡で観戦。
 → 置賜地区高校新人陸上2019(1) (2)

P9050001.JPG

ガンダムチックなイカす眼 (^^)

P9050002.JPG

これは古いモノだが、
もうひとつ必要になり、
さてさて物色開始であった。

P9050003.JPG

最新のスタビライザー(手ぶれ補正)式等、
散々愉しく迷った研究結果は、
結局檄安モノの単眼鏡とした。
生産終了品=在庫品のみで2300円弱だ。
 → 7-21×21-S 単眼鏡

P9050004.JPG

P9050005.JPG

掌サイズはカバンに潜ませやすく、
持ち運びも楽チンなので旅行にヨシだ。
各地で気になる覗きに最適 d( ̄∇ ̄)

P9050009.JPG

スタジアム観戦で威力を発揮 d(^^)

P9050008.JPG

博物館、美術館鑑賞も多いオレさまには、
より広角で明るいモノも欲しいかも。
 → ギャラリーEYE 4×12

物欲に果て無し (*^o^*)v


nice!(0)  コメント(0) 

ネオクラシック FUJIFILM X100F [2019-パソコン・AV・カメラ]

キケンなスタイル ヾ(^v^)k

51.JPG

では恒例の開封の儀 <(_ _)>

53.JPG

開けてトキメク瞬間やヨシ!

54.JPG

レンジファインダーテイストの、
レンズ一体型4代目野郎。
→ FUJIFILM X100F

55.JPG

APS-Cで約2400万画素、
単焦点23mmのF2は、
35mm換算で35mmの使いやすい画角。
但し、手ぶれ補正はナッシン。

56.JPG

クラシックな外観と、
操作系もヨシ ヾ(^v^)k

57.JPG

フジの色が好きというファンは多く、
フィルムシミュレーションがイイ。

59.JPG

これはモノクロ専用機としたいかな。
こんなの永遠に買えないし。
→ ライカMモノクローム(TYP246)
(これを桁違いといふ(レンズは別!))

60.JPG

さて悪い癖でドレスアップが愉しい。
ボディーケースの赤ストレッチと、
シャッターボタンへ赤ボッチ追加で、
赤アクセントの自己主張 d(^^)

62.JPG

迫力の角形レンズフードは、
旭光学のTakumar 28mm 用を見っけ!

63.JPG

そしてファインダーは、
そもそも搭載に追加で外付けだ。

64.JPG

なんと憧れの Leitz 35mm を!

65.JPG

ぐふふふふふ・・・じゅるる~(^_-)☆

66.JPG

ストラップも洒落て、
ARTSAN & ARTIST で v(--#)

67.JPG

ノーマル △

69.JPG

ドレスアップ ◎
抜群の存在感と所有感 (*^_^*)

70.JPG

以上は悪い指南書で (^_-)☆

P7210002.JPG

以下作例。

DSCF1048.JPG

DSCF1065.JPG

DSCF1066.JPG

カラーも追求が愉しいであろうが。

DSCF1056.JPG

こんな小細工もアリーノ。

DSCF1062.JPG

ぐふふふふふ・・・じゅるる~♪

ホラッチョ ハ、
アラタナ ブキヲ テニイレタ。


フジフイルムFinePix X100 WORLD―ネオクラシック・デジタルカメラ登場 (日本カメラMOOK)

フジフイルムFinePix X100 WORLD―ネオクラシック・デジタルカメラ登場 (日本カメラMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本カメラ社
  • 発売日: 2011/06/30
  • メディア: ムック



FUJIFILM FinePix X100オーナーズガイド

FUJIFILM FinePix X100オーナーズガイド

  • 作者: 吉岡 豊
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2011/09/16
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

抜群の機動性 KeyMission 80 [2019-パソコン・AV・カメラ]

マラソン大会での使用例の投稿で決断。
求めているのはコレだ!ヾ(^v^)k

21.JPG

このモノ感が男心をくすぐる。
  → KeyMission 80(Nikon)

とにかく記録優先だ。
マラソン大会やチャリでの行動記録。
ゆえに雨や汗などの防水仕様は必須、
また誤って落としても耐える、
そして軽ければ軽いほど良いのだ。
超小型軽量で持ち運びに負担にならず、
静止画も動画も手軽に、サッ!
と撮れる機動性は、まさに理想的だ。

22.JPG

製造終了品なので市場在庫も少ないので、
「在庫僅少」を見つけてソッコーポチリ。

23.JPG

箱のデザインもアウトイメージでGood!
ではときめきの開封の儀 ジャジャジャ~ン。

24.JPG

25.JPG

26.JPG

プラ筐体はチープ感が漂うが、
ガジェット好きには堪らん (*^_^*)

28.JPG

専用ホルダーでバッグやベルトに。

29.JPG

カラビナにでも取付けようか。

30.JPG

31.JPG

とにかく小さく軽い。

32.JPG

25mm F2 単焦点でヨシ。

33.JPG

インカメラで自撮りも楽チン。
顔認証するんだ (^^)

34.JPG

大きさ比較は、まずライターで。

35.JPG

名刺サイズより小柄。
ちなみにここでは、どーでもいー周囲の紹介。
米織の愛の名刺入れ。
松井秀喜のサインボール。
東京白金の覚林寺(清正公)のダルマ。
門外不出秘密動画満載のUSBメモリ。

36.JPG

さてそんな使用ゆえに、
落下等で液晶キズは怖いので、
先のスマホケースに付いてきた、
使えない評判の保護シートを利用。
器用に切り取って、さてどうだ?

38.JPG

甘いエッジだが十分実用に耐えよう。

39.JPG

正規フィルム代 約700円の節約なり~。

40.JPG

マラソン大会で走りながらなれば、
落下防止のストラップは必須だ。

41.JPG

スポーティーでトキメクもの希望だが。
誰か紹介して下され <(_ _)>

42.JPG

・・・ということで、
俄然アウトな活動に萌えるは、
脳内薔薇色=頭の中だけ春が来た~♪

44.JPG

コレは出撃頻度が高いであろう (^o^)b


nice!(0)  コメント(0) 

Zenfone5降臨・・・SIM-freeスマホ買換え [2019-パソコン・AV・カメラ]

3年前の今頃から使っているSIMフリーのスマホ。
あの時キミは輝いていた (*^_^*)
→ Zenfone2乱舞・・・SIMフリースマホ買換え(1)

51.JPG

回線契約のFREETELの当初と、
現在とでは料金プランが異なる。
倒産して楽天モバイルに拾われた辺りからかな?
1800円/月から2500円/月へ値上がりしたが、
面倒くさいので放置していた (^0^;)

が、最近端末も動作に問題が出てきたこともあり、
「旧FREETEL」としての契約も、
先行き不安なため、ここで見直すことにした。
ソッコーでMNP番号取得ヨシ!
49948486_1208356829320701_8954643599660679168_n.jpg

おっと、端末を切替える前に大事なことを。

他人の様子から気になっていたことだ。
LINEグループから自動的に退会されるはずなので、
そのまま退会しても構わぬだろうグループ、
特に今後は現実でも会う機会の少ないだろう方々には、
社会人のケジメとして一応挨拶しておきたい。
散々お世話になっていて、黙って去るは無いだろ。
例えネットの世界でも、
マナーやルールは現実の世界と同じなので。
数グループへ「ありがとうございました」と。

3.jpg

何度も替えようかと思いつつ、
使い続けた超オンボロ化ケース (^^)

52.JPG

53.JPG

今度はLINEモバイルだ。
オレのスマホ使いは、LINEでの、
特にグループ連絡が主使用なので。
でも端末はイライラしないように、
頭の良いハイスペックとした。
→ ZenFone5 (ZE620KL)

55.JPG

シリコンカバーが標準添付。
これは無駄にハイスペックだ。

56.JPG

充電コネクタは嬉しい typeC。
台形の逆さ差しでイライラすることもない。

57.JPG

まず充電!
毎日最低2、3つは盛況の充電エリア。

58.JPG

んで充電しつつ、液晶保護フィルム貼り。
小さい毛ゴミにイライラしつつ (--#)

60.JPG

端末同時購入なのでSIMはセット済み。
マイクロSDカードは自分でイレーノ。

61.JPG

程ほど充電状態で早速初期設定。
各アカウントの名前とパスワードは、
秘密手帳に手書き記録しているのでOK!
・・・なはずだが、似たようなパスワードで、
入力間違いを連発し、行ったり来たりと、
Web荒野を軽く彷徨う (@@;)

63.JPG

懸念されたLINEだが何と!
グループ所属しているではないか!
それまでのトーク履歴は消えているが、
PCでは保持しているので問題は無い。
改善されているんだね (^^)

64.JPG

そこで退会挨拶したグループへは、
「新端末でも所属しているようです。
 お騒がせしました。」
と改めてひと言連絡の様子は、
独り相撲?狂言?のような・・・(^0^;)

66.JPG

まずは早い環境切換えやヨシ。
乗り換え楽チン ♪
一昨日の午後にネットで手続きと注文し、
昨日に端末は届き、今日切換え完了。
自宅作業で実質2日と便利な時代だ。

67.JPG

次の保護ケースも手帳式とするが、
留め方式は悪影響懸念のマグネット式を嫌い、
ペッタンコ=吸盤式とした。

68.JPG

端末最新CPUの速さなのか、
最新アンドロイドのおかげなのか、
何れでもあろうがサクサク快適やヨシ!

まずは今まで Zenfone2 ありがとう。
今後はよろしく Zenfone5 と (^^)

69.JPG

ちなみに貸与扱いの旧FREETELのSIMは返却し、
これにてスマホの切換え完了!

71.JPG

どっぷり依存するつもりは無いが、
スマホは必須の時代だもんね。
着かず離れずの関係で ( ̄∇ ̄)♪


nice!(0)  コメント(0) 

オレのライカ(3)Leica C-LUX [2019-パソコン・AV・カメラ]

高画質コンパクト機RX100Ⅲが被災したので、
その後継を物色しはや幾年月・・・( ̄∇ ̄)ウッソ~
今度こそモノホンときめくライカだ v(^o^)
 → 被災・・・RX100Ⅲ
 → オレのライカ(1) (2)
 → Leica C-LUX(公式ホームページ)

51.JPG

息を潜めて心静かに・・・開封の儀。

52.JPG

53.JPG

54.JPG

箱やパッケージ類は厳重に保管しておきませう。
世の中、何があるか判らないので d ( ̄∇ ̄)

55.JPG

ストラップはRXⅢでも好評だった、
レザーのフィンガーストラップを。

57.JPG

58.JPG

栄光の赤バッジに+数万円・・・ (^0^;)
実はコレはパナソニックのOEMで、
TX2がベースなのだが、
デザインと質感は圧倒的かな。

63.JPG

メニュー画面も " ライカ ” と吠える!
所有欲は確実に満たされる (*^_^*)

64.JPG

レンズはライカDCバリオ・エルマーF3.3-6.4
今時開放はF1.8か2.8だが妥協はしないとね。
高倍率 24~360mm相当(35mm判換算)の、
ワーキングディスタンスの広さが魅力だ。

61.JPG

62.JPG

ビューファインダー必須!

70.JPG

もちろんフラッシュも!

71.JPG

ライカらしいと云うか何というか、
アコースティックなメニューに期待。

72.JPG

数種類のモノクロモードが嬉しい。

73.JPG

ラフモノクロームの撮影例。

74.JPG

高機能で使い切れないが、
最近ハマっている多重露出だ。

75.JPG

76.JPG

多重露出(二重)の撮影例。
アイデアとセンスが問われる (^^)

77.JPG

被災したRXⅢの教訓からカバーを考える。
特に軍艦部の操作系等を守りたいのだが。
 → レザー製専用プロテクター

68.JPG

ゴツくなるとポケットに入れにくいは困る。
そこで常時肩掛けならば、そもそも、
α7RⅡOM-D EM-1の大型機にするので。

69.JPG

この好みの角デザインが隠れるは惜しいので、
コンパクト機のカバーは熟考課題とす。

65.JPG

まずは旅のお供でこれからよろしく!
お気に入りのアイテムに囲まれて、
今日も精神衛生視界良好で気分上々 (^_-)☆

60.JPG

・・・が、どこか一抹、
パナソニックのOEM感が、
完全に払拭できず、
「これでライカかぁ?」
とモヤモヤ感があるのも、
実は正直なところだ・・・(-_-)ウーム

やっぱ、Mシステム
いやいや、この辺で抑えろ!
これ以上は完全水没域だ!
つーか貧乏人は行けまセ~ン (*^o^*)





nice!(0)  コメント(0) 

FUJI DL-8 けろけろけろっぴ ♪ [2019-パソコン・AV・カメラ]

以前Webで読んだ記事で、
現代デジタル最高機の Nikon D850 と、
フィルムの「写ルンです」の絵対決があった。
同じ場所、アングルでの撮影比較で、
もちろん画質は雲泥の差があったが、
「写ルンです」の盛大なゴーストやフレアが、
以外にも " 良い感じに味 ” になっていて、
こーゆーチープな絵も悪くないと感じたものだ。

が、使い捨ての「写ルンです」では面白くない、
と思っていたら、こんなものを見つけた。
これはチープな絵が撮れそうだと。
未動作確認のジャンク500円を勝負 (`へ´)

21.JPG

けろけろけろっぴ
50のオヤジが持つものか?がイイ v( ̄∇ ̄)v

22.JPG

23.JPG

いやん♪ かわいい (*^_^*)

24.JPG

操作系は全く見えない。

25.JPG

26.JPG

けろっぴのスライドで、
電源のオン、オフ切り替え。

27.JPG

フラッシュも焚けたのでGood!

28.JPG

29.JPG

30.JPG

スペックも特長もイイ感じだ。
これならチープな絵が撮れるに違いない。

31.JPG

さてホントに動作するのか、写るのか?

33.JPG

以下作例・・・おー写ってる (^^)

21.JPG

思ったよりもキレイだ。

22.JPG

23.JPG

24.JPG

25.JPG

しかしチープ感は随所に ヾ(^v^)k
次の絵は、実は右側が切れている=
=「白部」は巻き取りが怪しいようだ。

26.JPG

中には思いっ切り巻き取り不良があり、
多重露光になっていやがるは、
なかり危ない・・・が、まっイっか (^^)

27.JPG

ちなみに、その事件時のモノクロ。

28.JPG

なんか悪くないはイイのか悪いのか (^0^;)

29.JPG

お気楽撮影に面白いので、
お散歩カメラ決定!
タモリさんとブラリ気分上々 ♪

42.JPG

先の名機と記念撮影。
どーよ?このギャップ ヾ(^v^)k

41.JPG

同じ撮影道具とは思えん。
ちなみに新品同士だったら、
1:45くらいかね?

今日も何か愉しい (^_-)☆


nice!(0)  コメント(0) 

ZEISS IKON SW + Biogon 21 F2.8 [2019-パソコン・AV・カメラ]

オレのクラシックカメラに求める外観。
 1)レンジファインダーカメラ
 2)外付けビューファインダー
 3)角形レンズフード
 4)レザーストラップ

21.JPG

熱狂的なカールツァイス信者だから、
危険水域にどっぷりつかるのみ。

22.JPG

昨秋から張り込んで、
ようやく見っけのゲット。
もちろんシルバー筐体で、
仕様も望むSW(Super Wide:超広角)だ。

23.JPG

栄光の青バッチ ヾ(^v^)k

24.JPG

レンズもツァイスで統一せねば!
超高価な15mmF2.8は問題外。
では18mmF4が欲しかったが、
見つからぬ模様で諦めて21mmだが、
これも探した探した (^0^;)

26.JPG

マウントアダプターでα7でも使えるし。

27.JPG

ちょっと細長ニョロンだが・・・(^_^;)

28.JPG

29.JPG

基本形完成ガッチャーン!

30.JPG

さて探した角形フードは、
大きすぎる大袈裟な箱で箱入り娘?

32.JPG

33.JPG

これも張り込んで拉致した、
外付けビューファインダー。
同じく青バッチにうっとり (*^_^*)

35.JPG

細めでシンプルなレザーストラップを。

36.JPG

求める理想の容姿に惚れ惚れ (^_-)☆

37.JPG

レンジファインダーカメラの、
最終完成形で名機と噂高き逸品が、
山形県の山奥へ隕石の如く落下!
ドッカン祭り ヘ(・.ヘ)(ノ.・)ノ

38.JPG

さて果たして写るのか試写確認だ。
例の事件で冷や汗をかいたが (--#)

31.JPG

業務用400なればこんな画質なのか。

32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

実際の撮影は、
パンフォーカスのノーファインダーで、
露出はアンダー気味にテキトーに。
ま、立ち位置として、
気分転換のフィルムカメラなればヨシだ。

37.JPG

ちなみに、その事件時のモノクロ。

38.JPG

これはこれで全く悪くないが、
一体何だったんだ?(~_~;)

39.JPG

まずは、この危険なスタイルに、
今宵も酔いまくり ~(*^o^*)~♪

39.JPG

物欲が明日の活力源ですよね (^_-)☆


nice!(0)  コメント(0) 

BDドライブ交換 P→HL社 [2019-パソコン・AV・カメラ]


晴天時はアウトな仕事も気持ち好いが、
インドアも意欲的になったりする。

41.JPG

そこでいよいよ、不満であった、
メインPCのBDドライブ交換だ。

43.JPG

書込品質が評判で、
安心の国産メーカーと思いきや、
実はとんでもない欠陥品で、
ネットでもクソミソな低評価であった。
こんな大手メーカーが設計ミス?
我慢して使い続けてきたが、
も~毎度のイライラに耐えられん!

44.JPG

交換自体は非常に楽ちん。
背後のケーブル2本を外し、
抑えガイドをパチンとすれば可能だ。

45.JPG

46.JPG

交換品は選択肢が少ないが、
連日昼夜の研究の結果、
舶来品でも大丈夫のようなので。

47.JPG

精悍な顔に騙された。
地味でもしっかり者がヨシ (*^_^*)

48.JPG

ん、問題ナッシン ヾ(^v^)k

49.JPG

使えば使えるが、
保管していても使わないだろう。
「余った部品でもう一台」は、
PC自作のあるあるだが・・・。
ちなみに交換し続けると、
やがて以前のマシンが組上がる=
テセウスの船 PC編 ~(^^)~

50.JPG

しかし内部で派手に、
ピカピカと光を放つゲーミング仕様は、
黒フタで壁際なれば普段は全く視界に入らない。
「一生懸命にアピールしているのに、
 誰も気付いてくれない・・・(×_×)」
これも " 人生あるある ” かも。
人は身を置く環境も大事だ!なんて。

51.JPG

さて、いよいよ片付けるか。
九十九匠会長から借りたMusicたちを、
PCに取り込むのだ。
(面倒くさく長期放置だったゆえに、
 心配していたブックオフへは、
 同行しませんでしたよ・・・( ̄∇ ̄)ホホホ )

53.JPG

そのためのドライブ交換であったのだ。

54.JPG

取り込み、エンコード速し!
Ryzenパワー炸裂 ヾ(^v^)k
その合間にウインドーショッピング

55.JPG

実はその先は、愛車で使用していた、
死亡したiPodを新規交換したいのだ。
旧世代の第5=2012年頃の製品だが、
まだ売っているので助かる。
ちなみに人気の無い黄色は3000円安かった。

57.JPG

愛車へUSB接続で、
ジュークボックス代わりとしているのだ。
まずはUSB充電ドッグで。
(世の中USB充電ばかりで毎晩賑やか)

58.JPG

実はiTuneもプレイリストが死亡中で、
新規に作り直しだが、
それも膨大な時間を要し、
かなりカッタるいがガンバろう。

59.JPG

しかしCD取り込みエンコード中に、
ついでにカット録音も同時にやるが、
全くストレスの無い進化に感謝。
(PCでCDを再生するだけで、
 驚かれた時代を生きたオレ様には、
 夢のような時代かも (*^o^*) )

60.JPG

やはり晴天時は気持ち好しの、
デジタルライフなりけり~ヾ(^v^)k

42.JPG





nice!(0)  コメント(2) 

フィルム現像でビックリこいた~(~_~;) [2019-パソコン・AV・カメラ]

新たにフィルムカメラ2台ゲットしたので、
試し撮りの現像を頼んだら・・・

「モノクロでしたよ」

・・・何と!カラーフィルムなのに、
モノクロでCD書込みとのこと (゚o゚;!

91.JPG

「フィルムカメラでも、
 カラーをモノクロに出来る、
 モードのカメラってあるんです」
「・・・・・・?????(@@;)」

怪しいコメントに納得がゆかず、
後日他所の量販店で調べてもらう。

92.JPG

しっかりとカラーでした。

20.jpg

ビックリこいた~(~_~;)
カメラやフィルムの写り以前の問題だ。

漂流しがちな田舎のひとコマ。
先が思いやれる・・・(゚´Д`゚);;;


nice!(0)  コメント(0) 

モノクロ写真のお勉強 [2019-パソコン・AV・カメラ]

yumeoさん先生の影響だ (^^)

13.JPG

東京でのモノクロ写真は好かった!
そこで本格的に書籍でお勉強だが、
総論、技術論アレコレが刺激になる。

P1120001.JPG

でも・・・、
モノクロ写真はライカでないとダメみたい。
( ※ 諸説あります)
→ いつかは欲しい憧れのLEICA でも一体何が凄いの ...

P1040011.JPG

まずは良い写真をたくさん観るべし。
んで頭でっかちにならず、
愉し、んモォ~♪

14.JPG


美しいモノクロフォトの作り方 (玄光社MOOK)

美しいモノクロフォトの作り方 (玄光社MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2014/04/30
  • メディア: ムック



デジタルモノクロ撮影完全マスター (Gakken Camera Mook)

デジタルモノクロ撮影完全マスター (Gakken Camera Mook)

  • 作者: 谷口泉
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2014/10/02
  • メディア: ムック



モノクロ写真塾―モノトーンの表現力と黒白写真の魅力を再発見する (日本カメラMOOK)

モノクロ写真塾―モノトーンの表現力と黒白写真の魅力を再発見する (日本カメラMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本カメラ社
  • 発売日: 1994/11
  • メディア: 単行本



ライカとモノクロの日々 エイ文庫

ライカとモノクロの日々 エイ文庫

  • 作者: 内田 ユキオ
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 2019-パソコン・AV・カメラ ブログトップ