So-net無料ブログ作成
サイクリング ブログトップ
前の10件 | -

これでは世界と戦えぬ!(4)ヘルメット更新 [サイクリング]

その10年以上前の古めかしい、
ジャージシューズ以上に、
その年月による耐久性の低下で、
ヘルメットは危険と思っていた。
即、命に関わるので (@@;)

31.jpg

当時のハイエンドだったような。
  → BELL
で、ふにゃふにゃ (゚´Д`゚);;;

33.JPG

そこで更新すべく物色。
  → SMITH OVERTAKE

35.JPG

アメリカからやって来た、
今っぽい?デザインは萌えるかも。

36.JPG

独特なハニカムパターン d(^^)

37.JPG

38.JPG

SF映画の戦闘員のようでGood!

39.JPG

40.JPG

こんな「ときめくモノ」で、
ガンバリまっちゅ ♪

s1.JPG

最後に引継ぎの記念撮影。

41.JPG

42.JPG

43.JPG

今までこんなポン助な頭を、
守ってくれてありがとう (^^)/
ゆっくりおやすみしてくれ <(_ _)>

44.JPG

実はこの前にOGKも物色していたが、
「ときめき」が薄いので控えていた。
  → OGK KABUTO

46.JPG

ところが最近ヤフオクで、
ニアピンのモノが出たので、
半分本気半分冗談で煽っていたら、
最後に急にダチョウ倶楽部の如く、
「どうぞ」と残ってしまった (^0^;)
(HPでは廃番なのでレディースモデルを)
  → STEAIR LADIES

47.JPG

48.JPG

ま、予備としてコレはコレでヨシだ。

49.JPG

いよいよガチで外へ出られる v(^^)


nice!(0)  コメント(0) 

リニューアル☆クリスピ [サイクリング]


折り畳み20インチ小径車クリスピ。
スポーツ自転車を始めよう、
と買った、最初の1台目だ。
確か2006年だったっけ?

20.JPG

クルマに積んでアチコチ遠征した、
まさに戦友なのだが、
ここ数年はほぼお蔵入りの放置状態。

21.JPG

例のZwiftの影響で、
今年はリアルで外でも走ろうと気合い!
そこでメンテナンスを、
山形市のプロショップへ依頼だ。
→ じてんしゃ蔵 守三


じゃじゃ~ん♪
とブルー車体へホワイト基調は、
まさに爽やかなオレ様にぴったり!

25.JPG

ほとんど使用記憶の無い、
邪魔な補助ブレーキを撤去し、
白いバーテープを。
安全第一のブレーキ系は、
シューとケーブルを交換。

26.JPG

そしてシフターを、
SORAからCLARISへダウングレード!
だが15年も前のSORAは、
親指シフトアップ仕様だったが、
最新CLARISは中指シフトアップだ。
やっぱ隔世の感ぷんぷん。

CLARIS・・・クラリス!

27.JPG

「キミのハートはいただきさ♪」
「おじさまに付いて行く~[黒ハート]
オレ様のルパン脳天気劇場だ d(^^)

28.JPG

さて、サドルも最新トレンドへ。
尿道対応の穴開き仕様は、
もちろんホワイトで。

29.JPG

さて従来通りミラー。

31.JPG

ベルは道交法で必須。

32.JPG

リアライトも破損していたので、
リニューアルはオートスタートストップ。
照度と振動を感知でらしいが。

33.JPG

一応サドルバックにもリフレクト。

34.JPG

ワイヤーケーブルも必須。
こんなイカすヤツなので、
盗まれるかもしれん (--#)

36.JPG

今どきこのサイズ?
とデカチンだが、
ガンダムチックなデザインがお気に入り。

37.JPG

もちろんハードな走りはSPDペダル。

41.JPG

こちらのシューズもリニューアル。

43.JPG

このビニールがチープだが、
2、3年耐えればヨシ。

44.JPG

つって、ずーっと、
履いているんだろうが (^_-)☆

45.JPG

ホワイト基調に、
赤アクセントでヨシじゃろ?

46.JPG

守三さんで3万円強。
新規アイテムで2万円弱。
約5万円で13年ぶりの完全復活!

40.JPG

仕事の合間や3号の送迎ついでで、
置賜地内を荒らしまくる予定。

下ハン握ってなんぼ!
・・・だぜ (^_-)☆


SELLE SMP(セラSMP) エクストラ カラー サドル EXTRA02-BI ホワイト

SELLE SMP(セラSMP) エクストラ カラー サドル EXTRA02-BI ホワイト

  • 出版社/メーカー: SELLE SMP(セラSMP)
  • メディア: スポーツ用品






nice!(0)  コメント(0) 

【遠征サイクリング】米沢東部・高畠ド真ん中編 [サイクリング]

さてそのイカす新たな相棒、
Carry Me の初陣の時がやって来た。

11.JPG

INTO THE SKY 高中正義

舞台は置賜盆地の西部地域、
おいたま温泉賜の湯を起点とし、いざ出陣!
ぶおおぉ~ぶおおぉ~♪(法螺貝ネ)


いつも気になる宿泊施設Aが ( ̄∇ ̄)

12.JPG

通り過ぎる人々の視線を感じつつ、
ちょちょいのチョイと瞬く間に展開だ。

13.JPG

背中にスマートライドポーチ
右手に KeyMission 80
左手に気合いとハッタリ(?)
で、いざ出発!

僅か20cmのタイヤゆえか反応が速く、
気を緩めると転倒するかも知れぬ手応えを感じ、
恐る恐る漕ぎ出すが、直ぐ慣れる。

14.JPG

米沢ラーメンの名店ひらまの、
2kmも行かぬうちに、
ギア切り換えの左右踵プッシュも慣れた。
やはりHighは30km/hは出ているようだ。

15.JPG

春を感じる気持ちの好い晴天 ヾ(^v^)k

16.JPG

それでも軽快に風を切れば冷たいかも。

17.JPG

思ったよりも軽快に先へ進むは、
チンタラオヤジにも嬉しい。

18.JPG

約7kmで先日卒業式でお邪魔した米工だ。
駅伝部いないかな~?
オラァ、死ぬ気で走れ ヽ(゚Д゚)ノ(オレがな)

19.JPG

走りながら快適ポジション調整は、
専らサドル高さしかないが (^_-)

20.JPG

先は堂森地区なれば、かぶき者前田慶次の里。

21.JPG

400年前に天下の豪傑が、
この辺りをウロウロしていたのだ!
と想像するだけで胸キュンだ ♪
ではゆかりの堂森善光寺へ。


以前マダム一家との訪問時を憶えている。
まだ幼い4号は眠ってしまったので、
そっと車内へ残して参拝に行ったが、
戻ってきたら目を覚ましていて、
車内ひとりで寂しかったので泣いていた。
ちよっとチクリと胸が痛む思い出だ。

22.JPG

で、中央奥が前田慶次の供養塔だが、
Carry Me が気になるのでここで退散だ。
さらば、また来るよ (^^)/

23.JPG

遊びに夢中な子どもたちの、
元気な声が響き渡るやヨシ。

25.JPG

八幡原工業団地の大通りを快走!
Higtギアで、あと30回転まわせ
ぐるぐるぐるぐるぐるハムスタ~♪

27.JPG

とまぁ、まだ10km少々なのに、
アホなトライにオッサンはバテ気味。
歳を考えて安全運転しろっ、つーの。

28.JPG

高畠町へ入る手前の長手トンネルは、
短いが冬期は駅伝部の練習場だ。
(いつか叶水トンネルへもござれ)

29.JPG

この通りで数台のローディーにすれ違う。
今日も挨拶のシュタッ!
相手もシュタッ!と返してくれて嬉しい。
中には Carry Me を指さし、
Good!=イイね!としてくれた方がいて、
「判る人には判るんだ」と更に嬉しい ヾ(^v^)k

まず前半=米沢東部のここまでで約14km。
かつてはランニングでもチョロイ距離ゆえに、
近いのか遠いのか感覚が判らん ( ̄∇ ̄)

07.JPG

さてさて高畠市街地へ向かう幹線道路は、
幾度もチャリ、ラン、クルマで、
お世話になっているが、
県縦断駅伝のコースでもあるとも思い出す。
体育会系の熱いロードだぜ (^_-)☆

30.JPG

やがて日本三文殊のひとつ、
亀岡文殊(大聖寺)だ。


近く4号も高校受験なので祈願しよう。
(しかし跡取りが受験失敗した、
 との噂だが、本当だとしたら、
 祈願結果はビミョーかも (^0^;) )

31.JPG

交通量の多い幹線からそれて、
地元の方々の道を進むも、
その土地の生活感に、
触れられるような気がして愉しい。

そして高畠市街地ド真ん中へ進軍し、
昭和レトロな縁結び通りへ (^^)

33.JPG



手打ちそば伊澤は、
1964東京オリンピックへ出場した、
伊澤まき子さんの店。
以前九十九匠会長に案内されて、
その関連展示物に興奮したなぁ~バフっ。

34.JPG

そんな近世浪漫?に浸るクライマックスは、
山形交通高畠線の旧高畠駅だ。
そこで24km手前だ。


その旧高畠駅は、この地域の名産である、
高畠石を使った立派な石造りの駅舎だ。

35.JPG

そして電化の際に導入した貴重な、
小型車モハ1が鎮座しているのだ、
皆の者ひかえ~い!ヽ(゚Д゚)ノ
(ここから輪行したいかも)

36.JPG

やはり記念撮影だぜ v(^^)

37.JPG

獅子座流星群 高中正義

さて夕暮れ感が漂う中を、
西から南へ向かう帰路は、
その廃線跡のまほろば緑道だ。
ここもオレのトレーニング道のレギュラー。

39.JPG

旧竹ノ森駅跡はホームが残り往事を偲ばせる。
この辺に駅伝部の保護者さんが住んでいるはずだが、
バッタリとお目に掛かれたら愉しいかも。
このように各地で知合いが増えると、
そんなことが面白くも感じてイイ d(^^)

40.JPG

散歩している年輩夫婦に近づいたので、
軽く「チン♪」とベルを鳴らし、
「すいません、通りま~す」と。
「あ、小さい!」
ふり向きざまに、シュタッ!
「どぉもぉ~」

41.JPG

そして「日本のアンデルセン」、
浜田広介記念館の脇を通る。
先の伊澤さんといい、
文武の人材を輩出する高畠町に脱帽。

42.JPG

東京まで続く東北中央自動車道を横目に、
交差点で敢えてHigtギアでガンバるオレ。
「お、はえぇー(゚o゚; 」
の声が聞きたくて (^_-)フッフッフッヘッヘッヘッ

44.JPG

やはりHigtとLowギアの、
DS(デュアルスピード)仕様の実用性は高い。
ほとんどはLowで十分だが、
下り坂や転がる路面でのHigtの恩恵は大きい。

取り付けたばかりのライトも前後点灯ヨシ。
ライトは他者の視認性を高めるものなり。

3分前に通過した山形新幹線は撮り逃したが、
夕暮れで絵になる在来線はパチリ。
が、25mmでこの暗さの手持ちは厳しい (>_<)
(1/6にトリミングしてこの画質では・・・)

46.JPG

さすがに2時間半も経過すると疲労が溜まり、
ちょっとの坂でも根性を入れないと。
しかしオレはカンチェのように、
サドルから腰を上げずに上るぜ!ヽ(゚Д゚)ノ
・・・なんて、このチャリではそもそも無理。

その最後の小坂は山形新幹線の跨線橋だ。
東京へ、線路は続くよ全国へ。

47.JPG

20000V・・・
オレにも近寄ると危険だぜ(?)
疲れて、たわ言吹いてマス。

48.JPG

程なく賜の湯へ帰還。
走行距離35.7kmは大したことはない。
小国から長井、
反対に新潟県側へは坂町の距離なので。
時間は遊びながらの2時間41分。

50.JPG

源泉掛け流し温泉で疲れを癒やす、
この贅沢さに乾杯 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

51.JPG

こんなお気楽小径車でも、
自転車の愉しさを再確認させてくれる。
今日は観光紹介色の強しやヨシ (^_-)☆

06.JPG

見知らぬ土地を自分の力で進む。
観光ポタリング、ヨシ!
また、愛車TREKでガチ走り=
=200km/日も目標とすっか!

では各地の皆さま、
どこかでお目に掛かりましょう (^^)/


nice!(0)  コメント(0) 

『かわうそ・・・』のポーチ [サイクリング]

サイクリングの時の小物入れが欲すい!

87.JPG

で、これは『かわうその自転車屋さん』の、
スマートライドポーチ。
今はすっかり大ファンの漫画で、
もちろん心ときめきMaxなので (*^_^*)


スマホと財布との大きさ比較。
手帳カバーの ZenFone 5 が入るかな?

81.JPG

げーっ、やっぱ入らんか (゚´Д`゚)

83.JPG

では手帳カバーは外すとして、
標準添付品だが放置していた、
背面ビニールカバーをここでは使おう。

84.JPG

少しでも落下破損のリスク低減 (`へ´)v

85.JPG

スマホ、小銭、クルマの鍵、
keyMission80 は手持ちとして、
ロングライドでも必要最低限は収納可能!

86.JPG

これでジャージ背面ポケットに潜ませる。
唯一の懸念は防水でないことで、
汗で濡れること。
ま、都度洗濯すれば良いだけのことだ。

88.jpg

では心ときめくモノに囲まれて、
幸福感で脳天気ライドへGO!(*^o^*)





かわうその自転車屋さん 6 (芳文社コミックス)

かわうその自転車屋さん 6 (芳文社コミックス)

  • 作者: こやまけいこ
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2018/11/15
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 

CarryMe がやって来た [サイクリング]

むむむむ~♪


8インチ=約20cmのタイヤでも快速で、
驚くほどにコンパクトに折り畳めるチャリ。
  → CarryMe(Pacific Cycles Japan)

58.jpg

折り畳んだ投影面積はわずかA4!
素晴らしいギミック (^^)/

59.jpg


シティユースに溶け込んでイイ感じ。


そんな知る人ぞ知る、
イカすヤツが我が家にやって来た。

61.JPG

お決まりの開封の儀 (^^)

62.JPG

輪行袋と予備タイヤが嬉しい。

63.JPG

右ペダルが外されているのでガチャン!

64.JPG

予備ローラーもガチャン!

65.JPG

立った!立った!クララが立った!

66.JPG

3号の通学チャリと比較。

69.JPG

さっそくウキウキと展開だ。

70.JPG

ちょっとモタつくビギナーだが。

71.JPG

ジャジャーンとこんな感じに。

72.JPG

73.JPG

実はコレはDS(デュアルスピード)仕様だ。
ペダル1回転で進む距離はLowで約3.8m、
Highで約6.3mとのこと。
700Cでフロント50Tに換算すると、
スプロケットが28Tと16Tぐらいに相当だ。
それなりに車重があり、しっかり前に進めるので、
シングルスピード仕様よりも遥かに実用性が高い。

75.JPG

変速はクランクに装着されたプレートを、
踵で内側に押すことで可能だ。
左右から押すことでシフトダウン、アップだ。

76.JPG

Highでは30km/hの体感があるかも。
確かに速い、速すぎる (゚o゚;

77.JPG

折り畳むも愉しいギミックは、
男心をくすぐるメカ感で昇天 (*^_^*)

78.JPG

袋に被せて、補助ローラーで、
ガラガラと引っ張れば輪行も楽勝だ。

79.JPG

では道交法で捕まらないように、
最低必要なライトとベルを。

80.JPG

81.JPG

後部は反射板とプラスで。

82.JPG

ベルの位置を調整していたら、
いつの間にかの出血に気付いた。
メカ扱いの宿命か・・・(×_×)

83.JPG

と云うことで、チャリダーが、
誰もは通る関所でドボン ( ̄∇ ̄)
まずはどこかの街へ出没を愉しみに ♪

85.JPG

ところでコレで、
100km大会へ出場した猛者が!(゚o゚;


自分の力で前に進む。
チャリンコの本質に乾杯!


nice!(0)  コメント(0) 

オレのチャリアイテムはヤバい (゚´Д`゚) [サイクリング]

最近毎晩燃えている Zwift により、
リアルな外のチャリ乗りに改めて気が行っている。

が、気づいた!
オレのアイテム類は10年前品がほとんどなので、
古くダサいもあるが、経年劣化も問題だ。

これではイカン!
まずは最新情報を仕入れないと・・・(^0^;)

P2230014.JPG

そのAmazon沼に嵌まりドボンは、
面白そうな漫画が紹介されて、ついポチリ。

P2230020.JPG

ますます外で走りたくなってくる (^^)


サイクルパーツオールカタログ 2018-2019 (ヤエスメディアムック560)

サイクルパーツオールカタログ 2018-2019 (ヤエスメディアムック560)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 八重洲出版
  • 発売日: 2018/04/28
  • メディア: ムック



かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)

  • 作者: こやまけいこ
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2014/10/16
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 

これでは世界と戦えぬ!(3)さよならナイキサイクリングのシューズ [サイクリング]

13年前頃にロードバイクを開始し、
その時から履き続けているシューズは、
なんと今は伝説のナイキサイクリング!

51.JPG

更新しようと思い、はや5年くらい?
ランニングへ主軸を移したので、
頻度が少なく放置していたのだが・・・
・・・ホント、ボロい (~_~;)

52.JPG

もうボロ傷だらけ (゚´Д`゚);;;
スッ転んだ時々の積み重ねの傷跡。
あの日、あの時と回顧してしまう。

53.JPG

Zwift でサイクリング熱が再沸騰の、
今日この頃こそ更新の時なり!
(ランニング用は2、3年で更新するのに)
そこで先日ショップで彷徨い、
シーズンオフのディスカウントもあり、
試し履きで確認しついに更新決定!

55.JPG

幅広モデルらしいが特に気にならぬ。
日本人の足には安心のメードインジャポン。
 → SIMANO RP4

56.JPG

いつものオレの心を表すような純白 (*^_^*)

57.JPG

比較が江戸時代と現代くらい異なるが、
ナイキはそもそも重く感じていたので、
これは非常に軽く感じるは隔世の感。

58.JPG

着脱楽チンのBOAシステムやヨシ!

59.JPG

プロは1mmの位置精度に拘るが、
オレはテキトーで d( ̄∇ ̄)

61.JPG

62.JPG

今までオレの足を守ってくれて、
ありがとう、ナイキシューズ!
感謝感謝で見送るのだ (゚´Д`゚);;;
(一応金属パーツは保管の習性が・・・(^^))

63.JPG

ついでに先日報告の、その更新品。

65.JPG

たかだか2000円品でも、
弾ける感触が嬉しい ♪

66.JPG

汗止め付きのそれらしい、
心ときめくヘアバンドを。

67.JPG

そーいえば、ランニング用も、
フニャっているので併用だ d(^^)

68.JPG

さて今日も世界で戦うか、
素敵なカノジョたちと・・・ (*^_^*)デレデレ















nice!(0)  コメント(0) 

これでは世界と戦えぬ!(2)ヤバいチームレプリカジャージ [サイクリング]

昨日も呑み会前に1時間 (^^)v


プログラム起動時に、
「さぁジャージに着替えよう!」
と気分を盛り上げてくれるが、
もちろん本当に着替えないが、
ふと、手持ちジャージを確認してみる。

ランニング重視で激減した機会に比例し、
ジャージ更新は無く、ほとんど10年選手。
その中でヤバいジャージが!
それはチームレプリカ (~_~;)

33.jpg

あのランスで一世風靡の、
ディスカバリーチャンネルはヤバいっしょ!

31.jpg

ヘイ ユー!
イツノ ジダイダイ?
ワラワセテ クレルゼ!
ハハハハハハハ ♪
セイゼイ ホットニ ヤンナ (^o^)

・・・むむむ、
これでは世界と戦えぬ!
(在りし日のオレ様 合掌 <(_ _)>チーン )
49.jpg

それこそパンツは、
ふにゃふにゃの代わりの、
インドアで使える。
ジャージは農作業で使うか・・・(^^)v

34.jpg

でも同じUSポスタルは、
今は亡きナイキサイクリングを偲んで、
惚けて着続けよう d(^^)

35.jpg

懐かしいなぁ・・・♪   (つづく)


nice!(0)  コメント(0) 

これでは世界と戦えぬ!(1)ふにゃふにゃ [サイクリング]

蘇るあの頃、チャリ道の記憶 (*^○^*)

46.jpg

さてZwiftは、
無料トライアルが終了し、
「続けますか?続けませんか?」
「つづけ~~~~~~~マス!」
と楽天カードマンに助っ人を v(^^)


で、ここ毎日珍しく、
30分から1時間程度ガンバっている。
ニューヨーク、ロンドン、
昨日はアルプスの懐のインスブルック!


おお、アルプスの山々が、

901.JPG

ヨーロッパの街並みが、

902.jpg

オレを呼んでいる~ ♪

と、コースが多彩で愉しい (*^_^*)♪
そして世界各国のライダーと、
ついつい熱くなる。

「今日は軽く流そうって?
 そいつぁどうかな?」

プログラム起動時の挑発に、
どっぷりとハマっている。
ちくしょーお前には負けん!
シャカ シャカ シャカ ヽ(゚Д゚)ノ

こんなオレって、
世界と戦っている!?


と、脳天気はさておき、
屋内なのでテキトーな服装だが、
尻は痛いのでインナーパッドパンツを。

41.JPG

が、既に13年前購入品ゆえか、
パッドは痩せて、へなへな・・・
ゆえに役立たず状態 (×_×)

42.JPG

そして衝撃の、ふにゃふにゃ↓
やる気が失せるぜ (×_×)

43.JPG

外はビュービューでクソ寒くとも、
ついつい熱く燃えれば、
額に大量の汗が滴り落ちる。

が、汗止めのヘッドバンドも、
ふにゃふにゃ↓
かろうじての半分効きでは (×_×)

44.JPG

ヘイ ユー!
フニャフニャ (^o^)
ソレデ ツイテ コレルカイ?
フニャフニャ (^o^)
デ オッケーカイ?


・・・むむむ、
これでは世界と戦えぬ!


そこで更新の物欲道が、
ここでも始まる・・・。
(結局そこか・・・~(^^)~ヘッヘッヘ )  (つづく

nice!(0)  コメント(0) 

Zwift!自転車編(2) [サイクリング]

ららら~♪
こんな感じで走りたい~♪

34.jpg

さてウンコやろーにスカされて、
約30分後にようやく再起動し、
プログラムを立ち上げる (--#)
[前回のおさらい]→ Zwift!自転車編(1)

36.JPG

直ぐさまにセンサーを認識 ヾ(^v^)k
やはり対応いの一番は「再起動」だったか。

37.JPG

英語メニューを適当にクリックしてゆくと、
おっ、画面にオレさまのアバターが出てきた。

41.JPG

さっそく漕ぐと、
おおっ、進む進む ヾ(^v^)k

42.JPG

ロンドンですか~♪(^^)
と移りゆく景色を愉しんでいると、
世界中の連中にガンガン抜かれる (~_~;)

43.JPG

そこでムキになって、
オレも必死こいて漕ぐと、
それなりに追いつき、抜けるが・・・
・・・疲れた、腿パンパン (;´Д`);;;

45.JPG

さて違うコースはどうか?
と一旦閉じて改めて開く。

48.JPG

ん、こーゆーリゾートな感じヨシ!

49.JPG

50.JPG

カメラアングルを変えてみる。
基本のアバター背面の大小と、
そのまま目線の他に、
側面も。

51.JPG

アバター背面ローアングル。
スピード感がイイかも (^^)

52.JPG

正面から。

53.JPG

側面から離れたアングルも、
TV中継っぽくてイイ。

54.JPG

正面から、迫って逃げる感じ。

55.JPG

バラバラバラバラ!
とヘリコプターからの、
上空映像も雰囲気が出ててヨシ。

56.JPG

しかしこのアバター・・・
・・・西欧人顔だ。
『テルマエ・ロマエ』で云えば、
オレさまは「平たい顔族」なのだが ( ̄∇ ̄)v

57.JPG

突然にレースなのか、
速い大集団が一気に抜いて行く!

59.JPG

ま、お初で雰囲気は判った。
これは愉しい面白い ヾ(^v^)k

60.JPG

ウンコやろーの立ち上がりが、
モタモタして苛つくが、
まずはこの冬期に飽きずに挑めそうだ。

61.JPG

設定メニューがある。

62.JPG

アバターのカスタマイズメニューも。

63.JPG

尖ったモヒカンだな (^o^)

64.JPG

でも危ないからヘルメット着用だ。
例えバーチャルでも、
サイクリストの鑑だべ?(*^_^*)

65.JPG

参加すると徐々にアイテム確保で、
ジャージ等の種類が増えるようだ。

まずはこれから愉しそうだ。
投資分は直ぐ回収だな!

68.JPG

鍛えていつかレースに参戦してみっか!

66.jpg


大画面と云っても所詮ノートPCなので、
中古の32インチTVとか探して繋ごうか。
注意は要するが15000円くらいであるかも。
むむっ、こんな猛者もいらっしゃる d(^^)


ホント田舎の雪国でもありがたい時代だ。
次も気になるZwiftワールド (^_-)☆  (つづく

69.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - サイクリング ブログトップ