So-net無料ブログ作成
ランニング(大会・遠征ラン) ブログトップ
前の10件 | -

【遠征ランニング】蔵王みはらしの丘編 [ランニング(大会・遠征ラン)]

その高台から北を望むと山形市街が広がり、
ポツンの高層ビルは霞城セントラル山形駅だ。

21.JPG

ここは山形市の最南端部、
山形ニュータウン「蔵王みはらしの丘」は、
白鷹山地の一角に位置し、
かつては桜桃やぶどうなどの、
果樹栽培が盛んであった場所に造られた。


通称西バイパスが延伸し、
山手側のR458は長谷堂トンネルで、
交通の利便性が増した高台一帯だ。

71.jpg

以前から西バイパスを通る度に、
この新興住宅地は何となく興味があった。
地理好きということが大きいか。


そこでついにとうとう機会を得たので、
ランニングで探索してみようと、
「いつか、そのうち」のひとつを実行!

22.JPG

もちろん相棒は新規仲間入りの、
25mm F2 で爆速起動の KeyMission 80 だ。

41.JPG

いきなり下るは楽チンだが、
いつか戻るために上ることが悩ましい。
コストコの向こうに蔵王スキー場が望める。

23.JPG

程なく立派な神社が見えるので、
訪問の機会を感謝しなくては!
その松原神明神社は旧参道、鳥居が。

25.JPG

旧羽州街道沿いなれば、
当時の賑やかな様子も想像できる。

26.JPG

手水舎は渇水?

27.JPG

注連縄で御神木のようだ。

28.JPG

旧社殿跡と現在の社殿。

29.JPG

旧参道の石階段に歴史を感じる。

30.JPG

31.JPG

被り物等はしっかりと外して。

32.JPG

眺望良く気持ちの好い場所だ。
若きにはカノジョを口説くか、
老後にはボケ~ッとするベンチ。

33.JPG

眼下の西バイパスには、
頻繁にチャリダーやランナーが見える。
「同士よ、キミもガンバってるね!」

34.JPG

計画地らしく公園は充実だ。

36.JPG

高校生ランナーいるし ヾ(^v^)k

37.JPG

使用頻度は微妙な感じのスケート場。
スプレーで落書きされないのかしらん。

38.JPG

幼児に嬉しい滑り台等、以前はオレも、
公園を探して各地を荒らしたものだ。

39.JPG

公園を軽く1周した後は、
いよいよ住宅街へ進む。
実は家自体が好きで見物が愉しみだ。

41.JPG

迷子にならぬように看板は必見。
旧羽州街道=当時の大幹線沿いなれば、
生活の様子や文化を伝える史跡が多い。

43.JPG

44.JPG

ここに土地を持っていればなぁ~(^^)

45.JPG

しかし基本的に傾斜地なので坂道続き。
前日のハードトレーニングで、
足の疲労感が一気に広がる (>o<)

47.JPG

が、そんな苦痛を忘れさせるように、
お洒落な住宅が多く観て飽きない。
中も見てみたいが多し (*^_^*)

48.JPG

んが、もう坂道が辛い (゚´Д`゚);;;
ちなみに我が街にはいつも歩いている、
謎のカリスマランナーがいるのだが、
あやかってオレも2号=
=「T2」(ちょっとカッコイイ響き?)
とでも名乗ろうか・・・ v( ̄∇ ̄)v~T2

49.JPG

公園には若い親が幼児と遊ぶ姿多し。
そういう世代が集まっているのだろうが、
ふと全国の先例から40年後を想像してしまう。

50.JPG

51.JPG

52.JPG

開放的で若々しい街並みを満喫!
でもオレは疲れた・・・(-_-)

55.JPG

西バイパス通過の度に、
遠方高台に見えていてなぜか、
気になっていた学校=小学校を目指す。

56.JPG

通学する子ども達は健脚間違い無し。

57.JPG

その住宅地の向こうは、
昔ながらの田園地帯が広がり、
一気にローカル感が漂う。

60.JPG

松原大沼。

61.JPG

ウッドチップもヨシ。
中途半端だが。

62.JPG

隣接地も続々と開発なう。

63.JPG

多くの散歩の人と、
チャリダーにすれ違い帰還。
チャリダーはサングラスで見えないが、
たぶん目が合ったと思えば、
シュタッ!と手を上げると、
相手もいサッ!と返してくれる。
そんな共有感って嬉しいですよね (^^)

64.JPG

凡そランニングとはほど遠い、
朝8時半からのチンタラ散策は、
約1時間で終了~♪(つーかダウン)
たった7kmくらいか (*^o^*);;;

72.jpg

その後は汗を流すべく長谷堂地区・・・

****************************
時は1600年9月関ヶ原の戦いの、
東北の関ヶ原」として有名な、
上杉軍対最上軍のクライマックス、
長谷堂城攻防戦が繰り広げられていた。
ここが落城すれば、裸の山形城も陥落=
=最上家滅亡も必至。
攻める上杉軍は宰相直江兼続を総大将に、
前田慶次、上泉泰綱、水原親憲らの、
豪華きら星の将軍らに率いられた精鋭軍。
明らかに劣勢となった最上軍は、
志村光安が長谷堂城で必至の抵抗を続ける。
さてどうなる手に汗握る緊張の絶頂、
長谷堂城攻防戦=東北の関ヶ原!?
続きを聞きたいヤツはオレと呑め!
ハァハァハァハァハァハァ (^0^;)
****************************


・・・を通り百目鬼温泉へ。

66.JPG

源泉掛け流しの贅沢と露天風呂、
強烈な効能感を愉しみ、
お土産の『塩』500円 をGET!
泉質が高濃度のナトリウム塩化物泉=食塩泉なので、
その特徴を活かし温泉からつくられた塩とのこと。

67.JPG

その後は市内のガッツリ系ラーメンを。
消費カロリー<摂取カロリー
意味ねーな (*^▽^*)ハッハッハッ

69.jpg

そして某家電量販店の、
マッサージチェア争奪戦にも参戦し、
約20分至福の時間を過ごしたので、
あったのだったんだ d(^^)~♪

75.jpg

さてラン探索が KeyMission 80 の画像。
ほとんどがPhotoshopでトーン補正し、
トリミングだが、あのアクションの中で、
これだけ残せれば十分伝わるっしょ?
今後も頼れるギアとして期待大だ (^_-)☆


nice!(0)  コメント(0) 

【遠征ランニング】八幡原・万世 [ランニング(大会・遠征ラン)]

ある日、米沢へ所用ついでに、
3号を迎えるべく連絡したら、
「8時までイイ?」とのことで、
その待ち時間2時間半なれば、
ランニングで時間を潰すことにした。

24.jpg

用品は常時車載で、
備えあればチャンスあり

八幡原野球場駐車場から米沢駅方面へ向かい、
R13を万世方面へ向かい、
高速道路IC出入り口から戻る周回とした。
いくら知っている道路とはいえ、
17時過ぎは既に暗く歩道はキケンなので、
慎重にチンタラと亀猛進!ヽ(゚Д゚)ノ

25.JPG

予想を少し越えの7.5kmは、
50分くらいで無事に生還だ。
いい汗かいて、風呂で汗を流して満足。

ちなみに大回りを調べると10.5km。
次は90分走にイイかもしれない d(^^)
近在の方々、見かけたら挑発よろしく。
「おらぁ、腰がふらついてっぞ!」
「情けねぇツラしてんな!」とか。

26.JPG

もうすぐ冬がやって来て、
辺り一面は雪で覆われて走れなくなる。
今のうちに愉しまねば。
一寸光陰矢の如し!

23.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

飯豊紅葉ジョギング大会2018 有終のラストラン [ランニング(大会・遠征ラン)]

吹けよ風、呼べよ嵐!
鳴けよ天、吠えろ大地!
5年の時を経て今、ここに降臨 ♪

992.jpg
      (葬式写真決定!)

さて10/28(日)は小国町南部地域で開催の、
飯豊連峰紅葉ジョギング大会へ4号を送迎だ。
この大会は3、4号の活躍で思い出深く、
陸上スポ少在籍時に3号は優勝したことがある。
  → 2011大会の様子
そしてその時に応援帯同していた4号は、
急遽飛び入り参加で下級生ながら3位になり、
「この子も走れる!」
と嬉しく思った瞬間であった。
そして翌年は優勝したことが、
4号の陸上人生のスタートだったかも。
  → 2012大会の様子

そんな大会参加も中学3年生なれば、
いよいよ卒業=我が家のラストランだ。
そんな感慨深さもあり、
オレが送迎するのみのつもりであったが、
前日の長井市での県高校駅伝大会会場で、
ケロ会長からの勧めでオレも出走することになった。
そしていざ当日、作戦を胸に秘めて
メイン会場の旧小玉川小中学校へ参上だ。


昭和チックな看板がお出迎え。
ローカル色がぷんぷん ~ ( ̄∇ ̄)~

13.JPG

11.JPG

雨は上がる予報だが山の天気は判らない。

12.JPG

早速ケロ会長に案内されて、
5kmの部へ当日エントリーの受付だ。
ここでようやく4号はオレの出走を知る v(^^)
「え~~~~!(゚o゚;」(何か問題が?)

15.JPG

早い中学生の集合時間ゆえに、
開会式まで1時間半近くの待ち時間は長い。
もちろんアップなどアップアップなので、
腰を下ろし日向ぼっこでボケ~っと。

16.JPG

やがて天気が回復し映える紅葉の美しさよ。
写真撮影の方も良かったかも。

17.JPG

18.JPG

そして開会式だが、
ケロ会長の挨拶にビックリ (゚o゚;
歴代シチュエーションで最高の出来が、
前日に何か悪いものでも食べて、
頭の回路がおかしくなったのだろうか?
「らしくねぇなぁ!(^_-)」

20.JPG

おっ、J・オンサリゴのサインが!
オレも欲しい ヽ(゚Д゚)ノ

21.JPG

22.JPG

ここから飯豊山荘までの6.5kmを折り返す13kmの部、
途中2.5kmを折り返す5kmの部、
同じく1kmを折り返す2kmの部がジョグだ。
そして飯豊山荘からの片道6.5kmの、
ウォーク&ランなる部だが、
一見写真撮影等でのんびりモノと思いきや、
下りコースをガチンコが実態のようで、
本当に写真撮影などしている人がいるのか、
よく分からない怪しい部だ (-_-)?
ゆえに昨年町長が酷い目に遭ったらしい。

04.JPG

25.JPG

HPに出ていた謎の仮装マンが今回も。

26.JPG

人気のようで一緒に記念撮影に応えている。
そんなこんなでスタート時間が迫り、
続々とランナーが集まってくる。

27.JPG

おお、どこからともなく、
「陸王」メインテーマが・・・!


ちゃ~ちゃ~ちゃららら~♪
ちゃ~ちゃ~ちゃららら~♪
ちゃ~ちゃ~ちゃららら~♪
ちゃ~ちゃ~ちゃららら~♪
・・・
ちゃちゃちゃちゃ~♪
ちゃちゃちゃちゃ、ちゃちゃちゃちゃちゃ♪
ちゃちゃ・・・(よく分からなくなってきた)

「あ、タイガーマスク!」
「おおっ!」
「あれは誰!?誰が?」
ざわつく場内に衝撃(?)が走る。

29.JPG

じゃじゃ~ん ♪
5年ぶりの降臨!
正義の味方参上!
待たせたね、よい子のみんな!

30.JPG

「スタート地点には、
 タイガーマスクの姿が見えます!
 タイガーマスクさん、
 盛り上げて下さ~い!♪」

渾身のガッツポーズにて、
「うっし!
 私は誰の挑戦も受けるぅ!」

「・・・・・・(シ~ン)」

しまった (@@;)
静まり返らせて、どーすんだ (゚´Д`゚);;;
盛り下がってしまったではないか!
(逆にマスク内の温度は5℃上昇 (~_~;) )

で、程なく「パン!」とスタート。
傷心の最後尾、こんなはずでは・・・(×_×)

33.JPG

アップダウンがキツそうなので、
6分/km×5km=30分完走が目標だ。
気持ちを切り替えて前進あるのみだ。

03.jpg

34.JPG

「おらぁ、チンタラしてんじゃねー!
 オレより遅かったらゲンコツだ!」

35.JPG

そーゆーオレもチンタラ。
ハァハァハァ。

36.JPG

下りたくなーい=復路で上りたくなーい。

38.JPG

川音が心地良く、パチリ ♪
美しいものに自然と心が惹かれる、
体育会系で汗臭いことが大嫌いな、
文化人系芸術家気質のオレ v(^^)

39.JPG

やがて折り返しのトップ選手は、
4号の同僚のHだ。
「いいぞ!そのままイケー!」

41.JPG

部長Sも「ファイトー!」

42.JPG

そしてオレの姿をチラチラと振り返りながら、
約200~250m前をチンタラと走る、
たるんだ4号たちダメ軍団 (--#)
「こらぁ、真面目に走れ!」

43.JPG

上り坂にあえぎつつ、
千鳥足でようやく半分。
ハァハァハァ。

44.JPG

46.JPG

今が旬の見頃なれば、
やはりパチリせにゃならん。

47.JPG

48.JPG

走りながらでは手振れするので、
基本の、いちいち立ち止まりパチリだが、
そのストップ&ゴーの繰り返しは、
存外に体力を消耗するは解っているが・・・。
ハァハァハァ。

49.JPG

が、突然残り1.5kmくらいで、
むくむくと野望が湧き上がる。
(ひょっとして4号たちを抜けるのでは?)
そして闘争本能も。
(燃え尽きよう、これはレース=闘いなのだ)

51.JPG

そこで酸欠な頭だが作戦を練る。
(残り1kmでの上り坂でギアを上げ、
 目の前でチンタラと目障りな、
 スポ少サッカー監督らを一蹴し、
 残り300mの下り坂で4号たちにこっそりと迫り、
 背後霊のように忍んで、いよいよのゴール直前に、
 渾身のダッシュで抜き去って栄光のゴール!)

これだ。
決めた。
やはり正義の味方は最後を魅せないと。

(うぉぉぉぉおおお!)
炎のアクセル・オン (--#)
ハァハァハァ。

「・・・・・・!」
一応スポーツ監督のくせに、
チンタラ走ってんじゃねー、サラバ (--#)/
ハァハァハァ。

「あーやっぱり抜かれた!」
オッちゃん、お先に悪いね <(_ _)>
がトレーニング不足で足が回らない (>_<)
ハァハァハァ。

やがて下りに入り4号たちを射程圏内に捉える。
がその前にモコモコは・・・2kmの部の町長か。
いろいろと大変だなぁ、お先に失礼 <(_ _)>
ハァハァハァ。

(さてヤツら、いくらダッシュで抜いても、
 現役走力では抜き返されるかもしれん。
 そこは肘鉄を食らわすか、
 捕まえて転ばす等、
 少々手荒な手段もやむを得まい・・・)

その見た目とは裏腹に、
完全に腹黒な ブラック・タイガー化

52.JPG

(うぉぉぉぉおおお!)
残り100mで完全にロックオン (--#)
ハァハァハァ、吐く息が黒い?

酸欠で手足がピリピリとシビれるが、
背後霊の如く、こっそり迫ろうと、
さらにピッチを上げようとした瞬間に、
沿道のオッちゃんが叫ぶ。

「後ろ来たぞー!
 タイガーマスク!」

すると4号たちが一斉に振り向く。

(あ、やばっ!)

と驚きの様相になり、
とたんに一斉にダッシュしやがった!

(あーっ!(゚o゚;(>o<))
「こら、待て!
 お前ら、ずるいぞ!」

自分のブラックさを棚に上げ、
4号たちを非難する、
およそ人の親とも思えぬ、
大人の風上にも置けないサイテーな男。

蜘蛛の子を散らすようなダッシュで、
わ~っ!
とヤツらは先にゴールしやがった。

「クソったれ!あーっ!(×_×)」
(応援のオッちゃんにヤラれるとは・・・)

54.JPG

思わず天を仰ぐ。
神は死んだ。
負けた・・・。

55.jpg

まずはゴール前での観衆や役員の歓声は、
盛り上がった証だろうでミッションは成功=
=スタート前の失態を取り返しヨシか (^_-)☆

56.JPG

着替えた後は芋煮の振る舞いをいただく。
先年、牛舎の工事でお世話になった、
長井鉄人会の電気屋さんと再会だ。
ひょんな知り合いと会うも大会の面白さだ。

57.JPG

一応記録は26分21秒。
最初2kmは6分/kmペースだったので、
ネガティブ・スプリットでイイんじゃない?

60.JPG

62.JPG

そして1次抽選では、
役に立つのかビミョーなモノが (>o<)

63.JPG

やがて閉会式=表彰式=2次抽選会。

65.JPG

関東からも参加された猛者もいらっしゃる。
好成績おめでとうございます <(_ _)>
そして2次抽選会はケロ会長の抽選で。

66.JPG

5kmの部優勝のHは、さらに当選だが、
なかなか当たらない大勢力の小国中陸上部。
ゼッケン№を決めた先生が悪いなどと、
文句チンタラでイジられている?
当たらないは日頃の行いが悪いんだよ。
(オレも当たらないし・・・(^_-) )
つーか、抽選者が悪い (--#)

67.JPG

まずは大団円。
役員、関係各位お疲れさまでした。
今日も十二分に愉しみました <(_ _)>

69.JPG

実は積年の秘めたプチな夢があった。
" いつか子どもと大会へ参加してみたい
ちょっと妄想とは違ったが本日成就。
念じ続ければ夢は叶う!
(不本意ながらケロ会長のおかげ?)
とりあえず感謝の気持ちに虹が応えたか。

71.JPG

そんなこんなで、
まずは充実の終了=有終のラストラン!
飯豊連峰紅葉ジョギング大会よ、
ありがとう&さらば (^^)/

72.JPG

やっぱり大会はイイ。
祭りは観るよりも参加だぜ ヘ(・.ヘ)(ノ.・)ノ
よい子のみんな、
またいつかどこかで会おうぞ!


nice!(0)  コメント(0) 

東京マラソンいつものこと・・・(>o<) [ランニング(大会・遠征ラン)]

今年こそは当選するかも!

と、なんの根拠もなく思っていたが、
さてさて・・・つーことで。

98.jpg

が、今年も落選 ( ノД`)シクシク…
何年連続して外れていることか・・・。

さてさて、どーすっかな (-。-)y-゜゜゜


nice!(0)  コメント(0) 

東京マラソン2019へエントリーしてみる [ランニング(大会・遠征ラン)]

今年もめげずにエントリー。
ひょっとしたら当選するかもしれんし。
→ 東京マラソン2019

02.JPG

どんな仮装で出没しようか。
そしてゴールする走力を。
そんな妄想が日々の生活の糧だ v(--#)

Byq9KimCQAAoxZw (1).jpg







nice!(0)  コメント(0) 

【遠征ランニング】直江石堤・関根 [ランニング(大会・遠征ラン)]

その日は3号を米沢市陸上競技場へ送迎し、
その待ち時間に軽くランニングしたのであったん。
直江堤公園(直江石堤)駐車場より1時間を目処に。


直江石堤は手前の草ボウボウがそれで、
後方はソーラーパネル設置場所のインチキ石堤だ。
よい子は騙されないよーに d(^^)

51.JPG

遠征先で急に欲望が渦巻いても良いように、
愛車にはランニング用品を常駐させている。
俗に云う「2軍品」たちだが・・・( ̄∇ ̄)♪

52.JPG

さて直江堤公園から関根地区へ向かう。
名君上杉鷹山が師の細井平洲を出迎えた普門院
現在は改修中で終了はかなり先・・・(ノД`);;;
さつき食堂はまだ営業中とのこと。
約20年前に後輩KTと訪問したが懐かしい。
踏切で在来線通過を眺めるも愉し。
と、山形新幹線つばさも勢いよく通過にうっとり ♪
由緒ある羽黒神社も敬師郊迎跡だ。
ところで関根は2号の農大時代の友人がいるが、
ばったり出くわしたら面白いと期待していたが・・・。
その後は新幹線に沿って北上し、
旧武家屋敷町のうこぎ垣根を眺め快走。
直江石堤の一部の蛇堤を経て、
公園駐車場へ帰還 ハァハァアァ(^0^;)

50.JPG

距離 : 10.2km
時間 : 1時間13分31秒(道草歩き含む)

公園ではママ友?軍団がBBQか芋煮会か、
親子でギャーギャーと盛り上がっていた。
涼しくなりアウトの心地好い季節かも。

53.JPG

帰りのR113ではステンタンク?の背面鏡面に、
愛車が映り、まるでドライブ映像を見ているようだ。

54.JPG

そこで愛車をACC制御し、
その鏡面映像をガチ見しながら帰宅路でありますた。
「オレのクルマ、カッコええなぁ~♪(*^_^*) 」と。

55.JPG

さて次も貴方の地元に出没予定、乞うご期待 (^^)/


nice!(0)  コメント(0) 

【遠征ランニング】仙台塩釜港 [ランニング(大会・遠征ラン)]

仙台市もなかなかの夜景ではないか (*^_^*)
(当たり前だが)大昔と変わったな。

91.JPG

92.JPG

そんな日中はランニング出動だ。
起点は終了後の汗流しとしてスーパー銭湯からで。
→ 大江戸温泉物語 仙台コロナの湯

パチンコやゲームセンターと併設で、
夜の治安は不安だが、朝は問題無かろう。

93.JPG

海を目指すべく、七北田川沿岸を下り、
仙台塩釜港の産業道路を東へ向かい往復とする。
単純な直線組み合わせのコースゆえに、
初めての場所でも迷子にはなるまい (^o^)


仙台東部道路の下の3車線一般道も、
ガンガンとクルマが行交うは工場地帯らしい。
おっ、向こうにアウトドアショップの看板が見える。
→ WILD-1 仙台東インター店

涎だらだらの店を発見=
=後で物欲訪問しなくては (^_-)

94.JPG

さて相棒はガーミン(GPSウォッチ)で、
距離、ペースはもちろん、
脂肪が燃える心拍数ゾーンを教えてくれる。
上げすぎないように抑えて抑えて・・・。
では見知らぬ土地を愉しむ旅ランで、
いい汗かこう、今日もゼロ災でヨシ!(?)
(ゼィゼィ、ハァハァハァ (^^;);;; )

96.jpg

さてその折り返しは、
日本一低い山で有名な日和山だ。
→ 18年ぶりに返り咲いた(?)日本一低い山「日和山」に登ってみた

そして傍の高砂神社へも参拝だ。
→ 高砂神社/仙台市蒲生 1 (ひーさんの散歩道)

特に沿岸部は復興工事が絶えない様子が伺え、
6年前の爪痕の深さをまざまざと見せつけられる。
様々なことが心を去来するが、まずは、
今日自分は走れていることを感謝だ。
今後もお世話になりまする、仙台市 <(_ _)>


距離: 10.42km
時間: 1時間4分44秒
ペース: 6分13秒/km
平均心拍数: 131bpm
最大心拍数: 156bpm
TE: 3.7
ピッチ: 172spm
カロリー: 630cal

ウォッチは停止時のオートストップ等の、
基本設定も未だなので、
けっこういい加減なデータもある。
それでも今回は脂肪を燃やす目的にしては、
ちょっとガンバり過ぎたようだ。
少しずつウォッチの扱い精度を上げて、
トレーニングを愉しむこととしよう (^^)v

・・・そしてオレはどこへ行く?


nice!(1)  コメント(0) 

東京マラソン2017生観戦 [ランニング(大会・遠征ラン)]

2/26(日)は東京マラソン2017の開催日だ。
例年落選のオレだが、
その日、東京に居るのを幸いに生観戦してみよう。

51.JPG

まずは今回からの新コースを紹介だ。
東京駅前行幸通りをゴールとし、
終盤も平坦になったことで記録も狙えるようだ。


ではスタートの新宿へ行ってみよう!


江東区から都営新宿線に揺られ、
新宿3丁目駅から出て靖国通りへ。
この辺りはスタートから1.5kmくらいか。

52.jpg

ボランティアの方々と物々しい制服組が。

53.JPG

あと30分後にはここを3万6千人が駆けてくる。
妙なドキドキとわくわく感♪を抱いてしまう (^_-)

54.JPG

沿道を規制するテープ張りを手伝う。
オレも大会運営に協力=参加している (^^)/

55.JPG

ところで正月の箱根駅伝のTV中継で、
友人がガッツポーズで映っていたことを、
オレも真似すべく友人へ連絡していた。
ついでに3号へもだが・・・冷たい (ToT);;;

56.JPG

さて運営関係者たちが騒々しくなり、
どうやらレースがスタートしたようだ。
先導のパトカー等の関係車両が続々とやってくる。

58.JPG

まずは車イスの部だが、速い!(゜o゜;

59.JPG

そのおよそ10分後くらいであろうか、
ついにマラソンの部が来たようだ。
う~む、さらに気分が高揚するぜ (^^)/

61.JPG

すると、突如現れた黒い塊が風の如く、
あっという間に目の前を通り過ぎる・・・速っ!(゜o゜;
あれで42kmですか・・・(^0^;)

62.JPG

今回の招待外国人選手は、
持ちタイムで2時間3分台1人、4分台4人らしいので、
ハイレベルなレースを象徴するような一幕か。

もちろんTVカメラ車へ向かって、
渾身のガッツポーズ連打!
ふん!ふん!ふん!ヽ(゜Д゜)ノ

どうだ!?

友人と3号へ確認したら、後方の様子や、
長いCMで映っていなかったらしい・・・(×_×)↓

63.JPG

そして国内エリート集団が通り過ぎる。

64.JPG

次の一般ランナーもサブ2.5くらいの走りか。
う~ん、走りが違うねぇ!

65.JPG

66.JPG

そんな惚れ惚れする走りにしばらく見とれていると、
だんだんと「それなり」の雰囲気が漂う。
仮装も多く、まさにお祭り (^^)♪
お、マイケル・ジャクソン!
(YouTubeで出てた・・・走りは辛そうだったが)

67.JPG

顔を隠すマスク等は厳禁とのことだが・・・あれ?


後方になるに従い、その走る様子では、
絶対にゴールは無理そうな人々も多く見受けられる。
(普段からランニングしているのか疑問だ)

68.JPG

そんなスタート直後の興奮とお祭り騒ぎを堪能し、
次は個々の選手の姿、走りを確認でき、
レースの行方も判りやすい地点へ移動だ。

その靖国通りを横断する地下通路から、
新宿駅への地下街で彷徨ってしまい、
大都会の迷路に翻弄されまくりだ・・・(ノД`)

しかも、ようやく見つけ乗った都営大江戸線は、
『新宿西口』から要領の悪い乗り方をしてしまい、
かなり無駄に時間を費やしてしまった・・・(ノД`)

70.JPG

そんなこんなで大門駅到着。
そして34、39km地点の芝公園、増上寺前だ。


さて車イスの選手が通り過ぎたあとに、
マラソンのトップがやって来た!
おお、№1 ウィルソン・キプサングと、
№2 ディクソン・チュンバの一騎打ち!ヽ(゜Д゜)ノ

71.JPG

後続をしばらく観てから反対側へ移動だ。
だってガッツポーズせにゃならんし (^_-)☆

72.JPG

歩道橋の上にも強面の警察官が目を光らせている。
目を合わせないようにしよう・・・(^^;)

73.JPG

大会運営は大変だ、お疲れさまです。

74.JPG

さてホントの増上寺山門前で、
高輪折り返しを待つ。
やがて・・・おおっ、
№1キプサングが抜け出している!
残り3kmでも速い!(゜o゜;

そして、しつこくガッツポーズ!
ふん!ふん!ふん!ヽ(゜Д゜)ノ

76.JPG

が、ここでも映っていなかったと・・・(×_×)↓
(このバカバカしい自分に苦笑い ( ̄∇ ̄)ホホホ )

しかし、トップ選手のしなやかな走り、
力強い足運びに惚れ惚れだ (*^_^*)

77.JPG

設楽悠太 キター!

78.JPG

服部勇馬 キター!
「はっとりぃ~!いけ~!」
まるで知合いのような気さくな声援 (^^)

79.JPG

猫ひろし キター!
「ねこぉ~!にゃあぁ~♪ (?)」
2時間30分ちょいでゴールしたらしい (゜o゜;スゲェ

80.JPG

その後も続々とゴールを目指す猛者たち。
苦しいところをオレの声援でひと押しだ ヽ(゜Д゜)ノ
「お、『南陽市役所』! ガンバレー!」
「あ、『長井西置賜』! オレおぐにぃ~!」

81.JPG

82.JPG

そんなこんなのお祭り騒ぎだったが、
予定退散時間となったので生観戦は終了だ。
やはり憧れのメガ・シティーマラソン大会だ。
走ってみてぇなぁ (*^_^*)

83.JPG

さてレース結果はキプサング優勝。
タイムは2時間3分58秒の国内最高記録!
ついに日本で夢の3分台が出た!凄い(゜-゜)


ちなみに世界記録は2014年9月のベルリンマラソンでの、
デニス・キメットの2時間2分57秒。
  → 生きてるうちに1時間台?

あと61秒とは東京マラソンも箔が付いたもんだ。
決して容易ではないが、条件が整えば、
世界記録が誕生するかもしれない大会となった?
その時にオレも参加し走っていてみたい気がする。


そんないつかに備えて、
さて、今宵も走ろうか d(^^)


nice!(0)  コメント(0) 

憧れのメガ・シティーマラソン大会 [ランニング(大会・遠征ラン)]

とあるスポーツショップのフリーペーパー。
(また原監督出てやがんなぁ~(^^) )

51.JPG

いよいよ月末は東京マラソンか。
新コースとなり走りたかったのぉ (T^T)

52.JPG

その前の週は京都マラソンか。
10年以上前だが5日間レンタサイクルで、
寺社巡りで隅々まで走りまくったので、
だいたい地理は憶えている。
コースはキツそうだが世界遺産の街では愉しそうだ。

53.JPG

同じくフルの大阪横浜マラソンも魅力だ。
それはたかぎなおこの著書で紹介されているので、
普段山の中で生息なればメガ・シティーの大会は憧れる。

55.JPG

いつかは判らんその日に備えて、
クソ寒い雪国で今日も、
トンネルランで修行しておくわさ (^_-)


56.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

予想通り落選の東京マラソン [ランニング(大会・遠征ラン)]

その申込み結果通知が先日届いた。

21.JPG

チッ、やっぱり応募倍率12倍では厳しいか (-_-)

22.JPG

しかしとある雑誌記事で10年連続出場がいるとのこと。
では各年の応募倍率から、
10年連続の当選確率を計算してみる。

23.JPG

第1回2007年 3.0倍
第2回2008年 4.7倍
第3回2009年 7.5倍
第4回2010年 8.5倍
第5回2011年 8.8倍
第6回2012年 7.9倍
第7回2013年 8.4倍
第8回2014年 8.5倍
第9回2015年 8.6倍
第10回2016年 8.5倍

1/3 × 1/4.7 × 1/7.5 × 1/8.5 × 1/8.8 × ・・・
 ・・・ 1/7.9 × 1/8.4 × 1/8.5 × 1/8.6 × 1/8.5 =
 = 1/326,155,460.5386
3億2千6百万分の1!

おいおい (゜o゜; マジかよ (T^T)
チャリティーシステムは最近始めたと記憶するので、
例えば最初の3年の抽選でも約105分の1。

それとも、その人は10kmの部で倍率が違うかも。
ま、不確定な情報推測=
=いい加減なツッコミとしてサラッと流して <(_ _)>


しかし、1度当選した人はその後数年不可として、
もっと他のランナーへ機会を広げてほしいのぉ。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ランニング(大会・遠征ラン) ブログトップ