So-net無料ブログ作成

置賜地区高校新人陸上2019(2) [子どもの陸上・ランニング]

前日の熱戦興奮冷めやらず。
→ 置賜地区高校新人陸上2019(1)

そこで当日懸念の人足を2号に懇願し、
再び4号を送り朝ラーでひと息 (^。^)y-゚゚゚

31.jpg

そして再び米沢市陸上競技場へ参上だ。


今日も長井高保護者陣地で、
まったりとした時間を過ごそうぞ。

32.JPG

さて本日の4号は、なんと!
二度とやらぬと誓ったはずの800m。
結局自分の意思など関係ない (^^);

34.JPG

自己ベストは2分4秒台だが、
全く練習していないので、
目標は2分10秒切りだとさ。
あ、出世頭Kのパパママ発見 (^^)/

35.JPG

では適当にガンバれ ヽ(゚Д゚)ノ


何とか10秒は切ったようだ。
2組タイムレースで全体4位、1年生1位。
今後、弛んだ心を入れ替えて、
気合いを入れて取り組めば、
2分切りも有り得そうだが・・・(-_-)

38.jpg

さて注目の5000mは、
前日1500mを制した先輩Kが、
今種目でもどんな走りをするか注目だ。

41.JPG

そして米工駅伝部!
本職なれば気勢を上げろ ヽ(゚Д゚)ノ

42.JPG

と見所応援三昧だが、
米工駅伝部は故障上がりの選手もいて、
全体的に調子が上がらぬようだ (>_<)
そんな中で先輩Kは終始先頭を争い、
やがてひとり抜け出して独走へ!

50.jpg

ここでも私立2強の選手らを蹴散らし、
最終コーナーをまわりグングンと加速!

48.JPG

圧巻のゴールで2種目制覇 \(^^)/
やるじゃねーか!

先輩Kはゴール直後に、
第3コーナーの長井高陣地へ、
手を振り応えたようだが、それがまるで、
スタンドの観衆へ応えたように見えて、
かなり笑ってしまった (*^o^*)ヤルナ

49.JPG

そんな盛り上がりで競技終了は近づき、
いよいよ1600m=マイルリレーだ。

51.JPG

「800mで死んでいるんだから、
 オレは絶対に走らない!」
とのことだったが・・・。

52.JPG

結局、僅か2時間後に走らされるのだ。
優勝候補の私立2強の組で、
しかも流れを作る第1走 (~_~;)


4号はラスト100、50mをしっかり走りきる、
スペシャリストらしい走りで2位で2走へリレー。
ちなみに2走では、
九里学園の出世頭Kも快走でトップへ。

やはり私立2強には敵わないが上出来だ。
ライバルの興譲館に勝てば良いのだ (^^)

と、突然に雨に襲われドタバタ。

56.JPG

そんなことで閉会式も手短に、
選手は各校陣地でヨシと。

59.JPG

60.JPG

米工駅伝部もお疲れさん。
10月の県高校駅伝で大暴れせい!

61.JPG

63.JPG

まずは今日も愉しませて貰ったぜ。
子どもたち、保護者の皆さま、
大会関係者、ありがとうございました。
あと、人足代役の2号も <(_ _)>

64.JPG

県大会は酒田市で来月13(金)~15(日)。
貴重な機会が残りカウントダウンなので、
観戦出撃したいが・・・う~む。
まだ稲刈り前だよな、はてさて (-_-)?


nice!(1)  コメント(0) 

置賜地区高校新人陸上2019(1) [子どもの陸上・ランニング]

8/24(土)25(日)は陸上新人大会だ。

31.JPG

春の総体は田植えに向けて、
ドタバタしていたので、
応援は不可であったので非常に愉しみだ。
→ 置賜地区高校総体陸上2019

32.jpg

4号の様子はもちろん、
各校へ散らばった、
小国っ子たちの活躍も愉しみだ。
→ 中体連陸上西置賜大会2018(2)
→ 中学校陸上部3年生を送る会

33.JPG

さらに愉しみは今春卒業した3号が、
お世話になった米工駅伝部に会えること。
顧問のK先生は役員で忙しそうだ。
→ 米工駅伝部の3年生を送る会

あと気になるは月光仮面で、
どー見ても不審度200% ( ̄∇ ̄)

34.JPG

さらに気になるは、
ガタゴトと鉄橋を過ぎる米坂線。
かつて毎日3号を送迎してくれてありがとう!


ん、長野のマダムの同級生、
米沢中央高のK先生も見っけ!
見知った人々が多く愉しい観戦かな。


さて4号の本日は400m。

37.JPG

ベストは50秒台前半だが、
最近 " 自称故障中 ” とのことで、
目標は60秒だとさ (^_^;)

38.JPG

各組1着+4で決勝進出。

39.JPG

組3着だが+4に入り決勝へ。

40.JPG

それまでは応援に精を出すのぢゃ!

42.JPG

おっ、米工駅伝部!
懐かしい面々だ ヾ(^v^)k

43.JPG

さて400m決勝に月光仮面も参上。

46.JPG

そのスタート横に中学校同僚の、
出世頭Kが走り高跳びで、
自己ベスト更新で193cmを!
そのテント奥で見守るも同僚Jだ。
彼らは置賜地区私立2強の、
九里学園と米沢中央高だ。

47.JPG

と、この決勝には、
小国高へ進んだ同僚Tの姿も。

48.JPG

そんな小国っ子たちを気にしつつ、
いよいよ400m決勝スタート!

49.JPG


結果上位は私立2強と2年生が占め、
54秒台で6位なれば御の字だ。
まずはお疲れ~(^^)/

50.JPG

ミラーレス一眼で動画撮影だが、
レンズはカメラ用なので手動ズーム。
ゆえにズーミングはスムーズさを欠き、
一脚を忘れて見苦しいガクガク画面。
相変わらず詰めが甘い (×_×)

51.jpg

さて出世頭Kは195cmへ挑んだが惜しくも。

53.JPG

しかしまぁ、出世頭Kは凄い。
本職8種競技は即県大会なので今回は、
あらゆる種目をオープン参加しており、
かつ上位を総ナメなこと (゚o゚;

そんな慌ただしい中で、
オレの姿を見つけては、
とんで来て挨拶をしてくれたりする。
めんごい(置賜弁で「可愛い」)ヤツだ (*^_^*)

54.JPG

お初の長井高保護者席に交じり、
この保護者は?あの人は?
子どもと親の紐付けを、
コソコソと詮索も愉しいかも。

56.JPG

明日もまた会おう!
米工駅伝部 (^^)/

57.JPG

とゆきたいが実は明日は、
実家地域の人足なのだ・・・(゚´Д`゚);;; (つづく


nice!(0)  コメント(0) 

車載ランニング用品準備OK! [2019-ランニング]


挫いた足首も何とか良くなってきたので、
時期も秋なればランニングを愉すみたい。

86.JPG

その前に、ときめき度が下がった、
アパレルの断捨離を始めたが、
3、4号がスポ少時に使った、
小さいバッグもあるので、
2組の車載ランニング用品=
=2軍用品を作ってみた。

87.JPG

クルマも2台体制なので両車に鎮座。
所用で遠征、お出掛けに、
ふらっと遠征ランニング準備OK!

88.JPG

=スポーツの秋、スタンバイOK!
実際は稲刈りを挟んでだな。
東京マラソン当選するかもしれんしな (^^)




nice!(0)  コメント(0) 

甲子園終わる・・・星稜惜しい! [スポーツ]

甲子園史上最高の試合と評判の対箕島戦。


そして松井秀喜の5打席連続敬遠事件。


初優勝のチャンスは対帝京戦。


話題に事欠かない名門星稜が、
初優勝の期待が膨らんだ今大会。
世代注目の奥川投手で、
頂点に肉薄したが惜敗!!!
7回裏に追いついた後に、
中軸で一気にひっくり返せなかったが、
悔やまれるかな (>_<)





決勝戦は力尽きた感が漂ったが、
3回戦の智弁和歌山戦は凄かった。
大会=星稜=奥川投手のベストゲームかも。
「今までの星稜だったら死闘で負けていた。
 この試合で新たな歴史を作った。」
と松井秀喜は賞賛していた。


しかし惜しかったなぁ!
大会前は大船渡の佐々木投手で、
物議をかもし盛り上がったが、
大会が始まれば、
明らかに主役は奥川投手であった。
まずは相手の履正社を讃えよう。
また星稜にもチャンスはあるさ (^^)/


・・・んで、おまけ ↓



そしてドラマも続く、か d(^^)


nice!(0)  コメント(0) 

『将軍の子』 [2019-読書]

名君・保科正之の来歴を爽やかに描きだす。
生まれた直後に養子に出された、
徳川秀忠の庶子、保科正之。
不遇にも見える生い立ちの陰には、
彼を思いやる多くの人々がいた。
養母となった武田信玄の娘、見性院。
人徳の高さを買われ、
養父となった高遠藩主、保科正光。
そして陰に日向に力になってきた老中、土井利勝。
江戸城の外で育った「将軍の子」は、
いかにして稀代の名君と呼ばれるに至ったのか。
今もっとも注目される歴史時代小説の新鋭が、
その半生を辿る。
[Amazon商品紹介より]

P8220003.JPG

好みでは無い短編集だが良かった。
他の小説でも保科正之が登場すると、
ピシッ!と締まるんだよなぁ (^^)

徳川幕府安定化期を支えた名君は、
高遠藩から山形藩、会津藩と遷り、
会津磐梯山の麓に眠っている。
 → オレの神社!・・・土津神社

また会津へ行きたくなったぜ (^^)


将軍の子

将軍の子

  • 作者: 佐藤 巖太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/07/18
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『ウルトラマンが泣いている - 円谷プロの失敗』 [2019-読書]

オレが小学生の時のクラシックシリーズ=
=セブン、マン、エース、タロウ、レオら。
16年の空白期間を経て、平成シリーズの、
ティガ、ダイナ、ガイアは我が子たちと、
そんな親子に跨がるヒーロー。


仮面ライダーシリーズ、
戦隊シリーズは長寿シリーズ化しているが、
ウルトラマンはどうしたのだろう?
と頭の片隅に疑問を持っていた。

P8170001.JPG

哀しい大人の事情ってやつネ (>o<);;;
『失敗の本質』に通じるような気がする。

P8170006.JPG

ウルトラマンが帰ってきたは分かる。
警備隊長のゾフィーの存在も分かる。
しかし父や母、果てはキングとかは???
あのファミリー増えすぎ感は、
当時の円谷プロの迷走ぶりの象徴とは哀しい。

P8170004.JPG

比較にガンダムも書かれている。
ウルトラマンもガンダムも初期は、
歴史的金字塔の高評価だったが、
その後は雲泥の差だ。
ガンダムファンから云わせれば、
初期のクオリティとポリシーを、
その後もしっかりと継続させる努力をしているが、
ウルトラマンは無かったことが大きいと。
「しょせん、子ども番組だから、
何をやっても許される」的な、
その場の都合でコロコロ変わる、
言い訳が常に付随していたらしい。

P8170003.JPG

11年前に山形ビッグウィングで開催の、
ウルトラマンフェスティバルで、
3、4号との記念写真が残っている。
その時も大人の事情があったのネ (ToT);;;

P8170002.jpg

ホント、ウルトラマンが泣いている (゚´Д`゚);;;
(しかし、まぁ記念写真のオレ、若いぜ!
  なんかオレも泣けてくる・・・(゚´Д`゚);;;)


ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)

ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)

  • 作者: 円谷 英明
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/06/18
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0) 

東京マラソン2020へエントリー [ランニング(大会・遠征ラン)]

新潟市でポスターを見かけて、
「あー、この時期か・・・」
と気付けば毎年恒例の一応エントリー。

91.jpg

  → 東京マラソン2020

92.JPG

どーせ、また落選と気持ち半分なれば、
こんな時にこそ当選したりして・・・(^_-)☆

93.JPG

8/15現在・・・仕事中に右足を挫いてイテー ↓
走りたくても走れない (>_<);;;


nice!(0)  コメント(0) 

映画『Fukushima 50』愉しみ [映画]

来年2020年に上映予定の『Fukushima 50』。


あの気紛れに訪問した時から、
様々に知りたく読んだ本が原作の映画化だ。

P7040007.JPG

ちなみに " Fukushima 50” とは、
欧米メディアの呼称で、
なぜにあのような命懸けの未曾有の事態に、
50人(実際は69人だったかな)も残ったのか?
との驚嘆と賞賛が含まれている。

ヒジョーに愉しみだ。
3月の雪融け時か・・・(^。^)y-゚゚゚


死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 (角川文庫)

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 (角川文庫)

  • 作者: 門田 隆将
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/10/25
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

『東北の名城を歩く 北東北編: 青森・岩手・秋田』 [2019-読書]

宮城、山形、福島の南東北編は既にあるが、
この機会に北東北編もGET!
ちょっと高いが内容充実でイイ ヾ(^v^)k

P8110032.JPG

戦国南部氏の三戸城、
秀吉の天下統一で有名な九戸城。
次の動画で我慢すっか・・・(~_~;)




東北の名城を歩く 北東北編: 青森・岩手・秋田

東北の名城を歩く 北東北編: 青森・岩手・秋田

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 吉川弘文館
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: 単行本



東北の名城を歩く 南東北編: 宮城・福島・山形

東北の名城を歩く 南東北編: 宮城・福島・山形

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 吉川弘文館
  • 発売日: 2017/08/21
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『武ログ』2連発 [2019-読書]

ちょっと外したな。
古本屋チョッコー決定!

P8110028.JPG



織田信長の天下布武日記 (武ログ壱) (武ログ 1)

織田信長の天下布武日記 (武ログ壱) (武ログ 1)

  • 作者: 武ロガー右筆衆
  • 出版社/メーカー: 二玄社
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



直江兼続の「愛want忠」日記 (武ログ弐) (武ログ 2)

直江兼続の「愛want忠」日記 (武ログ弐) (武ログ 2)

  • 作者: 武ロガー右筆衆
  • 出版社/メーカー: 二玄社
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)