So-net無料ブログ作成

『「旅立ちの日に」の奇蹟』 [-2018読書]

国民的に有名な卒業定番の歌=「旅立ちの日に」


白い光の中に 山並みは萌えて
はるかな空の果てまでも 君は飛び立つ
限りなく青い空に 心ふるわせ
自由をかける鳥よ 振り返ることもせず

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して
懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もないいさかいに 泣いたあの時
心通った嬉しさに 抱き合った日よ
みんな過ぎたけれど 思い出強くだいて

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に


この歌は有名な人、プロが作ったものではなく、
地方の現場の先生により生まれたも有名な話。

それは1990年代初頭、その舞台は・・・
→ 埼玉県秩父市立影森中学校


その校長先生が赴任した当時、
学校は荒れていた。

そこで校長先生は既に成功体験していた、
歌により校規を立て直そうと取組みを始める。
生徒たちは当初抵抗があったが、
校長先生と音楽の先生の熱意により、
徐々に歌声は広がり、
やがて健全な校内となる。

その生徒たちの卒業時期が迫った時、
音楽の先生から校長先生へ提案があった。
オリジナルの曲を作り送り出しましょう。
そこで歌詞を書いて下さい、
自分が曲をつけるから、と。

そして「3年生を送る会」当日、
先生方によるサプライズ披露となり、
その後全国へ広がっていった。

------------
その物語をさらに知りたくての、
ドキュメンタリーDVD本だ。

PB140111.JPG

校長先生・・・小嶋登氏(他界)

PB140112.JPG

音楽の先生・・・高橋浩美氏(旧姓坂本)

PB140114.JPG

両氏登場、誕生秘話等の付属DVDがイイ (^^)/ 


DVD未収録=
=そのサプライズ披露時の貴重な映像が。


両先生がしっかりと映っている、
卒業生たちとの合唱もヨシ!d(^^)


齢50を過ぎれば、世俗の垢にまみれ、
正直者が馬鹿をみる世の中に生きている。
しかしそれでも、
これから羽ばたこうとする若者たちには、
夢と希望を持つ素晴らしさ、
必要性を伝えてゆきたいと思ってしまう。


平たく云えば「普通の先生たち」だ。
しかし一晩で歌詞を書いた校長先生、
直ぐさまイメージが湧き、
曲をつけた音楽の先生。
親子ほど年の差が離れた両氏だが、
その出会いがこの歌を生み、
やがて全国へ広まることになるとは、
夢にも思わなかったことであろう。
まさに奇蹟。


そんな奇蹟の物語を生んだ学校、地域を、
いつか機会があれば訪問してみたい。
いつも小さなドラマを求めて・・・ (^^)ホホホ


「旅立ちの日に」の奇蹟 ~いくつもの”卒業”を経て、今響く歌声~

「旅立ちの日に」の奇蹟 ~いくつもの”卒業”を経て、今響く歌声~

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/02/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)