So-net無料ブログ作成
検索選択

喜多方市 あべ食堂 [たべもの]

米沢市で部活帰りの3号を迎えて、
R121大峠を爆走し福島県喜多方市へ!

51.JPG

もちろん目当ては喜多方ラーメン (^^)
平打ち中太縮れ麺が好みだ。
お目当て2軒の長蛇すぎる行列に辟易し、
狭い路地の3軒目での少な目の行列に決断。
ここも名店 → あべ食堂
大昔にチャーシューメンを食したが忘れている。
一方通行の路地も裏の駐車場入口も狭いので、
クルマの運転に自信の無い人は、
歩いてアクセスが良いかも。
下手すると行列の人を轢いてしまうかも (^0^;)


座敷で4卓、テーブルは3卓と思いきや、
奥のトイレ入口&奥の間入口に1卓。
奥の間の様子は不明。
お盆の混雑時ゆえか基本は相席か。

52.JPG

昔は食堂らしくカレー等様々にあったと思うが、
現在はシンプルにラーメンとライスやヨシ。
オーダー時にお土産用ラーメンも、
オーダーする人が多いが、常連さんか?

53.JPG

基本メニューはラーメンのみなれば、
出てくるは早いと思いきや、結構待たされる。

54.JPG

中華そば 650円

55.JPG

オレ的にはあっさり部類のスープだが美味し。
次機会は「脂多め、ネギ多め」と、
常連ぶってオーダーしてみたい (^_-)

またラーメン好きな地域を象徴する、
当店も「朝ラー」=7時半開店もイイね!

56.JPG

親子で満足して店を出ると、
外には20人くらいの行列が・・・。
我々は、たまたま入店のタイミングが良かった。
老舗名店と名高いので当たり前か (^^)

57.JPG

「イチャつくカップル、轢いちゃうよ~(--#) 」
と狭い出口から一方通行が緊張の瞬間。

喜多方は美味い店が多いので、
何度行っても満足だ (^。^)y-.。o○


nice!(0)  コメント(0) 

夏の甲子園読書 [読書]

さて甲子園で高校野球が熱い今。
→ NHK 甲子園|全国高校野球選手権大会
1回戦屈指の好カードよりも、
俄然面白いのはベスト8。
そのベスト8を懸けて3回戦がいよいよだ。

そんな気分を事前に盛り上げていたが本書たち。
『Number 甲子園ベストセレクションI 9人の怪物を巡る物語』
『甲子園の名将が語る! なぜ大逆転は生まれるのか』

P8130015.JPG

特に『Number』表紙の過去誌だが・・・

P8130016.JPG

・・・数冊は永久保存で本棚にアリーノ (^^)
“松井秀喜”は4年前に敦賀駅前のコンビニでが懐かしい。
→ 青春18きっぷの旅2013(3) 米原→彦根→敦賀

P8140001.JPG

まずは今回も、こんな壮絶な試合を、
生中継で観て歴史の証人になりたいかも。


ま、いつまでもスキなんス (^。^)y-.。o○


Number 甲子園ベストセレクションI 9人の怪物を巡る物語

Number 甲子園ベストセレクションI 9人の怪物を巡る物語

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/07/27
  • メディア: 単行本



甲子園の名将が語る!  なぜ大逆転は生まれるのか

甲子園の名将が語る! なぜ大逆転は生まれるのか

  • 作者: 石川 遥輝
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

県ジュニア駅伝競走大会2017 [子どもの陸上・ランニング]

[ BGM: Zebrahead - Worse Than This

また今年も蔵王坊平へ。
→ 蔵王坊平アスリートヴィレッジ


この時期この大会で。
全国とか県とか分りにくいが、とにかくジュニア駅伝だ。
 
23.JPG

4号は小5より出場で4年目だ。
→ 2016  2015  2014(1) (2)

1号出場時から長年通った大会だが、
雨の日は初めてで、この霧で視界不良!

22.JPG

24.JPG

そんな中で、クロスカントリー大会での注目の、
シニアA男子の部(8000m=2周)が始まっていた。
霧の中で駆け抜ける姿がドラマチックだ (^_^)v

25.JPG

場内アナウンスでトップは2周目で、
もうすぐゴールとのこと。
TV中継でお馴染みの、
名門大学のランナーがお目当てで、
今年は東洋大大東文化大
中央大が参加しているようだ。

26.JPG

やがてトラックへ姿を現わしたトップは、
招待選手ゼッケンの東洋大 山本選手!

27.JPG

2位は同じく中央大 中山選手!
(ところで併走ランナーはまだ1周目)

28.JPG

続くは3位争いだが、
大東文化大 奈良選手が競り勝ったようだ。

29.JPG

濃霧で視界50mほどか、
トップランナーの走りは瞬時に消え去る。
あの力強さ、そしてバネ、
はぁ~ん、う~む、ほへぇ~、
違うんだな~走りが・・・さすが (゜o゜;

30.JPG

およそ5分後に視界が広がるは、
まさに山の天候だ。

31.JPG

あの中に箱根駅伝ランナーは何人いるのか?
実はそれよりも各校監督に会いたかったりして。
東洋大 酒井監督、大東文化大 奈良監督
中央大 藤原監督、何れもTVでお馴染みなので。

まずはトップランナーの迫力ある走りを、
眼前で観ることが出来て幸せだ (*^_^*)

32.JPG

では現実へ戻り、ちびっ子の走りを観っか。

m_20-89bfe.jpg

今年もコース内3カ所を移動しまくり、
応援と撮影と忙しく徘徊する (`_´)/

m_24-eef06.JPG

A地点とB地点は隣り合わせで直ぐだが、
C地点には林の中を自分もトレランよろしく疲れる。

まずは女子の部がスタート!
視界良好で声援も外れなく届いたかな?
「ガンバレ小国~!」
暇時間も多いので同じく置賜地区のチームを。
「米沢~!、長井~!、飯豊~!」等々。

34.JPG

無事女子の部が終了し、いよいよ男子の部だが、
再び霧が立ちこめ始めた・・・見えん (>o<)

36.JPG

場内アナウンスで1区スタートのコールだが、
やがて濃霧の向こうから、

ドドドドドド!

と地鳴りと共に現れる様がカッコいい!
映画のワンシーンのようだ (^^)

38.JPG
《今回のベスト1・2ショット↑↓ v(^^)v 》
39.JPG

と、そのトップ集団に、
4号も所属の陸上部キャプテンの勇姿が!
いつも、やってやる!
と気迫溢れる走りは今日も健在だ。

40.JPG

中間地点辺りでは6位!?(゜o゜;
素晴らしい走りだ (^^)/

41.JPG

そして4号は昨年に続き3区で登場。
霧の中の黄色いユニフォームどうしで、
見分けをつけにくいが・・・(T^T)?

43.JPG

おうおう、来た来た♪

44.JPG

45.JPG

おらぁ!死ぬ気で走れ!!ヽ(゜Д゜)ノ

46.JPG

坂を下りながら霧の中から現れて、
やっぱカッコいいかも (^_-)☆

48.JPG

勝負所の後半の上り坂。

51.JPG

おらぁ!死ぬ気で走れ!!ヽ(゜Д゜)ノ

何だかんだ云って最後は根性だ (-.-#)
(と、言う方は、か・ん・た・ん (^_-)☆)

53.JPG

1区のロケットダッシュがイイ流れをつくり、
オレ的予想外の好成績でフィニッシュしたようだ。
悪視界なれば足元のケガ、
トラブルを心配したが、まずは無事なことも大事。

まずは選手たち、役員、保護者、
関係各位お疲れさまでした <(_ _)>

59.JPG

帰ろうとすると霧が晴れてきやがる。
そして約10km先のR13へ出るまでは、
いつもの大渋滞もまた恒例なり (>o<)

60.JPG

さて、急いで歓迎BBQの買出しをし、
帰宅して火を熾さなくては!
ライザ駐車場では15:00なので忙しい。

・・・だが、それがイイ (^_-)☆
→ お盆2017(1)千葉の従兄弟一家襲来


nice!(0)  コメント(0) 

『超高速! 参勤交代』 [読書]

前からチャラいタイトルに食指が動かなかったが、
読んでみるとなかなか軽快でイイかも。
作者も当初構想にはなかった続編『リターンズ』だが、
2冊通してこそ面白さ倍増であった (^_^)v

P8110005.JPG

映画化済みだが、やはり原作か。
しかし映画は映画で愉しめるかも。




超高速! 参勤交代 (講談社文庫)

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)

  • 作者: 土橋 章宏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/04/15
  • メディア: 文庫



超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫)

超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫)

  • 作者: 土橋 章宏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/06/15
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

仙台で「空海と高野山の至宝展」を観た [歴史・時代・戦国もの]

昨年の田植え後は仙台市博物館で、
「黄金のファラオと大ピラミッド展」を観た。
今年も同館で、
「空海と高野山の至宝展」へ出撃!
7月の前期、8月の後期とは若干展示物が入替わる。
まずは閉幕ギリギリの前期なのだ ヽ(゜Д゜)ノ

21.JPG

駐車場は入車待ちで渋滞する館前を避け、
東側の臨時駐車場からの青葉山登山口で、
テクテクと歩き、南側から入館するが早い。

/a>

ところが駐車場脇には「熊出没注意」の看板が!
(我が町と変わらないじゃん (^◇^;) )

23.JPG

もちろん熊に遭遇するもなく入館だ。

24.JPG

常設展と特別展券は大人1500円で。

25.JPG

そもそも寺社好き、我が家も真言宗なれば、
生きてるうちに参拝したいな高野山。
→ 高野山真言宗 総本山金剛峯寺

26.JPG

そんな、天才僧侶 空海が開いた世界の、
国宝を含めた至宝が仙台で観られるは嬉しい。

27.JPG

空海ゆかりの品々に興味津々だ。

29.JPG

同じく天才仏師 運慶作の、
8大童子立像の6体の国宝の内の4体が、
前後期各々2体ずつ入替わり観られる。

28.JPG

それが特別展、鼻息荒くGO!ハァハァハァ

31.JPG

たしか500円くらいの音声ガイドを借りて、
展示物の説明に耳を傾け、じっくりと魅入る。

30.JPG

展内はご年配が多いと思いきや、
けっこう若い女性も多く、
軽く驚いたりして・・・ブツジョ(仏女)?
(何を観てるか判らんオレ (^_-);;;)
まずは1時間弱の濃厚な時間を過ごせて大満足。


そして最後は関所が待受ける=お土産物コーナー。
木製御朱印帳が販売されていたが、
以前ネットで特別檜製を確保していたので問題無し。

33.JPG

まさか仏像を買うこともなく、
何となく記念品が欲しい病には書籍で。
いつかに備えて既にガイドは数冊あるが、
情報は幾ら多くとも困るまい (^^)

34.JPG

さてまずは満たされたが後期展も気になる。
運慶の2体と空海直筆の仏教論も観てみたい。
また1500円と思うと・・・が8月末まで考えておこう。

16.JPG

駐車場の工事現場でのむすび丸が、
ちょっとつーか、かなり欲しいかも・・・(^_-)☆

15.JPG

帰路も仙台西道路から東北道・山形道とし、
仙台宮城ICから上がったが、直ぐさま大渋滞!
仙台南IC先で火災事故のため全面封鎖で、
東部道路へ迂回か仙台南ICで下りろとのこと!
大渋滞のわすが1kmを下りるのに、
えらく時間を費やした・・・要領悪っ!(×_×)
しかし、久しぶりのR286は、
道路や周辺も昔と変わり良い視察だったかも。

13.JPG

そして帰宅後もお土産本で気分が高揚だ。

14.JPG

35.JPG

39.JPG

図示が多く愉しく当たり!

36.JPG

37.JPG

8大童子立像の運慶の国宝は実は6体だ。
なぜに今回は4体だけなのか?
それはいつか高野山で拝観しろとのことか。
(ところで9月末から東京国立博物館で、
 運慶展が催されるようだ・・・観たい(>o<))

38.JPG


KOYASAN Insight Guide 高野山を知る一〇八のキーワード (Insight Guide 4)

KOYASAN Insight Guide 高野山を知る一〇八のキーワード (Insight Guide 4)

  • 作者: 高野山インサイトガイド制作委員会
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



さてさて、仙台博物館では秋には、
伊達政宗生誕450年記念」が展示されるらしい。

17.JPG

稲刈り後の愉しみで、
今シーズンの癒やしとなろう。

18.JPG

政宗主従のモノホン具足が愉しみ!(^^)/

19.JPG

ダース・ベイダーのモチーフの政宗の兜と云えば、
いよいよSW EP8も年末の愉しみだ。


あー忙しい、忙しい (;´∀`)♪


nice!(0)  コメント(0) 

『三国志 孔明死せず』 [読書]

架空話はちょっと無理があるが、
それでも読めるは三国志愛があるから。

P8080001 (2).JPG

やっぱゲームで愉しむべし (`へ´)!


歴代作品はWin98の『Ⅵ』から初めてだ。
最新『13』はやりきる余裕が・・・(>_<)



三国志 孔明死せず (集英社文庫)

三国志 孔明死せず (集英社文庫)

  • 作者: 伴野 朗
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

PCパワーアップの野望(3)Ryzen降臨 [パソコン・AV・カメラ]

まずは広い画面快適 d(^^)♪
次は5年前のシステム
[Intel Core i7 2700K (Sandy Bridge)]
をついに更新すべき時がきた!(?)

99.jpg

全新規の予算は無いので、
最低限のシステム変更とする。
(CPU、MB、メモリ・・・に+α (^_-))
他はしばらく流用パーツで我慢だ。

81.JPG

CPUはAMDのRyzen 7 に決定!
8コアの16スレッドを見てみたい♪
お初のAMDシステムにドキドキわくわくだ。

82.JPG

1700無印はファン付属でコスパが良いと。

83.JPG

84.JPG

MBは安心無難なASUSで、
長く使うことを考えるとX370でっしゃろ?

85.JPG

86.JPG

メモリは16MBで問題無いと思ったが、
欲張って32MBとしたが、
Ryzenはメモリがシビアとの情報が・・・ん~(^0^;)?

89.JPG

次は記憶ストレージだが、
既存SSDの寿命問題もあるので、
ここは新システムのSSDとする。
M2スロットでPCI-E接続の512MB (`へ´)フンッ

87.JPG

では組立てを。

90.JPG

まずはCPUを。

93.JPG

次に4枚のメモリを。

94.JPG

そしてSSD取付けだが、
熱暴走があるとのことなので、
別売りヒートシンクを取付ける。

91.JPG

シリコンパッドとアルミのダブル仕様を、
耐熱絶縁テープで固定する。

92.JPG

最新仕様のM2スロットへ。
あの大きいHDDは今はデータ保存が一般的で、
起動ドライブはSSDですよね~(^^)すよね~♪

95.JPG

そしてCPUファンを取付けて最低システムは完成。

96.JPG

RyzenとM2(PCI-E)SSDで爆速な“はず” (^^)v

97.JPG

さてここからが大仕事だ。
現在のPCケースを開けて、
分解して組替える。
もちろんWin10も再インストールし、
他ソフトも同様なれば何日費やすことか・・・。

98.JPG

そんなことで時機を窺い押入れで待機中。
台風等で雨が続けばチャンスかも (^_-)☆


nice!(0)  コメント(0) 

『SROVII - ブラックナイト』 [読書]

シリーズ8巻目でも勢いは衰えず、
冒頭からグイグイ読ませられる。
クソ暑い中でも1日ちょいで読了 (^_^)v

P8050004.JPG

主役のモンスターも復帰するし、
他の気になる伏線もアリ~ノで、
早くも次回作が愉しみだ (^^)


SROVII - ブラックナイト (中公文庫)

SROVII - ブラックナイト (中公文庫)

  • 作者: 富樫 倫太郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0) 

『新参者』 [読書]

「今頃」という感じの、
加賀恭一郎シリーズのはしりを。
サスペンスと人情もののミックスがヨシ d(^^)

P8050003.JPG

TVドラマ化での加賀恭一郎=
=阿部寛のイメージが強く印象的だ。
→ 日曜劇場 新参者 - TBSテレビ


ドラマ化よりも、まずは原作を。
加賀恭一郎シリーズ読み切れないな・・・(^◇^;)


新参者 (講談社文庫)

新参者 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/08/09
  • メディア: 文庫




nice!(0)  コメント(0) 

『人生を変えた1枚。人生を変える1枚。』 [読書]

お気に入りの写真鑑賞サイト。
→ 東京カメラ部 - ホーム | Facebook
好い写真を観て感性を磨かなくては!
その書籍化は手軽に直ぐ観られるがGood!

P7290007.JPG


人生を変えた1枚。人生を変える1枚。

人生を変えた1枚。人生を変える1枚。

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/04/27
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ 』を観た [映画]

今頃=中古DVDが出回っている先日にようやく観た。

40.JPG

マイナーな職業と田舎観ぷんぷんに、
主人公の成長ストーリーが重なりGood!=
=想像通りに愉しく鑑賞 d(^^)~♪


伊藤英明が演じる熱キャラは、
いつもアクセントだ (^^)





nice!(0)  コメント(0) 

『おんな鉄道ひとり旅』 [読書]

女子の嗜み、それは華道、茶道そして鉄道!

P7290005.JPG

P7290001.JPG

画も丁寧だし、情報量が多く、
見応え抜群で自分も行ったような気分になる。
ああ、鉄道旅にも出掛けたい (*^_^*)

P7290004.JPG

P7290003.JPG

P7290002.JPG

その日書泉グランデで見つけて購入したのだが、
その週末に著者のトークショーかサイン会が、
同店で開催予定されており、
「参加しませんか、ぜひ」
と店員に声を掛けられたが・・・(>o<);;;


おんな鉄道ひとり旅 (フラワーコミックスアルファスペシャル)

おんな鉄道ひとり旅 (フラワーコミックスアルファスペシャル)

  • 作者: YASCORN
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/07/10
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 [読書]

少年3人が忍び込んだ廃屋。
そこは過去と未来が、
手紙でつながる不思議な雑貨店だった。

悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。
そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。
廃業しているはずの店内に、
突然シャッターの郵便口から、
悩み相談の手紙が落ちてきた。
時空を超えて過去から投函されたのか?
3人は戸惑いながらも、
当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが……。
次第に明らかになる雑貨店の秘密と、
ある児童養護施設との関係。
悩める人々を救ってきた雑貨店は、
最後に再び奇蹟を起こせるか!?

・・・【Amazon 賞品紹介より】

P7290008.JPG

「東野作品史上、もっとも泣ける感動ミステリー!」
の謳い文句に偽りはなかった。
面白くて一気に読めマスタ。
素晴らしい物語に乾杯 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )


ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/11/22
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

『梟の系譜 宇喜多四代』 [読書]

備前備中(現在の岡山県)で活躍した、
戦国大名宇喜多氏4代だが、
3代直家がほとんどの物語だ。

P7220005.JPG

マイナーな人物を掘り下げて愉しめた。
直家が幼少時に家を失ってから、
一代で大大名へのし上げるに、
卑怯者も何も無いわな (^_^;)


梟の系譜 宇喜多四代 (講談社文庫)

梟の系譜 宇喜多四代 (講談社文庫)

  • 作者: 上田 秀人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

絶品アドベンチャー 滝観洞 [旅行・地域]

洞内の滝が日本一の滝観洞(ろうかんどう)。
高さ60m、周囲50mのドーム空間があり、
天井の裂け目から落差29mの滝が流れ落ちている。


岩手県遠野市と釜石市の堺付近の、
険しい山中で正確には住田町にある鍾乳洞だ。
→ 滝観洞 (住田町公式HP)


駐車場から約300m歩くと入口だ。

21.JPG

なんと、その滝まで洞内を800m以上進む!?
体育会系の血が騒ぐ ( ̄∇ ̄)~♪

22.JPG

自販機で入場券を買うと、
ヘルメット、ジャンバー、長靴が貸与される。
大袈裟だなぁ、とナメた気持ちになるが、
直ぐさま納得させられることになる。

23.JPG

いきなりの、その入口が狭い!
腰をかがめないと進めない (>_<)

24.JPG

25.JPG

中腰でモゾモゾ前進だが、
ヘルメット上部がガツン、ガツンとぶつかる。

26.JPG

こんな窮屈な鍾乳洞は初めてだ (@@;)
部活よろしくアヒル歩き!
こんな調子で800m!?(>o<);;;

27.JPG

28.JPG

程なく進めば、中学生の頃、
夜半におしっこチビった怖いシリーズ、
横溝正史原作の『八つ墓村(1977)』のロケ地点へ。

29.JPG

あの洞窟内の甲冑武者シーン (>o<);;;

30.JPG

31.JPG

32.JPG

とにかく歩き進むも苦労するのに、
最初に整備した人々は如何ほどであったのか。
コンクリートで橋を打ち、金属手すりを取付け、
電気線を引っ張る・・・全て人力でだろう。

68.JPG

33.JPG

とにかく人とすれ違うも大変だ。

34.JPG

大昔は海底であった証拠が続々と。

35.JPG

36.JPG

100mごとの表示にいちいち反応だ。
まだ500m先かよ!(@@;)(×_×)

37.JPG

チチよりフングリのような・・・。

40.JPG

ノッチ=Yes we can ! Yes we run !

41.JPG

その棚のようなノッチ脇を進む。

42.JPG

ヘルメット、ジャンバー、長靴装備のありがたさを、
しみじみと感じ、窮屈な姿勢で延々とは、
まさにアドベンチャー体験だ d(^^)

43.JPG

ここは誰でも気軽にではなく、人を選ぶ。
体力×遊び心=冒険!

44.JPG

小滝(女滝)が現れればゴールは近いはず。

45.JPG

この観音様もガンバって運んできたんだよね。
ご苦労様です&冒険機会と安全に感謝 <(_ _)>

46.JPG

いよいよ水しぶきの音が大きくなると・・・!

48.JPG

ついにゴール \(^^)/
800mの苦労の先は、まさに神秘の空間!

49.JPG

これが落差29mの滝だ。

50.JPG

天井の大理石の裂け目か ら流れ落ちている。
ごうごうと迫力満点 (^^)

51.JPG


天の岩戸の滝(男滝)とな。

52.JPG

1966年(昭和41年)に東海大学探検学会が、
滝の登攀に成功し、さらに350mも進み、
二つの滝と一つの泉があることを確認したとのこと。
オレの誕生年とは50年=半世紀も前か (゜o゜;

55.JPG

その時のザイルか。

56.JPG

57.JPG

しかしここは狭すぎる。
当日は幸い2グループだけだったが、
記念写真撮影も窮屈でドヤドヤだ。
スマホの標準画角、この暗さでは
上手く写らないようだ。
ここは20mm位の超広角で防水が必須かも。

しかしこのマイナスイオンは、
苦労を一気に吹き飛ばし、元気が貰える。
素晴らしい体験に万歳 \(^^)/

58.JPG

じっくりとエナジーチャージし復路につく。

60.JPG

また800mか~、とボヤくが、
往路よりも速く楽に進んだような気がする。
パワーをいただいた効果?

61.JPG

やがて出口だが、
入口時は窮屈に感じたが、今は楽チン。

62.JPG

汗だくもすっかり冷えて、だが・・・

63.JPG

・・・うわっ、暑い!
この温度差はキツい。
冷え切ったカメラもたちまち結露!(×_×)
(ゆえに防水デジカメが相応しい)

64.JPG

行ってよかった~♪
約1時間の冒険に大満足 ヾ(^v^)k



その後は流しそば?や「洞窟カレー」を?
話の続きネタにどーぞ、オレは遠慮するが。

67.JPG

65.JPG

秘境のような山中だがアクセスは容易だ。
クルマでは高規格なR283の滝観洞ICから、
鉄道ではJR釜石線の上有住駅から至近だ。

体力自慢の子どもはもちろん、
少年オヤジも突撃してみては?(^^)


【おまけアーカイブ】



nice!(0)  コメント(0)