So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行・地域 ブログトップ
前の10件 | -

オレの神社!・・・日本橋七福神巡り [旅行・地域]

道路起点の日本橋を堪能した次は、
江戸の風情が息づく下町に福の神を訪ねる、
“ 日本橋七福神めぐり ” と信仰篤いオレ。

38.jpg

地下鉄人形町駅を中心とした、
約700m弱四方のエリアに、
七つの神社が点在し、
「日本一短い七福神めぐり」とも云われ、
起伏も無いので小一時間程度で巡れる。

47.JPG

室町時代に民間信仰として誕生した七福神。
それらを巡る風習が広まったのは江戸時代。
特に正月に巡れば「七難即滅、七福即生」、
の御利益があると人気を集めたようだ。
日本橋七福神は全て神社で構成されており、
商業中心地として発展してきた地域らしく、
7社のうち6社が商売繁盛に御利益がある、
稲荷神を祀っているのも特徴とか。

巡る順番は特に決まっていないとのことで、
なれば日本橋から近いところから攻めよう (^^)/


《その壱》 小網神社 福禄寿

48.JPG

この神社は厄除けで有名だが、
その理由は、社殿を含む建物全部が、
東京大空襲の戦災を免れたり、
第二次世界大戦の際、
この神社の御守を受け戦地に赴いた兵士が、
全員無事帰還したことなどから、
強運厄除の神様として崇められるようになったらしい。

49.JPG

境内の「銭洗いの井」で金銭を清め、
財布などに入れておくと財運を授かることから、
「東京銭洗い弁天」とも呼ばれている。
さっそく100円玉を種銭にすべくザバザバと。

50.JPG

また、銭洗い弁天と云えば、
昨年の鎌倉参拝を思い出す。
  → オレの神社!・・・銭洗弁財天 宇賀福神社

51.JPG

《その弐》 茶ノ木神社 布袋尊

これから何か始まるらしく、
物々しい支度準備中に、そそっと参拝。
小さな布袋尊の姿を見つけたぜよ。

53.JPG

ところで、界隈は地名らしく人形焼き店が目立つ。
そして翌日に控えた東京マラソンコースゆえに、
試走しているようなランナーの姿も多く目撃だ。

78.JPG

《その参》 水天宮 弁財天

55.JPG

大都会の神社らしくモダンな造りだ。

56.JPG

お腹の大きい婦人、
小さいお子さん連れの家族で賑わっており、
家族記念写真ラッシュで参拝し難かった。
(何組かの家族にオレも写っている (^_-)v )

57.JPG

弁財天の御朱印はちょっと手抜きなのでは・・・(-_-)
(他者の御朱印を見たことがあるので)

58.JPG

《その四》 松島神社 大黒神

床磨き清掃のお兄さんを横目に参拝。
その時、ふいに後ろから、
「田中さん?田中さんですか?」
と年配ご婦人に声を掛けられる・・・(^^;)
(集団からはぐれた人を探しているかの様子)

60.JPG

《その伍》 末廣神社 毘沙門天

61.JPG

上杉謙信も信仰した戦いの神 毘沙門天ゆえか、
渋い『勝守』と、スポーツの神様で有名な、
亀戸香取神社で見かけた、
同じデザインの『勝守』が気になった (^^;)

62.JPG

63.JPG

《その六》 笠間稲荷神社 寿老神

65.JPG

日本3大稲荷のひとつ、
茨城県・笠間稲荷神社の東京別社だ。
至るまで道を勘違いし、軽く彷徨った (>_<)

66.JPG


67.JPG

《その七》 椙森神社 恵比寿神

69.JPG

御朱印帳のページが少なくなってきたので、
ここの黒く渋い御朱印帳が欲しかったが、
「所用で外出中。1時半には戻ります。」と書置きが。
=留守ゆえに購入も御朱印も不可 (ノД`)

70.JPG

以上で日本橋七福神巡りは終了だが、
ここで近くに気になる神社があるので足を延ばす。

《 +α 》 福徳神社(芽吹稲荷)


ここも高く大きなビル群に囲まれて。

71.JPG

72.JPG

ここで珍しさにビビッ!ときた、
『芽吹き 旅守(たびまもり)』を購入。
五街道の起点、日本橋の守り神・芽吹稲荷に、
江戸時代の旅人は旅の安全を祈願したとのこと。
朝焼けの日本橋の絵柄が、これから始まる、
冒険の旅のゆくえを暗示しているかのようだ。

73.JPG

さっそくお供に取付けて v(^^)v

74.JPG

これで、寺社仏閣参拝キャリアにおいて、
初めての七福神巡りは気持ち好く終了だ。
このありがたい機会に感謝 <(_ _)>

75.JPG

ところで鬼のように歩き回るには、
やはりスポーツシューズが適している。
フィット感はもちろん、
雨や水溜まり等対策で底厚なこと、
最新トレンドの高吸収高反発素材がイイ。

77.JPG

コレはフッカフカ♪で宙に浮いている感じで、
気持ち良く足が前に出る。
  → adidas PureBOOST ZG
鬼のように歩き回れる秘密は足元にあった!
・・・なんて (^_-)

普段から情報収集して、健脚鍛えて、
常に備えてスタンバればチャンスあり!
いつかの次は直ぐそこにある。





nice!(1)  コメント(0) 

日本国道路元標を見た! [旅行・地域]

ここは東京都中央区日本橋。
の、日本橋。

38.jpg

必見のひとつは麒麟像で、
両端にある獅子像と共に設置された。
麒麟は当時の東京市の繁栄を、
獅子は守護を意味している。
麒麟の翼は日本の道路の起点である日本橋から、
その繁華街の繁栄とともに日本中に飛び立てるように、
という意味を込めてつけたとされる d(^^)

41.JPG

また、ゆえに(?)、ここは(!)、
東野圭吾の推理小説『麒麟の翼』の舞台でもある。
読んだぜ、加賀恭一郎シリーズ (^^)v

37.jpg

江戸時代にも雪の積もる間も無い程に、
人々の往来で賑わっていたらしい。
広重イイですなぁ~♪)

36.jpg


さて日本橋は江戸時代の五街道の起点であった。
それが明治以降も国道の起点として継承され、
昭和47年(1972年)、橋の道路中央部に、
真鍮板の道路元標が埋設された。
これを『日本国道路元標』と云う d(^^)

40.JPG

現在日本国道路元標を起点にしている国道は7本。
国道1号(東海道)、4号(奥州街道)、6号(水戸街道)、
14号(千葉街道・京葉道路)、15号(第一京浜)、
17号(中仙道)、20号(甲州街道)だ。
しかし日本橋がこんな複雑な交差点になっているわけではなく、
日本橋付近では複数の国道が重複している。
そこで一般的には、南向きに国道1号(15号、20号重複)、
北向きには国道4号(6号、14号、17号重複)
の起点となっている d(^^)

39.JPG

橋北側の隅は広場となっていて、
道路元標の複製と東京市道路元標がある。

42.JPG

ところで道路の案内標識で「東京○○km」、
という時の「東京」とは、
日本橋の日本国道路元標を起点にしている。
他の道府県ではそれぞれの県庁前までを基準としていて、
東京だけが特別な扱いになっている d(^^)

43.JPG

各都市への「里程標」はkmであるな。

44.JPG

45.JPG

大昔から、ちと気になっていた国道起点。
ようやく見学することができた (^。^)y-.。o○

46.JPG

地理好きなあなたも、ぜひご覧なされ (^.^)/~~~

道路は続くよ、どこまでも ♪


nice!(1)  コメント(2) 

オレの神社!・・・建勲神社(天童市) [旅行・地域]

現代に伝わる一般的な織田信長の肖像画。

21.jpg

しかしここ山形県天童市には、
宣教師が描いた=西洋技法で描かれた、
リアルな織田信長の肖像画が伝わっている。

18.JPG

そんな天童市は信長の次男信雄の家系の、
天童織田藩として明治を迎えたので、
信長を御祭神とする建勲(たけいさお)神社がある。
(ちなみに建勲神社は京都市にもある)

23.JPG

市内ど真ん中の小山北西の中腹に位置し、
山頂の舞鶴公園は人間将棋の会場で有名だ。


山裾からの狭い山道をクルマでは、
すれ違い、方向変換も厳しく、
駐車場も数台分しかなければ、
麓のどこかに駐めて王道の参道で。

24.JPG

25.JPG

上った中腹のここと、見える石段上に、
道路が横切っているが何れも1台分と狭い!

26.JPG

石段上りは好きだ。
一歩一歩軽い疲労感を感じつつ、
自分の足で聖なる地へ向かうことが。

27.JPG

28.JPG

手水も凍る寒さと冷たさ。

29.JPG

社殿内部にリアルな信長の肖像画がある。
入れるので他もいろいろと拝見。

30.JPG

その先見性と圧倒的な実行力で、
戦国時代を終息へ向かわせた信長は、
戦国最強武将として評価が高い。
このような肖像画が残っていることも、
先進性の表れと云えるのではなかろうか?
3英傑で次の秀吉も家康も無いもんね。

31.JPG

32.JPG

江戸時代の国学者 本居宣長が、
信長の勲功を称えた歌碑がある。

34.JPG

小さな社務所。

35.JPG

御朱印をいただきたいが、
数名の宮司たちはバタバタと行き来している。

36.JPG

何事が始まるようで全員そちらに。

39.JPG

御朱印は次回としよう。
将棋の町 天童らしい根付けだが、
他県での旅行者だったら買ったかも。

37.JPG

ところで何ごとかとコッソリ近寄ると、
正月飾りや御札を持ち寄っているようだ。

40.JPG

処分するのであろうし、その祈念か?
我らはさいず焼きで藁と一緒に燃やすのだが。

41.JPG

日本史に多大な影響を与えた、
信長の神社としては寂しいほどの規模だが、
その血は確かにこの天童市にて伝わっていた、
という歴史浪漫に浸れたのでヨシだ d(^^)

42.JPG

ここでも名峰月山を望む。

44.JPG

まずはさらば建勲神社!

45.JPG

上りよりも危険な下りを一歩一歩踏みしめて。

46.JPG

御朱印いただきに近日再参拝しま~す (^^)/
どんな字が書かれるのか?
『天下布武』?
それともストレートに『織田信長』?
考えるだけでも、ちょっと愉しい (^_-)

48.JPG

ところでスケーターの織田信成が子孫として有名だが、
その信憑性が疑われていたりするが、
オレはどーでもイイ (^_-)

17.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

オレの寺!若松寺(若松観音) [旅行・地域]

viva 絶景!素晴らしい (^^)/

62.JPG

ここは天童市東部山中の、
鈴立山 若松寺(れいりゅうざん じゃくしょうじ)

61.JPG

めでた めでたぁ~のぉ~♪
わかぁ~まぁあつさぁあまぁあぁよぉ~おぉ~♪
えぇだぁあぁもぉ~♪ チョイチョイ♪


山形県民ならば誰でも知っている、
花笠音頭の謡いだしの「若松様」とはこの寺を指す。

HPで、この時期クルマで来るには、
4WDでないと不可、との通り、
きつい坂道と凍った路面は厳しいが、
こんな時こそ愛車は問題ナッシン d(^^)


その日は日曜日で、
駐車場では地元消防団が何やら活動をドヤドヤと。
お疲れさまです <(_ _)>

63.JPG

ここは最上三十三観音札所の、
第一番に位置づけられているゆえか、
何となく参拝も気合いが入る (`へ´)フン!

60.JPG

縁結びの観音様として広く知れ渡っているので、
悪縁を切り、良縁を得るべく、いざ突進!

64.JPG

青空と澄み切った冬の冷気が気持ち良い。

65.JPG

66.JPG

観音堂は国指定重要文化財だ。

67.JPG

堂内で重要文化財の、
数々の絵や仏様を観てまわる。

68.JPG

69.JPG

観音堂北側には開けて眺望が良さそうだ。

72.JPG

73.JPG

ここが絶景ポイントで、
遠く雪冠は日本100名山の月山だ。
市街地は天童市北部。

74.JPG

鐘楼堂で鳴らしたい衝動に駆られる ( ̄∇ ̄)~

75.JPG

まずは「2人で鳴らせば結ばれる」の、
縁福大風鈴をオっさん独りでカ~ン♪と (-_-)

76.JPG

この時期、雪国には御法度の、
革靴の参拝者が滑って転んでいた。

77.JPG

78.JPG

本坊で御朱印をいただく。

79.JPG

80.JPG

晴天に恵まれて心地良い参拝となった。
ありがたや、ありがたや <(_ _)>

82.JPG

何もこんな広いところで、
クルマから降りたとたんに滑る位置に、
わざわざ駐めなくともよかろうが・・・(^0^;)アホ

83.JPG

下の古参道から上り、
奥の院まで廻るトレッキングコースも、
ラントレに良さそうだ d(^^)
(毎度ブレない思考やヨシ!)

84.JPG

しかし下りは滑りまくりで怖かった。
初めて横滑り警告灯をみた (^0^;)

85.JPG

今日の立会いパートナー機材
OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


nice!(0)  コメント(0) 

オレの寺!慈恩寺 [旅行・地域]

やっと寒河江市の慈恩寺へ参拝だ。

弥勒堂を中心として最上院、宝蔵院、
華厳院の3つの院と、それに属する17坊からなり、
一山そのものが一つの宗教世界を形成している。
かつてはこの密度は更に濃く48坊を数えたという。
歴史は古く、江戸時代には幕府の保護を受け、
平泉をも凌ぐ東北随一の巨刹を誇り、
寺領2800石超は奈良の東大寺以上であった。
しかし明治維新の廃仏毀釈により、
寺社領没収で一気に窮地に陥り衰退した。

そんな歴史とともに、
ここはちょっとした仏像ワールドなので期待大!
ついに行くぜ!ヽ(゜Д゜)ノ

71.JPG

場所はお馴染みR287沿いで、
JR左沢線の羽前高松駅の北方約1kmだ。


当日は大雪で、
判りにくい駐車場へのろのろと迷走・・・(>_<)

72.JPG

ますます激しく降る雪景色も風情あり。

73.JPG

雪害を避けるために、
各堂は白い幕で保護されている。

74.JPG

75.JPG

仏像はほとんどが国と県の重要文化財だ。
平安、鎌倉と時代が異なると、
仏像の作りも異なり、
比較で判りやすく知的好奇心をくすぐられる。

(仏像写真はパンフレット切出 以下同)
79.JPG

そんな貴重な仏像たちを、
目の前で触れられる程の近さで拝観できるは、
何とも贅沢なことで堪らない ヾ(^v^)k
次回の秘仏御開帳にも期待だ。
また八方睨みの龍、
天女等の天井絵等も素晴らしい。

80.JPG

さぁ次はいよいよ、薬師如来と、
日光・月光菩薩が安置されている薬師堂へ!

81.JPG

78.JPG

そして必見は護法神の十二神将!
高さ約60~70cmで躍動的な彫刻は、
全国的にも第一級で、
日本を代表し海外へも出陳されているらしい。

76.JPG

こちらも手を伸ばせば届く程の、
至近距離で拝観可 (゜o゜;
(触れたい欲求を抑えるのが難?( ̄∇ ̄)~)
まずは顔を近づけてじっくりと眺める ヾ(^v^)k
・・・大興奮のオヤジの鼻息で汚染される?
・・・はたまた荒い息で像が倒れる?
(こんな貴重な仏像なれば、
 他所ではガラスで隔離され、
 厳重に保護されていると思うが、ここは大らか?)

暗い堂内での照明のコントラストも素晴らしく、
説明員さんの話を聞きつつ、何度も再拝し、
ぐるぐると5周くらいしたかも (^_-)v
んが、堂内の床は冷たかった (×_×)

82.JPG

そんな興奮冷めやらぬ気持ちで鐘を鳴らす。
ゴ~ン!ご~ん!GOoooN!合掌。

84.JPG

85.JPG

雪の舞う三重塔も風情あり。

87.JPG

ゆっくりと眺めつつ、
一献( ^_^)/□☆□\(^_^ )・・・なんて。
実際はカメラの濡れが気になって (>_<)

88.JPG

同じく白い幕で隠された仁王門=山門で退出だ。

86.JPG

確かに周囲は坊=寺だらけだが、
その廃仏毀釈時に普通の農家へ転身したり、
或いは他所へ去り、空き地、農地となったり、
時の流れをうかがい知ることが出来る。

90.JPG

再び仏像たちを拝観したいし、
周囲もじっくりと観てみたいし、
次回は雪の無い季節に再訪を誓う。

91.JPG

説明員さんが、
「うちは檀家が無いんだよ~(=苦しい?)」
と仰るし、今日の気持ち良い参拝を記念して、
お布施代わりに御守、写真集を購入だ。
本堂にある「頭を入れると若返る」と伝えられる、
仏しょう鉢の御守も、もちろんGET d(^^)

92.JPG

以前よりここは気になってはいたが、
目の前のR287で幾度も通り過ごしていた。
いまさらながらのようやくだが、
特に十二神将には大満足。
ゆえに再訪を愉しみにする。

さらば慈恩寺、また来るよ (^^)/


nice!(0)  コメント(0) 

オレの城!石垣山一夜城 [旅行・地域]

豊臣秀吉による小田原征伐で、
天下統一=戦国時代の終焉。
その時の「小田原評定」なる言葉でも有名だ。

21.JPG

秀吉軍約20万人 vs 北条軍約8万。
このように大軍に囲まれては・・・。

22.JPG

その時の秀吉の本営として石垣積みの城が築かれ、
策略により一夜で築城したように見せかけたことから、
「太閤の一夜城」とも呼ばれた。
城の完成間近に周囲の木を切り倒し、
山中にあたかも突然に、
城が出現したかのように見せかけたようだ。

20.JPG

箱根駅伝旅行の至近なので行くしかあるまい d(^^)
  → 石垣山一夜城 (PDF)


23.JPG

駐車場から反時計回りにぐるりと散策だ。

51.JPG

入口でボランティアガイドらしい、
オジさんに声を掛けられたが、
案内時間が90分では長過ぎるので、
丁重にお断りをした <(_ _)>

25.JPG

26.JPG

27.JPG

公園として道も整備されてておりGood!

28.JPG

野面積みの石垣にいちいち気になる我ら。

29.JPG

400年の歴史ですなぁ~。

30.JPG

すれ違ったオバちゃんが、
「井戸曲輪良かったわよ~」
とお勧めするので突撃だ。

32.JPG

おおっ!素晴らしい規模に圧倒される!

33.JPG

谷地形になるところを塞ぎ止めるように、
周囲に石垣を積み、その底に作った井戸曲輪は、
淀殿の化粧井戸とも云われる。

34.JPG

その底の井戸・・・水はよく判らん。

35.JPG

倒れた木が見事な石垣を隠している (×_×)

36.JPG

さて合間から小田原城天守がチラリと望める。

38.JPG

北東先端の展望台へ。

39.JPG

確かに眼下に小田原城天守の先っぽが、
チラリと見えるがイマイチ (>_<)

40.JPG

西側は箱根駅伝コースのR1だ。

41.JPG

ほどなくトイレが現れる。

・・・じょんじょろじょ~♪
「徳川どのぉ、三河の領地と入替えて、
 北条の領地はそっくりと貴殿に与えようかの。
 広くなってよろしかろぉ~?」
・・・じょんじょろじょ~♪
「えー、マジすか!?」
・・・じょぉぉぉぉおおおおおおお~!

43.JPG

ここが有名な「関東の連れション」の舞台かも。

44.JPG

二の丸(馬場曲輪)から本丸(本城曲輪)へ。

45.JPG

46.JPG

この本丸物見台からの眺望が素晴らしい。

47.JPG

眼下の小田原市街、湘南の海岸線、
遠くは三浦、房総半島まで見渡せる。
また双眼鏡を使えば東京スカイツリーも見えるらしい。

48.JPG

小田原城を取り囲む20万の大軍の偉容は、
ざぞかし圧巻であったことであろう。

49.JPG

合戦説明板の横には、
プレート境界の説明板があった。

50.JPG

確かに北米プレートと、
フィリピン海プレートの境界に小田原市はある!
何となく凄い眺望だ (゜o゜; ううぅむっ。

18.jpg

さて小高い本丸天守台へ。
この辺で伊達政宗が秀吉に、
首をピシピシ♪と叩かれたのかな?
「(到着が)もう少し遅かったら、
 この首も繋がっていなかったであろうのぉ~」と。

53.JPG

裏手にも石垣が確認できる。

54.JPG

52.JPG

そう言われてもねぇ・・・(~_~;)

56.JPG

南曲輪を経て駐車場へ戻る時に、
ひとりの若い女の子とすれ違う。
「こんにちは[ハート]
「ういっし!」(鼻の穴が広がる)

57.JPG

これが世に云う “ 歴女 ”???

58.JPG

60.JPG

マダム一家と散策出来て満足ですた d(^^)~♪
ガチな歴史好き以外にも、
眺望を愉しめるので家族でもイイ城址公園だ。

もっと城の詳細に知りたい方はこちらを参照下され。

61.JPG

城址や古戦場を愉しむための、
妄想力が重要なスキルですな (^_-)ホホホ


nice!(0)  コメント(0) 

オレの神社!・・・箱根神社 [旅行・地域]

昨年は泣く泣く見送ったが、
今年こそは箱根神社へ参拝だ。
芦ノ湖湖面の鳥居が印象的 (^^)

06.JPG


05.JPG

その平和の鳥居には駐車場より、
一旦下るが健脚に不安無し!

07.JPG

08.JPG

オネーさんたちが自撮り棒でキャピキャピ♪ と。
横目にオッさんデレデレ (*^_^*)

09.JPG

さて上るか (^◇^;)

11.JPG

鬱蒼たる杉並木が背筋をシャンとさせるかも。

12.JPG

13.JPG

14.JPG

ハァハァハァ・・・(^◇^;)

15.JPG

16.JPG

23.JPG

やがて本殿にて参拝。
何となく縁結びに御利益があると思い込んでいるので、
何となく素敵な出会いが待っている♪
としばらくは妄想を愉しめるかも d( ̄∇ ̄)

18.JPG

20.JPG

19.JPG

安産杉を撫でたので何かあるかも・・・(*^_^*)
(ねーよ、これ以上)

22.JPG

しばらくして小雪が舞ってきた!

21.JPG

下りの石段もしっかりと踏みしめて、
気持ちの良い参道を味わう。

24.JPG

自然に抱かれた神社は心を浄化させてくれる。
「良い気」をいただき、パワーキープ!
今回も良き参拝でありました。謝々<(_ _)>

26.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

俺の城!氏からのお土産 [旅行・地域]

箱根旅行の時に俺の城!氏から頂いた、
数々のお土産の中のひとつ。
「はい、紙です」・・・と(^o^)

PC130061.JPG

各種地元で収集しただろう書籍やパンフレット類だ。

PC130062.JPG

写真、図が好きなんだよね~(^^)♪

PC130064.JPG

また、地元の研究家が作成したような書類も。

PC130065.JPG

このようなモノが本当に嬉しい。
ありがとう、俺の城!氏(^^)/
オレも収集に励むから。

しかし長篠へ行きてぇなぁ!




nice!(0)  コメント(0) 

オレの寺!・・・円通院 [旅行・地域]

ノーマークだったのでビックリした (゜o゜;
瑞巌寺の隣だったので、
ふと気紛れついでに足を向けたのだが・・・。

41.JPG

時期が当たったとは云え、
素晴らしい紅葉に彩られた庭園に感動 (ノД`)スバラスィ

59.JPG

それは臨済宗妙心寺派の円通院で、
伊達政宗の嫡孫(ちゃくそん)光宗の霊廟だ。


入口で「庭を楽しむ寺」と書かれていたような・・・。
そこで参拝してみようと思ったのだ。

42.JPG

43.JPG

山門をくぐると左手に縁結び観音があり、
参拝者が祈願した多くのこけしが目に飛び込んでくる。

44.JPG

そして直ぐさま庭園に目が奪われる。
むむっ!(゜-゜)

45.JPG

46.JPG

47.JPG

京都で観るような石庭にビビッ!と (ノД`)スバラスィ

48.JPG

49.JPG

東屋の丸窓も (ノД`)スバラスィ

51.JPG

52.JPG

撮影がワクワクと愉しくなる。
ことさらに勝負の愛機を忘れたことが恨めしいが (×_×)

53.JPG

54.JPG

紅葉トンネルの情緒・・・どうよ ヽ(゜Д゜)ノ

55.JPG

足元の緑の苔と落ち葉・・・どうだ ヽ(゜Д゜)ノ

56.JPG

そして光宗公の霊廟 三慧殿だ。

57.JPG

宮殿型厨子の意匠の豪華さよ (ノД`)スバラスィ

58.JPG

60.JPG

しかし周囲は、天から降ってくるような、
紅葉シャワーに圧倒される・・・(ノД`)スバラスィ

61.JPG

62.JPG

目を向ける全てが絵になり、
ため息がでる禅林 (ノД`)スバラスィ

63.JPG

64.JPG

寺には珍しいバラ園が。

66.JPG

そして本堂の大悲亭へ。

68.JPG

これは光宗公の江戸納涼の亭で、
愛息の早逝を悼んだ忠宗公が解体移築したものだ。
ゆえに「大悲」か。
ちなみに庭は小堀遠州作らしい

69.JPG

70.JPG

ここもため息ばかり・・・(ノД`)スバラスィ

71.JPG

本堂の隣では大勢の参拝者が数珠作り体験をしていた。

72.JPG

ただ「押すだけ」で絵になる。

73.JPG

74.JPG

陸奥国一之宮 鹽竈神社は龍穴パワースポットで有名、
松島と云えば国宝 瑞巌寺も有名だが、
この円通院には驚いた。
感性をくすぐる絵画の世界の連続なれば、
皆さまも是非参拝あれ (^^)/

75.JPG

ド・ストライクな時期に当たり、
素晴らしい世界を堪能させて頂いた。
もちろん晴天にも感謝だし、
この日の機会にも感謝の感動参拝だ <(_ _)>

76.JPG

今回ちょっと気になったこと。

山門前に御朱印受付があったので、
本来は参拝後に頂くが作法だが、
先にお願いをしようとしたところ、係員に、
「あ、参拝もするの?」
と聞かれて一瞬戸惑ってしまった。
参拝して頂くのが当たり前なのに (-_-)?
参拝をせず、スタンプラリーのように、
ただ御朱印を集める人がいるのかな?

78.JPG

もしかしてオレ様、
そんな風に見えた? ガーン。゜(゜´Д`゜)゜。。。


そういえば思い出した。
先日TVで御朱印のネットオークション転売の、
不謹慎なニュースを見たことを。
そのようなことをする不心得者が、
ただ集めまくっているのかも。
ここにも出没するのかな?・・・(-.-#)


nice!(0)  コメント(0) 

オレの寺!・・・瑞巌寺 [旅行・地域]

ついに参上!松島の国宝 瑞巌寺
戦国の名将 伊達政宗のゆかりの寺だ。
松島には幾度も来たれど、実はお初訪問なのだ。

26.JPG


瑞巌寺は平成の大修理がH20年からH30年と、
10年以上続く真っ只中だが、
この4月に国宝の本堂の修理が終了し、公開となった。
所用で当地訪問なれば、ついで観光は必須!


いざ突撃~!ハァハァハァ (^_-)

27.JPG

土産物屋の先の総門=山門は小振りだ。

28.JPG

鎌倉でも多く観た洞窟遺跡群が圧巻だ。

29.JPG

30.JPG

31.JPG

その先には鉄道殉職者慰霊碑が。

32.JPG

参道は発掘調査中らしく、物々しい。

33.JPG

湾内が望める参道を、いつか歩く日もあろう。

34.JPG

見事な紅葉を従えての延命地蔵。

35.JPG

さて拝観券を自動発券機で購入。

36.JPG

平日だが参拝者が多いは、
さすが日本三景=日本を代表する観光地。

37.JPG

修理中の中門の先が国宝の本堂だ。

38.JPG

素っ気ない外観だが・・・(^0^;)

39.JPG

右手には政宗が朝鮮の役時に、
当地より持ち帰ったと伝わる臥竜梅が。

40.JPG

さて本堂。
桃山建築を代表する重厚な建物と、
400年前に東北にもたらされた障壁画、
彫刻などの桃山美術が見ものだ。


う~む、文化人のハートを熱くさせましたな (^^)v

41.JPG

あれだけドヤドヤとしていたが、
団体様一行は波がひくが如く静かに。

42.JPG

次も国宝の庫裏へ。

43.JPG

修学旅行の中学生がわざわざ立ち上がり、
こんちは! こんにちは。
と元気と恐る恐るに挨拶をするので、
反射的に「おう!こんにちは!」と返す。
素朴で新鮮だ。
「キミたち、どっから来たんだい?」
「俺は山形県だ。同じ東北人ヨロシク!」

44.JPG

この重厚感が国宝ですかの。

45.JPG

46.JPG

次は青龍殿(宝物館)だがイマイチだったかも。
チャチイ外観でも甲冑と刀が溢れる、
鹽竈神社博物館の方が良かった (-_-)

47.JPG

玄関にあった瑞巌寺の瓦と、
3.11復興活動で納められた登龍の彫刻。

48.JPG

青空と荘厳な空気を感じ、御朱印を頂き退散だ。

49.JPG

んでまた買っちまった御朱印帳・・・(^0^;)

50.JPG

政宗が建立した五大堂も瑞巌寺の一部で、
松島のシンボルなれば行かずばなるまい。

51.JPG

入口の土産物屋で、帰りに中学生に混じり、
政宗ピンバッジを買ったは少年オヤジの面目躍如!

52.JPG

さて五大堂へ。

53.JPG

この透橋(すかしばし)は、
現在は縦板が2枚敷かれているが、そもそもは無く、
はしご状に海面が透け透けだったとのこと。
ゆえに恐怖から腰を抜かした人も多かったとか・・・。

54.JPG

55.JPG

酔っ払いオヤジ団体の、
下ネタ話を聞きながら真摯に参拝 <(_ _)>

56.JPG

晴天に恵まれて気持ち良く過ごせたに感謝。
全修理が完了したH30年以降にまた来るかもね (^^)

57.JPG

58.JPG

PS.
よもやま話 壱

さて伊達政宗は遺骨が発掘されたことから、
復元容貌像が作られており、
身長や体つきだけではなく、
顔の様子や血液型までが詳しく特定されている。
我らのイメージはコレだが・・・。

60.jpg

政宗は身長159.4cmと当時の平均で、
体は比較的がっちりしていて骨太、筋肉質、
血液型はB型で、目鼻立ちがしっかりした、
少し面長の貴族のような顔だったらしい。
・・・う~む、歴史の if ですな (^。^)y-゜゜゜

25.jpg

よもやま話 弐

政宗の甲冑は、あのスター・ウォーズ の、
ダース・ベイダーモデルになったらしいは有名な話。
・・・う~む、400年後に通じるセンスに乾杯!

24.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 旅行・地域 ブログトップ