So-net無料ブログ作成

女子マラソンレジェンド [ランニング]

その記事作りで見つけたので、
ついでに女子マラソン伝説をまとめてみた。

オリンピックでは、
有森裕子が1992年バルセロナ大会で銀メダル、
続く1996年アトランタ大会で銅メダルを獲得。
高橋尚子が2000年シドニー大会で金メダル。
野口みずきが2004年アテネ大会で金メダル。



世界陸上では、
浅利純子が1993年シュツットガルト大会で金メダル。
鈴木博美が1997年アテネ大会で金メダル。



1980年代の男子に続いて、
1990年代から2000年代前半まで、
観る者を熱狂させた女子マラソン界。



男女とも現在は・・・再狂乱させてほすいのぉ。


nice!(0)  コメント(0) 

『高橋尚子 金メダルへの絆』 [読書]

オリンピック女子マラソン
否、女子陸上日本初の金メダル!
やったぜ高橋尚子 (^^)v

P3280002.JPG

古本の山から、いの一番に猛読。
もう17年前の話が懐かしく一気読み。
いまさらの裏舞台、秘話が愉しい。
そのQちゃん、現役引退後は、
何やってんだろ~な~、と (^^;)







しかし、あの前後約5年が、
他にも強い選手を輩出した、
日本女子マラソン界の黄金期。
ちなみに男子は1980年代。
現在の男女ともガンバってほすい (-_-)


高橋尚子 金メダルへの絆

高橋尚子 金メダルへの絆

  • 作者: 小出 義雄
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 単行本




nice!(0)  コメント(0) 

『TRUST!-蒼空のたすき-』 [読書]

春休み親子読書選定書。

P3260003.JPG

昭和の香り漂う熱血スポ根漫画。
裏切りませんな (*^_^*)
そのクライマックスの箱根駅伝予選会だが、
本戦とは異なる厳しい闘いに手に汗を握る。


ストーリーも、いよいよここから、
というところでわずか3巻で終了とは・・・。
なぜだ!?
惜しい (ノД`);;;


TRUST!-蒼空のたすき- : 1 TRUST!ー蒼空のたすきー (アクションコミックス)

TRUST!-蒼空のたすき- : 1 TRUST!ー蒼空のたすきー (アクションコミックス)

  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2014/05/28
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

古本大人買い 2017年3月 [読書]

その日は大雪の中、
3号の部活送迎で米沢市だが、
待つ間に古本屋で搾り取られる。

76.JPG

ほんどが108円と200円で、
全部で約3000円。
1回呑み会へ行ったと思えば、
非常に健康的でコスパ良し。
新刊を買うのと、古本を買うのでは、
同じ本でも意識が違うと感じるは、
攻撃的な物色を愉しんでいるのだろう。

77.JPG

どれも面白そうで読み切れないが、
時に色褪せない小説は後でイイか。
本に埋もれて暮らしているぜ v(*^_^*)v


超高速! 参勤交代 (講談社文庫)

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)

  • 作者: 土橋 章宏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/04/15
  • メディア: 文庫



幕末まらそん侍 (ハルキ文庫)

幕末まらそん侍 (ハルキ文庫)

  • 作者: 土橋 章宏
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2015/06/13
  • メディア: 文庫



三国志 孔明死せず (集英社文庫)

三国志 孔明死せず (集英社文庫)

  • 作者: 伴野 朗
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

戦闘シューズたちの棲み分け&住処 [ランニング]

今シーズンの野望達成のための、
各々のシューズたちの棲み分け。

ダイエットやLSDなどチンタラと、
とにかく靴底を減らすトレーニングには、
復活の NIKEFREE 3.0 と、
刺激与えの NEW BALANCE MT00 を。

それなりのスピード系、
レースを意識したトレーニングには、
adizero boost Japan を。

その両方には On Cloud を。

71.JPG

ゆえに玄関下駄箱に置ききれず、
外の風除エリアにじゃじゃ~ん♪と置くことに。
これで戦闘準備完了!(^^ゞ

72.JPG

夏の蜘蛛の巣攻撃がどうなるか・・・(^^;)

73.JPG

あ、On Cloud のゴム紐はやはり緩くてNG。
ガチで走るならば、まともな紐でないとイカン。

んで実はこの他にガチレース用として、
adiZERO japan BOOST 2 ※が控えている。

ふふ、後はオレの準備だけサ (^_-)☆


※どーでもイイ情報:
 boostシリーズが発売された初代時は、
 『アディゼロ ブースト ジャパン』であったが、
 2代目になると、
 『アディゼロ ジャパン ブースト 2 』、
 と表記が変わり、以後『3』、他シリーズもそれに。
 ホント、どーでもイイぜ ~(^^)~


nice!(0)  コメント(0) 

最近の雑誌2017年3月 [読書]

いつもは『陸上競技マガジン』だが、
今月はあの日を彷彿させるキプサングの表紙と、
付録が充実のライバル誌をだ。

86.JPG

普通に売られてもおかしくない、
『記録年鑑2016』が素晴らしかった。
そして親子3人のコミュニケーションアイテム!(?)


陸上競技 2017年 04 月号 [雑誌]

陸上競技 2017年 04 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/14
  • メディア: 雑誌


そしてオレのモチベーション維持に、
いつもは『ランニングマガジン・クリール』だが、
その書店に無かったことと、
サブ3.5等の記事に惹かれて・・・(*^_^*)

87.JPG


ランナーズ 2017年 05 月号 [雑誌]

ランナーズ 2017年 05 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アールビーズ
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: 雑誌


そしてカメラ趣味の一冊。

88.JPG

この東京ゲートブリッジの写真を、
家でじっくりと観たい、と思ったので。
1号と夜ドライブしたことが懐かしい d(^^)♪

89.JPG


デジタルカメラマガジン2017年3月号

デジタルカメラマガジン2017年3月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2017/02/20
  • メディア: 雑誌


んで鉄道趣味と土木建築好きの一冊!

90.JPG

2030年は13年後だが、
そんな全国各地の未来予想は、
あっという間に現実になろう。
ふと、我が哀愁の米坂線は存続大丈夫か?
と衰退する地方のローカル線にも思いは及ぶ。

・・・観たければ今!
・・・撮りたければ今!
・・・乗りたければ今!


2030年日本の鉄道 未来予想図 (洋泉社MOOK)

2030年日本の鉄道 未来予想図 (洋泉社MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/02/16
  • メディア: ムック



nice!(0)  コメント(0) 

シーズン開幕・・・長井ロードレース大会2017 [子どもの陸上・ランニング]

3/19(日)は長井市でロードレース大会が開催され、
越冬から春を告げるシーズン開幕だ。

61.JPG

3号は米工高のジャーマネとして、
4号は中学生3kmの部を選手として参加だ。

62.JPG

中学生3km女子の部の次に男子の部。

63.JPG

4号の先輩が積極的に前で戦う。

64.JPG

その4号は第2列で追いかける。

65.JPG

折り返してゴールまで200m、
先輩は見事に競り勝ち4位と好成績だ。

66.JPG

4号は全体で20位、1年生では7位か。
山形、東置賜、米沢の選手は強い。

67.JPG

68.JPG

高校生一般の部10kmでは、
元旦のニューイヤー駅伝に出場した、
南陽市のNDソフトの選手も走る。
猛者はスタートダッシュの迫力が違う!

70.JPG

1周5kmを2周で10kmだが、さすがの走りだ (^^)

71.JPG

そーいえば今年の箱根駅伝の最終10区で、
参考記録扱いの関東学連選抜の選手が、
幻の区間賞の記録を立てた。
確かその選手がNDソフトに入社すると聞いたような・・・?

72.JPG

ごの後も続々とランナーが爆走してくる。
米工高の選手たちも好走でゴール!

74.JPG

75.JPG

いよいよシーズン開幕。
ヤツらを追いかけられるだけ追いかけよう d(^^)

76.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

1号の大学卒業式・・・大きな玉ねぎの下で [子どものイベント]

【爆風スランプ】 『大きな玉ねぎの下で』

およそ25年前にカラオケで、
よく熱唱していた懐かしい曲。
ズキンと切ない歌詞に、
あの頃のピュアな思い出たちが溢れ出す。


だからか、そこへゆくと、
脳内では自然とミュージックが流れ出す。

九段下の~駅を降りて~坂道を~♪

61.JPG

人の流れ~追い越してゆ~けば~♪

62.JPG

黄昏時~雲は赤く~焼け落ちて~♪
屋根の上に~光る玉ねぎ~♪

63.JPG

3/17(金)は1号の大学卒業式で、
会場は九段下駅より徒歩5分の日本武道館だ。
6年前の入学式もここで挙行の予定であったが、
3.11の混乱の最中ゆえに中止となり残念であった。


はっきりさせよう、オレの正直な気持ち。
1号の卒業式 ≦ 日本武道館訪問 (^_-)

65.JPG

人出多しと記念撮影でメチャ混み (>_<)

66.JPG

67.JPG

卒業生は約2300人。
つーことは保護者も1~1.5倍か。

68.JPG

当時の記憶は朧気な約30年ぶり2回目の入館だ。

69.JPG

続々と入場する生徒と保護者の波!

70.JPG

71.JPG

72.JPG

一応自分も端くれだったゆえか、
「技術者」という言葉が好きだ。
モノ作り、しくみ作りは創造的に・・・
・・・名前の一文字はそんな意味を込めて。

73.JPG

93.JPG

時間になり、いよいよ開式。
まず始めに校歌斉唱。

74.JPG

日輪は 天にかがやき
白雲は 富士に沸きたつ
朋がらよ 眉あげよ
大いなる 歴史のなかで
われら新しい 真理を創る
東京電大 われらが母校
ああ讃えん哉
その伝統

天体は いよよ近づき 
めぐる四季 時間は早し
朋がらよ 夢もてよ  
大いなる 時空をめざし
われら新しい 文化を創る
東京電大 われらが母校
ああ燦然たり
その未来


う~む、校歌ってイイな d(^^)
(オレは母校たちは憶えていないが、
 池田常総学院は歌える ♪)

75.JPG

77.JPG

技術系ゆえに女生徒は少ない。

78.JPG

が、主席?のような代表、
表彰を受ける女生徒が多いことに驚く。

79.JPG

80.JPG

スマホをいじっている様子が、
上から、よ~く見える・・・コラ!(--#)

81.JPG

卒業生謝辞で約1時間弱の式典は終了だ。

83.JPG

教授、先生方らの退場の演出が粋だ。
自分が受け持った学部の中を通るのだ。


終わったかと思うと、応援団の登場!
後輩による先輩方へのエール ヽ(゜Д゜)ノ

84.JPG


決して、そのような大学でないのに、
青春ですな、お疲れさま!
悪くなかったよ、ありがとう (^_-)☆

86.JPG

就職先が決まり、引越しも済ませたが、
実は「卒業」は確定しておらず、
発表の3/2まで不安な日々であった。
後先逆ゆえに、もし不可ならば・・・、
大変なことであった・・・はーっ(-_-)

ゆえに晴れて迎えられた、
この日が大変嬉しい ヾ(^v^)k
長かった6年間を何とか無事に卒業で安堵だ。
様々に感謝の念は絶えない <(_ _)>

87.JPG

さて会場の外では校名入り=記念の饅頭や、
チロルチョコ、タオル等が販売されていた。
しっかりと稼いでいますね (^^;)

88.JPG

この後、学生たちは各会場へ移動し、
自分の学位記を受取るらしく、保護者参加は不可。
終了は16時頃らしいので、
合流のそれまではひとり彷徨うことに。

89.JPG

あの頃の自分の思い出と、
子どもの卒業に対して、会場の日本武道館では、
様々な感情が交錯した不思議な時間であった。
まずはありがとう、屋根の上の玉ねぎ (^^)/

90.JPG

九段下の~駅へ向かう~人の波~♪
僕はひとり~涙を浮か~べて~♪

91.JPG

千鳥ヶ淵~月の水面~振り向けば~♪

94.JPG

済んだ空に~光る玉ねぎ~♪
らららら~らららら~ららららら~♪

92.JPG

そして、これまた粋な九段下駅※発車メロディ ♪
(注※:東西線のみ???)
やるな、東京メトロ d(^^)


1号、卒業おめでとう!
そして、大きな玉ねぎの下の日本武道館へ、
連れて来てくれてありがとう (^^)/~


本編はこちら → 1号の卒業式で再び東京へ


nice!(0)  コメント(0) 

On ランニングシューズ Cloud [ランニング]

ソールが減り疲れたトレーニング用のadizeroの代替品は、
お初となるスイスのメーカーのシューズを。
 → ON




そこでベーシックそうなモデルのCloud を。

21.JPG

22.JPG

23.JPG

普段履きと異なり、
トレーニング用には少々派手な色がイイっしょ (^^)v

24.JPG

25.JPG

この抜き穴がコア技術のCloudTecとのこと。
しかし小石などが入りそう・・・(^0^;)

26.JPG

27.JPG

28.JPG

紐がノーマルではゴムなことは如何なものか・・・?

30.JPG

履く脱ぐは容易だがそれなりのランニングではどうか?

33.JPG

一応標準で普通の紐も付いてくるので、
試して決めればよろしいかと (^^)

32.JPG

疲れたadizeroからバトンを受けて頼むぜ「On」!

34.JPG

復活のNikefree3.0も参加し、
用途に応じて揃いも揃ったシューズたち。
これで「波乱」の今シーズンを乗り切る予定だ d(^^)
頼むぜ、お前たち!

35.JPG

ところでこのOnシューズだが、
デザインもカッコイイのでタウンユースでもイイかも。
これとか・・・

81bK2iRiBfL._UL1500_.jpg

こんなとか・・・

8123ztpt-EL._UL1500_.jpg

あの時、東京のショップで試し履きしまくって、
その時に無い好みの色は後日ポチリ♪と滑り込み確保。
( ̄∇ ̄)ふぁっふぁっはっはっは♪( ̄∇ ̄)

・・・そしてオレはどこへ行く?


[オン] On ランニングシューズ Cloud Men's

[オン] On ランニングシューズ Cloud Men's

  • 出版社/メーカー: On(オン)
  • メディア: ウェア&シューズ



nice!(0)  コメント(0) 

キクニの旅ラン ― 走りたおすぜJAPAN!! [読書]

高橋尚子さんがほめてくれた!!

知らない土地へ出かけ、
いろんな景色や名産品を楽しみ、
様々な人との出会いが生まれます。
たかが走ること、されど走ること。
走ることで世界が広がり、
より深い新しい発見がきっとあります。
皆さんも是非その楽しさを味わってみて欲しいと思います。
『キクニの旅ラン』オススメです!!

98.JPG

走って旅した、コミックエッセイ。
時速8km/hでこそ見える世界は小さな冒険かも。
そんな楽しみを教えてくれた350ページのコミックだ。

97.JPG

既にオレも旅ランは実践しているが、
改めて他人の体験談でも、
共感部分が多くて読むことが愉しい。

続刊が無いようなので寂しいのぉ~(ノД`)


キクニの旅ラン―走りたおすぜJAPAN!

キクニの旅ラン―走りたおすぜJAPAN!

  • 作者: 喜国 雅彦
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/03
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)