So-net無料ブログ作成

フォーサーズ乱舞(4)LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. [パソコン・AV・カメラ]

いつもわくわくの開封の儀!

51.JPG

宣言通りに初のライカレンズだ。
  → LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.
35mm換算で30mmの焦点だ。
(ちなみに本家本元の製品は、
 軽自動車が買えてしまう価格・・・(^0^;))

52.JPG

さて、そわそわと♪

53.JPG

54.JPG

55.JPG

しっかりと “ Leica ” と ヾ(^v^)k

56.JPG

純正フードはイマイチかも・・・(T^T)?

57.JPG

大柄ボディのGX8へ装着。

58.JPG

小柄なE-PL7へも。

59.JPG

まぁ、悪くないわな d(^^)

60.JPG

さて、この距離で使っていたオリ製は、
  → M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
と34mm(35mm換算)だったので、
①もう少し広いこと
②この域の望遠ズームはオリ製なので、
 単焦点は味が異なるライカとしてみては
と交換してみたのであったのだったん ~(^^)~

62.JPG

街中スナップが愉しそうだが、
外は大荒れの雪国田舎では、
まだまだ萎える↓
春を待とう ヽ(゜Д゜)ノ





nice!(0)  コメント(0) 

THULEのBackpack [アウトドア・工作]

す~りぃ~(THULE)のブランドイメージはイイね!

94.JPG

んでバックパック買った。
  → Crossover 32L Backpack
ファスナーの青アクセントが若々しくてGood!

95.JPG

その上部のSafeZoneには、
壊れやすいスマホやメガネを。
(メガネはたいてい老眼鏡 (ToT);;;)

96.JPG

ノートPCやタブレットPC入れも充実で、
そこにはサイドからアクセス出来るが便利だ。
また旅先のパンフレットやカタログ等、
A4サイズの書類が余裕で収まるが嬉しい。
もちろん地図や御朱印帳も ヾ(^v^)k

97.JPG

THULEの中にはいつも御朱印帳が!
思わず微笑だ~ ( ̄∇ ̄)~ホホホホ♪

98.JPG


そんな “ ときめく ” バッグパックで、
全国の寺社仏閣を放浪中。
明日はふらりとあなたの街へ (^^)イヨ~♪

99.JPG


[スーリー] THULE THULE Crossover 32L Backpack

[スーリー] THULE THULE Crossover 32L Backpack

  • 出版社/メーカー: THULE
  • メディア: ウェア&シューズ



nice!(0)  コメント(0) 

フォーサーズ乱舞(3)さよならα6000 こんにちはGX8 [パソコン・AV・カメラ]

連写性能に惹かれてのα6000は、
4号の運動会等で大活躍してくれたが、
最近は出動頻度が少なくなっていたので、
思い切ってレンズ等も売却することにした。

11.jpg

得た資金はフォーサーズレンズの充実化に当てようと。
今までありがとう!α6000 (^^)/

12.jpg

そんな連写の穴はE-M1でも大丈夫だが、
最近気になるは4Kフォト
お馴染みPanasonicの技術だが、
Panasonicもフォーサーズ機オリ機と互換有り。

25.jpg

そこで先日見つけた現行機の、
防塵・防滴ボディの中古品。
  → Panasonic Lumix GX8

21.jpg

高品位でクラシカルな雰囲気もGood!

22.jpg

α6000よりも大柄なボディだが、
オレの手は大きいので扱いやすかろう。

27.jpg

大口径レンズも大柄なので、
バランスも悪くなかろう。

28.jpg

Pnasonicは、あの “ ライカ ” レンズがあるので、
物欲魂にさらに火が付く、つーか油を注ぐ?
まずはおいおいと今後の物色を愉しもう (^_-)

29.jpg

ところでGX8のオリジナルストラップがイマイチだったので、
お気に入りメーカーのものを。
  → 203カメラストラップ
α7Rにはこのメーカーの革製品としているが、
GX8は雨の中での使用頻度が多いと思い布製を。
  → 5 Rib Webbing Camera Strap 3cm幅
箔押しサービスして貰ったぜ=世界でひとつ品~♪    

24.jpg

・・・ということで、さらにレンズ沼を彷徨うことに (^_-)☆


nice!(0)  コメント(0) 

ときめきの本棚断捨離 [読書]

こんな調子なので溜まる一方の本棚だ。

31.JPG

では恒例の断捨離を開始。
何れの本も愛着を感じるが、その基準は、
ときめくもの=“ ときめく本 ” を残す。

32.JPG

初回はこんな量だ。
決して不用、つまらないというわけではない。
あくまで “ ときめくか ” と。

33.JPG

そして一週間かけてチマチマと選択したが、
ガツン!と割り切れば、
ドドッ!と堰を切る勢いの瞬間を感じる。
あの命の『真田もの』さえも!

34.JPG

もっとイケそうなので、もうしばらく、
あいや、しばらく~と断捨離を愉しむ。

ときめくものに囲まれて過ごしなさい。

つくづく良い教えだと思う (^^)


nice!(0)  コメント(0) 

ブレないラーメン二郎仙台店 [たべもの]

所用で仙台市へ行ったついでに、
久々にラーメン二郎 仙台店へ。
全店でもトップクラスのクオリティーにパブロフの犬!

41.jpg

690円の小ラーメンを麺半分でオーダー。
そしていつもどおりに野菜も半分だが、
それでも他の一般ラーメン店と同じ、
というか最近の小洒落た店よりも多いくらい。
(オッさんにはこのくらいでちょうど好い)

美味かったネ!
ブレない、変わらないネ!
今日も大満足だネ!

42.jpg

ところで長年首都圏店も巡っているが、
キャアリ「初めて」のこと。

その日は平日。
11:30開店前の40分前から並び順番は6人目。
(ちなみに開店時には約30人の行列)
初のファーストロット(8人=8杯)で「麺半分」ゆえに、
オレの前の5人目の「カタカタ」に続き出てきた。
必然的に最初に食べ終わり、初めて1番で店を出た。
うむ、ラーメン二郎で初めての経験 (`へ´)フンッ!

それがどーした的な小さな「初めて」が、
オッさんの老化・硬化が進む脳に刺激だ。
平日の若者・学生たちに混じり、
少しは若返ったかな?(^_-)

あー美味かった!満足ヾ(^v^)k
また食べてぇ~♪



nice!(0)  コメント(0) 

初期の江戸城は強力な要塞だった! [歴史・時代・戦国もの]

おおっ! 歴史浪漫たまんね~(*^_^*)[ハート]

61.JPG

今まで家康が築いた江戸初期の様子は謎だったようだが、
貴重な資料が松江市で発見されたとのこと。
 → 初期の江戸城は堅守の要塞 最古級の絵図発見

62.JPG

現在の地図と比べて位置そのものは当たり前か (^_-)

64.JPG

大天守と二つの小天守をつないだ、
姫路城のような連立式だったとは!(゜-゜)
また敵の侵入を防ぐ「外枡形」が連続するは、
熊本城のように強力な要塞機能であったことが判る。
当時は豊臣家の存在がやはり脅威であり、
攻められても耐えうる実戦重視の考えがぷんぷん♪

63.JPG

松江市にまだまだお宝が眠っているかも。
 → 松江歴史館の最古級 真田丸に続く「お宝」発見 「諸国城図」74枚、広がる期待

あ~たまんね~(*^_^*)[ハート](*^_^*)[ハート](*^_^*)[ハート]


nice!(0)  コメント(0) 

フォーサーズ乱舞(2)M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO [パソコン・AV・カメラ]

非電化路線の魅力=哀愁の米坂線 (^^)v

01.jpg

02.jpg

動体ゆえに速いシャッターを切るべく、
明るいレンズは必須だ。
このような構図で撮るには、
一般的に70-200mmの望遠レンズだ。

03.JPG

EOSの70-200mm F2.8を売っ払って以来、
SONYとマイクロフォーサーズ陣営となってからは、
当該代替レンズを持っていなかったが、
この度めでたく満を持してGET!

10.jpg

 → M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
 → M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

発売当初は使用頻度と資金難で、
涎をふきふき♪しつつ我慢していたが、
そろそろ中古が多く出回り価格もこなれてきたので、
オークションで渾身のクリック!

11.JPG

35mm換算で80-300mmで、
1.4倍テレコンバーター装着では、
112-420mmとなり十分な望遠域を確保。

12.JPG

フードは、びよ~ん♪とレンズに沿い移動するので、
保管、持出し時も便利であろう。

15.JPG

16.JPG

マイクロフォーサーズでは大きい部類に入るが、
フルサイズ品に比べれば可愛いもので、
これが大きなアドバンテージ d(^^)

17.JPG

昔EOSと70-200mm F2.8で撮った懐かしい絵。

04.jpg

06.JPG

これでオリンパス大三元のふたつが揃ったが、
残りの広角7-14mmは現在購入予定は無し。

18.JPG

レンズ沼は広く、
現在は他の単焦点に食指が伸びているが、
沼は同時に深くもあるので先は判らんなぁ~♪

まずは所有感で満足。
それは「たぬきの置物」と同じ感覚か・・・(^_-)☆


※ 過去リンク集はフォーサーズ乱舞(1)で!

nice!(0)  コメント(0) 

憧れのメガ・シティーマラソン大会 [ランニング(大会・遠征ラン)]

とあるスポーツショップのフリーペーパー。
(また原監督出てやがんなぁ~(^^) )

51.JPG

いよいよ月末は東京マラソンか。
新コースとなり走りたかったのぉ (T^T)

52.JPG

その前の週は京都マラソンか。
10年以上前だが5日間レンタサイクルで、
寺社巡りで隅々まで走りまくったので、
だいたい地理は憶えている。
コースはキツそうだが世界遺産の街では愉しそうだ。

53.JPG

同じくフルの大阪横浜マラソンも魅力だ。
それはたかぎなおこの著書で紹介されているので、
普段山の中で生息なればメガ・シティーの大会は憧れる。

55.JPG

いつかは判らんその日に備えて、
クソ寒い雪国で今日も、
トンネルランで修行しておくわさ (^_-)


56.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

オレの神社!・・・建勲神社(天童市) [旅行・地域]

現代に伝わる一般的な織田信長の肖像画。

21.jpg

しかしここ山形県天童市には、
宣教師が描いた=西洋技法で描かれた、
リアルな織田信長の肖像画が伝わっている。

18.JPG

そんな天童市は信長の次男信雄の家系の、
天童織田藩として明治を迎えたので、
信長を御祭神とする建勲(たけいさお)神社がある。
(ちなみに建勲神社は京都市にもある)

23.JPG

市内ど真ん中の小山北西の中腹に位置し、
山頂の舞鶴公園は人間将棋の会場で有名だ。


山裾からの狭い山道をクルマでは、
すれ違い、方向変換も厳しく、
駐車場も数台分しかなければ、
麓のどこかに駐めて王道の参道で。

24.JPG

25.JPG

上った中腹のここと、見える石段上に、
道路が横切っているが何れも1台分と狭い!

26.JPG

石段上りは好きだ。
一歩一歩軽い疲労感を感じつつ、
自分の足で聖なる地へ向かうことが。

27.JPG

28.JPG

手水も凍る寒さと冷たさ。

29.JPG

社殿内部にリアルな信長の肖像画がある。
入れるので他もいろいろと拝見。

30.JPG

その先見性と圧倒的な実行力で、
戦国時代を終息へ向かわせた信長は、
戦国最強武将として評価が高い。
このような肖像画が残っていることも、
先進性の表れと云えるのではなかろうか?
3英傑で次の秀吉も家康も無いもんね。

31.JPG

32.JPG

江戸時代の国学者 本居宣長が、
信長の勲功を称えた歌碑がある。

34.JPG

小さな社務所。

35.JPG

御朱印をいただきたいが、
数名の宮司たちはバタバタと行き来している。

36.JPG

何事が始まるようで全員そちらに。

39.JPG

御朱印は次回としよう。
将棋の町 天童らしい根付けだが、
他県での旅行者だったら買ったかも。

37.JPG

ところで何ごとかとコッソリ近寄ると、
正月飾りや御札を持ち寄っているようだ。

40.JPG

処分するのであろうし、その祈念か?
我らはさいず焼きで藁と一緒に燃やすのだが。

41.JPG

日本史に多大な影響を与えた、
信長の神社としては寂しいほどの規模だが、
その血は確かにこの天童市にて伝わっていた、
という歴史浪漫に浸れたのでヨシだ d(^^)

42.JPG

ここでも名峰月山を望む。

44.JPG

まずはさらば建勲神社!

45.JPG

上りよりも危険な下りを一歩一歩踏みしめて。

46.JPG

御朱印いただきに近日再参拝しま~す (^^)/
どんな字が書かれるのか?
『天下布武』?
それともストレートに『織田信長』?
考えるだけでも、ちょっと愉しい (^_-)

48.JPG

ところでスケーターの織田信成が子孫として有名だが、
その信憑性が疑われていたりするが、
オレはどーでもイイ (^_-)

17.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

オレの寺!若松寺(若松観音) [旅行・地域]

viva 絶景!素晴らしい (^^)/

62.JPG

ここは天童市東部山中の、
鈴立山 若松寺(れいりゅうざん じゃくしょうじ)

61.JPG

めでた めでたぁ~のぉ~♪
わかぁ~まぁあつさぁあまぁあぁよぉ~おぉ~♪
えぇだぁあぁもぉ~♪ チョイチョイ♪


山形県民ならば誰でも知っている、
花笠音頭の謡いだしの「若松様」とはこの寺を指す。

HPで、この時期クルマで来るには、
4WDでないと不可、との通り、
きつい坂道と凍った路面は厳しいが、
こんな時こそ愛車は問題ナッシン d(^^)


その日は日曜日で、
駐車場では地元消防団が何やら活動をドヤドヤと。
お疲れさまです <(_ _)>

63.JPG

ここは最上三十三観音札所の、
第一番に位置づけられているゆえか、
何となく参拝も気合いが入る (`へ´)フン!

60.JPG

縁結びの観音様として広く知れ渡っているので、
悪縁を切り、良縁を得るべく、いざ突進!

64.JPG

青空と澄み切った冬の冷気が気持ち良い。

65.JPG

66.JPG

観音堂は国指定重要文化財だ。

67.JPG

堂内で重要文化財の、
数々の絵や仏様を観てまわる。

68.JPG

69.JPG

観音堂北側には開けて眺望が良さそうだ。

72.JPG

73.JPG

ここが絶景ポイントで、
遠く雪冠は日本100名山の月山だ。
市街地は天童市北部。

74.JPG

鐘楼堂で鳴らしたい衝動に駆られる ( ̄∇ ̄)~

75.JPG

まずは「2人で鳴らせば結ばれる」の、
縁福大風鈴をオっさん独りでカ~ン♪と (-_-)

76.JPG

この時期、雪国には御法度の、
革靴の参拝者が滑って転んでいた。

77.JPG

78.JPG

本坊で御朱印をいただく。

79.JPG

80.JPG

晴天に恵まれて心地良い参拝となった。
ありがたや、ありがたや <(_ _)>

82.JPG

何もこんな広いところで、
クルマから降りたとたんに滑る位置に、
わざわざ駐めなくともよかろうが・・・(^0^;)アホ

83.JPG

下の古参道から上り、
奥の院まで廻るトレッキングコースも、
ラントレに良さそうだ d(^^)
(毎度ブレない思考やヨシ!)

84.JPG

しかし下りは滑りまくりで怖かった。
初めて横滑り警告灯をみた (^0^;)

85.JPG

今日の立会いパートナー機材
OM-D E-M1
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


nice!(0)  コメント(0)