So-net無料ブログ作成

売りに行き買う 2016年11月 [読書]

某店へ古本を売りに行き、買取り額 890円。
そして買った古本 200円×6冊=1200円。
890円-1200円=-310円
310円で6冊を愉しむ d(^^)

PB270008.JPG

常に心がける仕事と趣味のスキルアップ!
あー、二郎 食べてぇ (^^)

さて最近の親子読書。

PB280002.JPG

メイン記事もイイが、細かい記録もイイ。
知合い、甥っ子等の名前を発見してニヤニヤと (^^)

PB280003.JPG


陸上競技マガジン 2016年 12 月号 [雑誌]

陸上競技マガジン 2016年 12 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2016/11/14
  • メディア: 雑誌



ラーメン二郎にまなぶ経営学

ラーメン二郎にまなぶ経営学

  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2010/12/16
  • メディア: Kindle版



ワールドクラスサッカー 戦術の軌跡

ワールドクラスサッカー 戦術の軌跡

  • 作者: 西部 謙司
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2010/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



プレゼンはテレビに学べ!

プレゼンはテレビに学べ!

  • 作者: 天野 暢子
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2010/11/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術

マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術

  • 作者: ジーン・ゼラズニー
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2004/12/10
  • メディア: 単行本



東京縁結びさんぽ (和たび)

東京縁結びさんぽ (和たび)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: 単行本



日本 奥の寄道――2泊3日おとなの一人旅

日本 奥の寄道――2泊3日おとなの一人旅

  • 作者: 山本 毅
  • 出版社/メーカー: 亜紀書房
  • 発売日: 2012/10/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

オレの寺!・・・円通院 [旅行・地域]

ノーマークだったのでビックリした (゜o゜;
瑞巌寺の隣だったので、
ふと気紛れついでに足を向けたのだが・・・。

41.JPG

時期が当たったとは云え、
素晴らしい紅葉に彩られた庭園に感動 (ノД`)スバラスィ

59.JPG

それは臨済宗妙心寺派の円通院で、
伊達政宗の嫡孫(ちゃくそん)光宗の霊廟だ。


入口で「庭を楽しむ寺」と書かれていたような・・・。
そこで参拝してみようと思ったのだ。

42.JPG

43.JPG

山門をくぐると左手に縁結び観音があり、
参拝者が祈願した多くのこけしが目に飛び込んでくる。

44.JPG

そして直ぐさま庭園に目が奪われる。
むむっ!(゜-゜)

45.JPG

46.JPG

47.JPG

京都で観るような石庭にビビッ!と (ノД`)スバラスィ

48.JPG

49.JPG

東屋の丸窓も (ノД`)スバラスィ

51.JPG

52.JPG

撮影がワクワクと愉しくなる。
ことさらに勝負の愛機を忘れたことが恨めしいが (×_×)

53.JPG

54.JPG

紅葉トンネルの情緒・・・どうよ ヽ(゜Д゜)ノ

55.JPG

足元の緑の苔と落ち葉・・・どうだ ヽ(゜Д゜)ノ

56.JPG

そして光宗公の霊廟 三慧殿だ。

57.JPG

宮殿型厨子の意匠の豪華さよ (ノД`)スバラスィ

58.JPG

60.JPG

しかし周囲は、天から降ってくるような、
紅葉シャワーに圧倒される・・・(ノД`)スバラスィ

61.JPG

62.JPG

目を向ける全てが絵になり、
ため息がでる禅林 (ノД`)スバラスィ

63.JPG

64.JPG

寺には珍しいバラ園が。

66.JPG

そして本堂の大悲亭へ。

68.JPG

これは光宗公の江戸納涼の亭で、
愛息の早逝を悼んだ忠宗公が解体移築したものだ。
ゆえに「大悲」か。
ちなみに庭は小堀遠州作らしい

69.JPG

70.JPG

ここもため息ばかり・・・(ノД`)スバラスィ

71.JPG

本堂の隣では大勢の参拝者が数珠作り体験をしていた。

72.JPG

ただ「押すだけ」で絵になる。

73.JPG

74.JPG

陸奥国一之宮 鹽竈神社は龍穴パワースポットで有名、
松島と云えば国宝 瑞巌寺も有名だが、
この円通院には驚いた。
感性をくすぐる絵画の世界の連続なれば、
皆さまも是非参拝あれ (^^)/

75.JPG

ド・ストライクな時期に当たり、
素晴らしい世界を堪能させて頂いた。
もちろん晴天にも感謝だし、
この日の機会にも感謝の感動参拝だ <(_ _)>

76.JPG

今回ちょっと気になったこと。

山門前に御朱印受付があったので、
本来は参拝後に頂くが作法だが、
先にお願いをしようとしたところ、係員に、
「あ、参拝もするの?」
と聞かれて一瞬戸惑ってしまった。
参拝して頂くのが当たり前なのに (-_-)?
参拝をせず、スタンプラリーのように、
ただ御朱印を集める人がいるのかな?

78.JPG

もしかしてオレ様、
そんな風に見えた? ガーン。゜(゜´Д`゜)゜。。。


そういえば思い出した。
先日TVで御朱印のネットオークション転売の、
不謹慎なニュースを見たことを。
そのようなことをする不心得者が、
ただ集めまくっているのかも。
ここにも出没するのかな?・・・(-.-#)


nice!(0)  コメント(0) 

オレの寺!・・・瑞巌寺 [旅行・地域]

ついに参上!松島の国宝 瑞巌寺
戦国の名将 伊達政宗のゆかりの寺だ。
松島には幾度も来たれど、実はお初訪問なのだ。

26.JPG


瑞巌寺は平成の大修理がH20年からH30年と、
10年以上続く真っ只中だが、
この4月に国宝の本堂の修理が終了し、公開となった。
所用で当地訪問なれば、ついで観光は必須!


いざ突撃~!ハァハァハァ (^_-)

27.JPG

土産物屋の先の総門=山門は小振りだ。

28.JPG

鎌倉でも多く観た洞窟遺跡群が圧巻だ。

29.JPG

30.JPG

31.JPG

その先には鉄道殉職者慰霊碑が。

32.JPG

参道は発掘調査中らしく、物々しい。

33.JPG

湾内が望める参道を、いつか歩く日もあろう。

34.JPG

見事な紅葉を従えての延命地蔵。

35.JPG

さて拝観券を自動発券機で購入。

36.JPG

平日だが参拝者が多いは、
さすが日本三景=日本を代表する観光地。

37.JPG

修理中の中門の先が国宝の本堂だ。

38.JPG

素っ気ない外観だが・・・(^0^;)

39.JPG

右手には政宗が朝鮮の役時に、
当地より持ち帰ったと伝わる臥竜梅が。

40.JPG

さて本堂。
桃山建築を代表する重厚な建物と、
400年前に東北にもたらされた障壁画、
彫刻などの桃山美術が見ものだ。


う~む、文化人のハートを熱くさせましたな (^^)v

41.JPG

あれだけドヤドヤとしていたが、
団体様一行は波がひくが如く静かに。

42.JPG

次も国宝の庫裏へ。

43.JPG

修学旅行の中学生がわざわざ立ち上がり、
こんちは! こんにちは。
と元気と恐る恐るに挨拶をするので、
反射的に「おう!こんにちは!」と返す。
素朴で新鮮だ。
「キミたち、どっから来たんだい?」
「俺は山形県だ。同じ東北人ヨロシク!」

44.JPG

この重厚感が国宝ですかの。

45.JPG

46.JPG

次は青龍殿(宝物館)だがイマイチだったかも。
チャチイ外観でも甲冑と刀が溢れる、
鹽竈神社博物館の方が良かった (-_-)

47.JPG

玄関にあった瑞巌寺の瓦と、
3.11復興活動で納められた登龍の彫刻。

48.JPG

青空と荘厳な空気を感じ、御朱印を頂き退散だ。

49.JPG

んでまた買っちまった御朱印帳・・・(^0^;)

50.JPG

政宗が建立した五大堂も瑞巌寺の一部で、
松島のシンボルなれば行かずばなるまい。

51.JPG

入口の土産物屋で、帰りに中学生に混じり、
政宗ピンバッジを買ったは少年オヤジの面目躍如!

52.JPG

さて五大堂へ。

53.JPG

この透橋(すかしばし)は、
現在は縦板が2枚敷かれているが、そもそもは無く、
はしご状に海面が透け透けだったとのこと。
ゆえに恐怖から腰を抜かした人も多かったとか・・・。

54.JPG

55.JPG

酔っ払いオヤジ団体の、
下ネタ話を聞きながら真摯に参拝 <(_ _)>

56.JPG

晴天に恵まれて気持ち良く過ごせたに感謝。
全修理が完了したH30年以降にまた来るかもね (^^)

57.JPG

58.JPG

PS.
よもやま話 壱

さて伊達政宗は遺骨が発掘されたことから、
復元容貌像が作られており、
身長や体つきだけではなく、
顔の様子や血液型までが詳しく特定されている。
我らのイメージはコレだが・・・。

60.jpg

政宗は身長159.4cmと当時の平均で、
体は比較的がっちりしていて骨太、筋肉質、
血液型はB型で、目鼻立ちがしっかりした、
少し面長の貴族のような顔だったらしい。
・・・う~む、歴史の if ですな (^。^)y-゜゜゜

25.jpg

よもやま話 弐

政宗の甲冑は、あのスター・ウォーズ の、
ダース・ベイダーモデルになったらしいは有名な話。
・・・う~む、400年後に通じるセンスに乾杯!

24.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

オレの神社!・・・志波彦神社・鹽竈神社 [旅行・地域]

ようやく陸奥国一之宮へ参拝が叶った。
その志波彦神社・鹽竈神社(しわひこじんじゃ・しおがまじんじゃ)は、
宮城県塩竈市にある二社が同一境内に鎮座している神社だ。
一之宮は鹽竈神社で龍穴パワースポットでも注目!

61.JPG

表参道は202段の石段で男坂といい、
その堂々たる雰囲気が登坂意欲をかき立てる。

62.JPG


ゆえに駐車場からすぐの東参道(女坂)ではなく、
一旦境内を出て遠回りをして表参道(男坂)へ向かい、
鹽竈神社、志波彦神社の順で参拝だ。

63.JPG

紅葉が美しい志波彦神社の鳥居。

65.JPG

そして鹽竈神社の東参道。

66.JPG

それらを横目に砂利と石の、
七曲坂なるつづら折りを一旦下る。
(せっかく登ったのに勿体ないような気がするが・・・)

67.JPG

さて表参道へ参上!(^^)/

68.JPG

近所?の小学生も参拝のようだ。

69.JPG

70.JPG

東京の愛宕神社を思い起こさせる石段だ。
この坂に良い気が流れているらしいので、
取込むべくじっくりと登るぜ ヾ(^v^)k

71.JPG

私はやって来た、
この坂を登るために、
みちのく出羽国から。
パワーアップ!カモン!!

が、ハァハァハァ・・・う~む、けっこう辛い (@@;)

72.JPG

そんな足元の落ち葉も、いとをかし。

73.JPG

随神門が大きくなれば、もうすぐ。

74.JPG

ハァハァハァふふふ・・・パワーアップしたかも d(^^)

75.JPG

手水舎の先の唐門が修築中らしく残念だ。

77.JPG

左右宮拝殿。
両賽銭箱の間辺りも良い気があるらしい。

78.JPG

83.JPG

その隣の『多羅葉の木』周辺もパワースポット。

80.JPG

別宮拝殿。

79.JPG

日時計。

81.JPG

松尾芭蕉も参拝し、
奥の細道にも綴られた灯籠。

82.JPG

84.JPG

なで牛をなでなで・・・(^_-)

85.JPG

東参道の東神門より退出だ。

86.JPG

そして志波彦神社も参拝。

88.JPG

神門にはこの時期の菊が。

89.JPG

90.JPG

91.JPG

神門脇からは松島湾が望める。

92.JPG

93.JPG

紅葉と清々しい晩秋の気なるか。

94.JPG

95.JPG

ついでに鹽竈神社博物館へ。

96.JPG

伊達政宗子孫の甲冑が良かったネ ヾ(^v^)k

97.JPG

晴天下の紅葉に恵まれ、
気持ちの良い参拝が出来たことを感謝だ <(_ _)>

98.JPG

99.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

最近のMusic 2016年11月 [パソコン・AV・カメラ]

Honda VEZEL のCM曲がカッコよく、
ハマってしまったバンド。


やっぱキマるは赤だよなぁ~♪
んで最近はMY赤クルマで流しっぱなしっス。

89.JPG


こんなオッさんでも、イイものはイイ!


THE BAY

THE BAY

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC
  • 発売日: 2015/07/08
  • メディア: CD



LOVE & VICE (通常盤)

LOVE & VICE (通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC
  • 発売日: 2016/01/27
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 

『51歳の初マラソンを3時間9分で走ったボクの練習法』 [読書]

本書は技術論ではなくてエッセイ本だ。
こーゆー身近で等身大で、
刺激が与えられて燃える本が好きだ。

PB160078.JPG

最近めっきり乗れないチャリダーなオレに、
改めてラン&バイクへ向合う楽しさと、
ラン力があれば様々に愉しいシチューエーションが、
人生には多いとの示唆にも共感だ。

 (注 : 2015大会は運営局ミスで、
 距離が短いことが後に発覚し、
 公式記録は残らない。ゆえに幻の初。
 2016大会に出した3時間9分が、
 「初マラソン」と解釈しているようだ)

ゆえに昨夜も気張って走ろうとしたが、
明日から出張ゆえに家内のクルマのタイヤ交換を。
遊びの前にやることやって、
オレの威厳と発言権は保たれる (`へ´)フンッ!


51歳の初マラソンを3時間9分で走ったボクの練習法 (SB新書)

51歳の初マラソンを3時間9分で走ったボクの練習法 (SB新書)

  • 作者: 鶴見 辰吾
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/11/05
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0) 

『奥会津・只見線 歳時記』カレンダーが届いた [旅行・地域]

昨年版はなぜか届かなかったが、
今年は届いた=越年悲願成就。

91.JPG

福島県の奥会津地方と、
JR只見線の写真カレンダーだ。
  → 奥会津・只見線歳時記カレンダー2017 (Yahoo!ショッピング)

93.JPG

昨年夏にさなぶりドライブで訪問したとき、
Webで様々に調べていたら、
そこで郷土写真等で活躍している方を知り、
Facebookで友達になっていただいた。

その金山町の星賢考さんより届いた!?
封筒裏面の氏の名前に感激 ヾ(^v^)k
  → 『只見線歳時記』 /星 賢孝

92.JPG

「俺にしか撮れない絶景」
というキャッチコピーがカッコイイ d(^^)

そんな星さんのTV出演動画が。


そんな金山町とは。


そんな近隣、只見線の絶景。


やるな奥会津 (^^)

95.JPG

情報発信ですな。
こんな時代ゆえに見習いたい。


nice!(0)  コメント(0)