So-net無料ブログ作成

マダムのニョタイ [たべもの]

さて、先の長野行きで、
地元らしいホットなお土産ジャパンを購入だ。

87.JPG

そしてその時にマダムより頂いた、
「女体」 なる芋焼酎!
衝撃的に思いっきり「にょたい」と書いてあるし。
たぶんマダムはこんなコメントが欲しいに違いない。
清廉潔白、高潔清貧な私にはおよそ不似合いだが。

88.JPG

「今夜も にょたい を味わうか~へっへっへっ♪」

この地域はこんな記事も気になるのぉ ~(^^)~


nice!(0)  コメント(2) 

『下町ロケット2 ガウディ計画』 [読書]

以前読み面白かった小説が再度ドラマ化とあり、
阿部寛の圧倒的な存在感にハマり毎週愉しく鑑賞なう。
吉川晃司と杉良太郎もイイ感じ (^^)
  → 日曜劇場 下町ロケット 公式Webページ


回を重ねて第2部へと進み、
次は医療界が舞台とのこと・・・ん?


医療界とは知らぬと思いきや、
続編原作本が発売とのことで、
やはり原作ありきと焦り、急ぎ2日で読破 (^^)

DSC07429.JPG

ん~やはり小説ですよね~満足!
これで安心してドラマも観られようものだ (^^)


下町ロケット2 ガウディ計画

下町ロケット2 ガウディ計画

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/11/05
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『ラーメンWalker新潟2016』 [読書]

ついにラーメン二郎が新潟へ上陸!

開店前工事中の店舗を確認してきたが、
これから時間がとれる平日は16時からか・・・(T_T)

PB210003.JPG

PB210004.JPG

仙台店並みに美味ければ好いがなぁ (^^)


ラーメンウォーカームック ラーメンWalker新潟2016

ラーメンウォーカームック ラーメンWalker新潟2016

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川マガジンズ
  • 発売日: 2015/11/18
  • メディア: ムック



nice!(0)  コメント(0) 

『徳大寺有恒 ベストエッセイ』 [読書]

古くは1970年代後半など、
当時の意見は現代ではやはり古く感じる部分も多いが、
中には先進的で鋭いものもあり、
それを見つけるのが面白かったかも。

けっこう偏見で辛口なところも個性かな?
読者の中で自分の愛車が扱き下ろされていたら、
もちろん気分は良くないだろうが、
私は全く該当車が無いのでフランクに終了したが。

PB150028.JPG



徳大寺有恒 ベストエッセイ

徳大寺有恒 ベストエッセイ

  • 作者: 徳大寺 有恒
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

モンテとフットサル2015にて [こどものサッカー]

[ BGM : Forgotten Saga T-SQUARE

先日天童市の県総合運動公園で開催された、
モンテとフットサル” 大会へ出撃。

41.JPG

冠大会名が示すようにオレンジリボン運動が絡んでいて、
「もし自分が虐待されていたら、また友達で見かけたら連絡して下さい」
等々と重~い開会式の挨拶であった。
子ども達は単純にフットサル大会へ参加したのだろうが、
何かなぁ・・・ま、どーでもいーことだが。

42.JPG

さて4チームが4ブロックに分かれて、
午前、午後の部と全32チームにて争う。

43.JPG

ブロックトーナメント初戦は山形のチームと。

44.JPG

45.JPG

5-2で勝利喜ばし (^^)v

46.JPG

次戦にも勝つと翌日の決勝トーナメントへ進める。

51.JPG

・・・が、非常に強い相手で無残に敗退 (×_×)
そのチームは翌日に優勝しモンテへ挑戦したらしい。
・・・なれば諦めもつきますな (^_-)

52.JPG

さて当日は試合よりも、車中が思い出深くなりそうだ。
行きは4号を含めて4人を乗せ、
帰りは4号と1人を乗せ、各々会話が弾み、
傍で聞く内容はなかなかに興味深く面白かった。
子どもは子どもで感じて考えているんだなぁ~と (^^)

まずは何よりも和気藹々なことが嬉しい。
いつまでも仲良き仲間でいておくれ <(_ _)>

61.JPG

さてこの大会は10年以上前に1、2号の時も参加した。

62.JPG

試合内容は朧気でツギハギな記憶だが、
あの子たちも非常に仲が良かったことが一番に思い出される。

63.JPG

まだ幼い3号を連れて行ったので兄弟で記念写真を!
とカメラを構えたら、脇からドヤドヤと集まってきた。
・・・まったく仲良かったなぁ\(^^)/

64.JPG

今は20歳を越えたあの日のちびっ子たちよ。
ちょっと目頭が熱くなる・・・。゜(゜´Д`゜)゜。。。。


このように今日のことも、
数年後に懐かしく思い出されることだろう。
みんな仲良くして行くんだぞ!

翌日の車内からは砂やゴミ屑が大量に・・・(--#)チッ
・・・んが、許す!(^_-)☆


nice!(0)  コメント(0) 

『火の粉』 [読書]

厚いページの真ん中までは、
ドロドロと重苦しい描写が続き止めようとも思ったが、
動き出すと、あっという間のジェットコースター展開。
タイトル『火の粉』の意味がよ~く分かり申した (^^)

PB150035.JPG

隣人ねぇ・・・(-_-)
怖いですねぇ~(>_<)
怖いですねぇ~(×_×)

火の粉 (幻冬舎文庫)

火の粉 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 雫井 脩介
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりの『ドゥーパ!』にて [読書]

アウトドア、手作り、スローライフがキーワードの、
DIY手作りライフが愉しいマガジン『ドゥーパ!』
今月は薪ストーブやロケットストーブなど。

ピザ釜を作ってみたいと何年も前から思っているが、
先日後輩が、長々と東屋を作っていたと思いきや、
しっかりとその中にピザ釜を作っていた・・・
・・・やられた(ノД`) & 羨ましい(*^_^*)

PB150036.JPG

またまた先日、
家のボイラーが壊れて給湯不可能な2日間であったが、
便利な生活に慣れていたため、少し戸惑ったかも(×_×)

もちろんDIYは趣味の世界で良いが、
そんな緊急時に活用できるスキルを身につけておく、
または生活の中に準備出来ておく、とベストかもね (^^)/


ドゥーパ! 2015年 12 月号 [雑誌]

ドゥーパ! 2015年 12 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研マーケティング
  • 発売日: 2015/11/07
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  コメント(0) 

『フォルクスワーゲン & 7th ゴルフ 連鎖する奇跡』 [読書]

世界の自動車業界、ドイツ経済を震撼させている大ニュース。


そんな中で読んでみたが、あまりにも皮肉な内容で、
その企業体質は良い方向を生み出したが、
逆も大いにあり得たことは、今さらながら明白かも。

PB080013.JPG

サッカークラブで長谷部誠が所属していたことでも、
その都市名ヴォルフスブルグは聞いたことがありますわな。

PB080014.JPG


どうなる?フォルクスワーゲン!?

PB080015.JPG

フォルクスワーゲン&7th ゴルフ 連鎖する奇跡

フォルクスワーゲン&7th ゴルフ 連鎖する奇跡

  • 作者: 岡崎宏司
  • 出版社/メーカー: 日之出出版
  • 発売日: 2013/05/20
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争』 [読書]

世界のスポーツ市場で競い合う「アディダス」と「プーマ」。
この両ブランドは、ドイツの小さな村で反目し合う2人の兄弟、
アドルフ・ダスラーとルドルフ・ダスラーによってそれぞれ設立された。
両社は長年にわたって火花を散らし、
スポーツビジネスを様変わりさせた。
綿密な調査・取材で、その内幕を描く。

1920年代、ダスラー兄弟は製靴事業で成功を収めた。
だが、2人は正反対の性格で、しばしば衝突を起こすようになる。
48年、アドルフは自分の名前と姓を縮めたアディダスを、
ルドルフは名前をもじった「ルーダ」を、
より軽快にしたプーマを立ち上げる。

アディダスはメルボルンオリンピックで選手に靴を無料配布し、
ブランドを浸透させた。
次のローマオリンピックではプーマも一流選手と接触し、
靴を無料提供する。
次第に舞台は、サッカーのワールドカップなどにも広がり、
有名選手の囲い込みが激化する。
やがて、衣料分野にも進出し、
様々なチームとスポンサー契約を結ぶようになる。
「ナイキ」など他メーカーも絡み競争はさらに激しくなっていった。

ワールドカップは国と国との代理戦争と呼ばれる。
舞台裏では巨大利権と有名選手を巡り、
また別の熾烈な争いが繰り広げられていることが分かる。

・・・・・・・・[Amazon 商品説明より ]

PB080003.JPG

同じく adidapo さんのコメントが全く同感なので引用させて頂く。

adidas創業時の歴史から現在に至るまでの発展が、
この一冊で深く理解することが出来た。
特に、adidas好きな人・スポーツビジネスを学びたい人、
・マーケティングを学びたい人、
にとってはとても参考になる書物だと思う。

というのも、adidasブランドの確立・スポーツビジネスという、
新しいマーケットの創出から各スポーツメーカーとの攻防までが、
物語風のテイストで描かれていてとても読みやすい。

特に、サッカーW杯やオリンピックが、
巨大ビジネスに発展するまでの経緯が面白い。
そこには、サッカー協会やJOC、広告代理店など、
様々な利害関係や人間関係が交差していた...。

興味のある人にはぜひ、読んで頂きたい一冊だ!


・・・・まったく、まったく (^^)
ちょうど10年前発刊の古い本で、
字も小さくて、ページにびっしりで多いなぁ、
と始めはやや腰が重かったが、
なになに、翻訳は違和感が無く、
読み進めると面白く興奮し瞬く間に読破!
adidapo さんのコメントそのまま <(^^)>

uniform-500x472.jpg

また、昨日発表されたサッカー日本代表の新ユニフォームも、
企業として利益追求するスパイラル活動の一環、
と妙に冷めて感じてしまった、影響されやすいオレ (^_-)


アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争 ((RHブックス・プラス))

アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争 ((RHブックス・プラス))

  • 作者: バーバラ スミット
  • 出版社/メーカー: 武田ランダムハウスジャパン
  • 発売日: 2010/04/10
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

『富士山1周レースができるまで ~ ウルトラトレイル・マウントフジの舞台裏』 [読書]

アウトでランニングな世界は守備範囲で食指が動く。
世界に誇れる凄い大会を作りあげたものだ。
  → ウルトラトレイル・マウントフジ 公式Webサイト

以前読みかけの第一人者 鏑木毅の本を再開読破し、
同じく以前観たビデオも再鑑賞。
どっぷりと世界観に浸り満足・・・オレは走れないけどね。

PB080012.JPG

しかし、地理好きのオレは地図を眺めることが愉しい。
  → コース図 公式Webサイト


『富士山1周レースが・・・』の方は、
ゼロからプロジェクトを作りあげるビジネス視線もあり、
読書が愉しかった点もGood (^^)d
(前書と内容が重複しているところが多いのでご注意)


ヤマケイ新書 富士山1周レースができるまで ~ウルトラトレイル・マウントフジの舞台裏

ヤマケイ新書 富士山1周レースができるまで ~ウルトラトレイル・マウントフジの舞台裏

  • 作者: 鏑木 毅
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: 新書



アルプスを越えろ!  激走100マイル―― 世界一過酷なトレイルラン

アルプスを越えろ! 激走100マイル―― 世界一過酷なトレイルラン

  • 作者: 鏑木 毅
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/03/18
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)