So-net無料ブログ作成
検索選択

『永遠のPL学園: 六〇年目のゲームセット』 [読書]

PL学園 硬式野球部

甲子園出場37回
全国制覇7回
96勝30敗
勝率 7割6分2厘
プロ選手 81人

その中で特に1980年から、
1998年春まで指揮をとった、
13代監督中村順司時代には、
甲子園58勝 全国制覇6回だ。
桑田真澄、清原和博のKKコンビの、
1983夏から1985夏の5期連続、
立浪和義、片岡篤史、野村弘、
橋本清、宮本慎也で1987年春夏連覇など、
圧倒的な強さの一時代を築いた。
2000年代もマエケンこと前田健太など、
球界を代表する選手を輩出し続けた超名門。




その野球部がなぜ廃部になったのか、
結局真相は判らぬまま。
時の流れと簡単に片付けられるではなし、
宗教との関わりによる蓄積されたものなど、
ある種の異常さは否めない。

P4160021.JPG

しかし最後の62期生12人が可愛そうだった。
大人の事情に翻弄された犠牲者とも云える。

なぜこのようなことになったのか。
非常に残念な気持ちにさせるノンフィクションだ。



永遠のPL学園: 六〇年目のゲームセット

永遠のPL学園: 六〇年目のゲームセット

  • 作者: 柳川 悠二
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/03/15
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント