So-net無料ブログ作成
検索選択

オレの神社!・・・熊野大社(宮内) 3羽の兎を探す [旅行・地域]

南陽市宮内の熊野大社の建立時期は不明だが、
平安時代の大同元年(806年)に再興された記録が残っており、
紀州の熊野三山、軽井沢の熊野皇大神社とともに「日本三熊野」に数えられている。

51.jpg


オレは7年ぶりの参拝となる。

52.jpg

以前は目にした、参拝した記憶がないが、
石段登り口の幸神社なるは午年の守り神とのことなので参拝する。

53.jpg

茅葺きの拝殿が風格を漂わせ、4号も感心していたりする。ヤツも今から判るか?

54.jpg

55.jpg

その後は授与所で御朱印をお願いして境内を廻る。

56.JPG

それにしても様々な神社が多く、真面目に賽銭をあげて参拝していれば破産するかも。

57.jpg

58.jpg

チビたちの現在の最重要テーマは学問なれば菅原神社は外せまい。

59.jpg

さて、7年前には謳ってなかったと記憶するが、最近話題の3羽の兎・・・
境内に隠されている3羽の兎の彫刻を発見すれば幸運が訪れるという伝説があり、
金運や良縁にあやかろうと数年前から盛り上がりをみせている。

68.jpg

3羽の兎が隠し彫りされているのは本殿裏の彫刻で、
幸運を授かるには3羽すべてを発見する必要があり、他より教えられては御利益が無いらしい。

60.jpg

いざ本殿裏へ突撃。

61.jpg

62.jpg

63.jpg

これが本殿裏の彫刻だが、薄暗くて目も悪いオレは好く見えん!(-_- # ) 

64.jpg

しかし1羽目は直ぐに見つけられた。

65.jpg

オレがモタモタと、しかめっ面をしている間に、2羽目は3号が見つけた。
しかし、その後の3羽目がどうしても見つからない!
・・・随分と粘ったが今回は諦めて退散することとする。

66.jpg

めでたく3羽見つけたら、授与所で300円の “ ねがひぶみ ” を購入して、
ペンで願い事を記入して、本殿裏のポストへ投函する、という手順らしいが、
上手い金儲けに強かな経営うんたらを感じてしまうオレだ。

67.jpg

さらば熊野大社、次回はメガネと望遠鏡を持参して3羽目を必ず見つけるぜ!

69.jpg

48.jpg

チビ達と兎探しでわーわーと騒ぎオレも愉しかった夏休みラスト2日であった (^_^)v

49.jpg

ところで、ここでも天地人ブームにしっかり便乗して、
直江兼続の母親の家系などの情報が掲示されており、なかなか興味を惹く資料であった。

また、最寄り駅のフラワー長井線宮内駅では兎駅長が有名なので観光客も多いらしい。

いつの間にか、各々上手くタイアップして盛り上げて、しっかりお金儲けをしているなぁ (*^_^*)
話題作りって大事だよね・・・ベロっとしてんな!

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント